SAGE、素晴らし!

この間のヨイヨイ釣行のツケは、思いの外重かった。
河原で転んだ際軽く捻ったらしき左足が、2時間半の只管歩きで悲鳴を上げたよ。
足首パンパンに腫れて、運転も(クラッチ踏めない)野良仕事も(歩けない)ダメ・・。
一ヶ月に二度の怪我リタイア、酷暑もメゲたけど、段取り狂ってマジで焦ったね。
左足引き摺りながらもボチボチ動き出せて、どうにか辻褄合せできそう、先ずは一安心~。

どうせ動けないんだからと、何年分かのワサビ画像を整理したり、毛鉤を巻いたりしていた。
で、PCに向かいながら、先日何年ぶりかで持ち出したSAGE486LLのこと考えてた。

e0143892_20100390.jpg


ヒデェ画像だな・・。これは2本目の486LL。
1本目はイナガキでブランクから組んだモノで、20年近く使った。
狩野川でティップ折って、修理してからも15年以上使ったかな。今は殿堂入り、半リタイア中。
数年前に2本目のこの竿が家に来た頃は竹竿病に罹ってて、2~3年は触る機会もなかった。
今思うとあれはさながらハシカだったな。大金を注ぎ込む勇気も余裕もなかったのが幸いだった。
目が醒めて竹竿から戻って握ったのがScottのG。ハシカ前は源流さえも486LLだったのに、
SAGEは狩野川や富士川本流だけで使う竿になった。「重くて強い竿=SAGE」歳とった・・。
前回の南ア出釣はバス往復のお気楽(の心算)釣行故、久しぶりに2pcのこれを選んだ。
上下左右が開けた山岳本流で使ったこの竿が、ホントに、マジで、素晴らしかったのね!!
かる~いホールを入れたピックアップ&レイダウンで、ループがスルスルと展開する快感、
普段の倍の長さのティペットでも全然トラブル起きないし、毛鉤に出た鱒を見事に捕らえる。
寄せでも殆どバレなくて(なんか、俺、巧くなった??)なんて錯覚起したよ。
30年余りも続いてる仲間内のキャス錬会で、これまでに随分いろんな竿を振ったけど
#3~4レンジでこれより印象良かったのはGルーミスの2~3本しか記憶にない。
改めて、やっぱ良いものはイイ!と思ったね。惚れ直したよ。
この竿、工房を出てから多分25年ぐらい経ってるんだよね。
次の出番に備えて、放ったらかしで曇ったシート金具を磨いておこっと。

モノの良し悪しは人夫々なれど、フライロッドの進歩って、なんなんでしょうね??


[PR]
Commented by よねさん@鱒美 at 2018-07-29 09:11 x
信頼できるタックルを使うというのは大切な事ですね。
どこかしっくりしないロッドで、バラシ・スカシなどが頻発すると、へし折りたい気持ちになるかもしれません。
goo∼さんの釣りは、やっぱり頭上の開けた本流で、のびのびとラインを伸ばしているというのが、一番似合う感じがいたします。
さて、足の具合はいかがですか?しっかりと養生できたのでしょうか。
昨夜の台風が、渓にどんな影響を及ぼしたのか、とても気になるところです。
あ、それより何より、ハウスの方は大丈夫でしたでしょうか (^^;;;
Commented by goo_ism at 2018-07-29 15:50
よねさん、お疲れ様でした。
今どきのフライロッドで釣りに必要なあれこれが出来ない竿なんか無いだろうけど
やっぱり各々人との相性とでも言うのか、気持ち良さの差は厳然とありますね。
バラシやスカシの頻発は、タックルとの相性って確かにある気がします。
先月ほぼ初めて使う竹竿持って出掛けた際は、実にエライ目に遭いました。
とにかく遅い、激遅い!マジでへし折ってやろうかと何度も・・・。
私的には二度と持ち出すことはないけど、他人には「銘竿」だったりするのかも。
フライロッドに限らないけど、自分に合った道具って、大事ですね。

ハウスは今日はまだ見に行ってません。見るのが怖いような・・・。
Commented by EJ at 2018-07-30 06:25 x
こんにちは。
私はひとつの竿を使い始めると同じのばっかりってことになりがちです。
性格の異なる竿をコロコロ変えると、過去の経験からリーダーやフライの
適性が変わってしまってシビアなポイントに対応できないケースが多発し
ます。経験値が低いのでそれに柔軟に対応できなくてイラつくから、同じ
竿で通した方が楽は楽なんですよね。
で、数年ぶりに違う竿を振ってみると「あれっ?この竿こんなに良かった
っけ?」と思うことがあります。それだけ竿に対する理解度や技術が向上
したのかなと。だからある時点で気に入らない竿でも譲ってしまわずに保
管しておくのは大事ですね。元々お気に入りの竿ならなおさらで。
私も最近2ピースの竿の良さを再認識しています。今は4ピースがあたり
まえになっていますが、継ぎ目がひとつしかない心地よさというのは藪こ
ぎさえなければ、そして車にスペースさえあれば、メリットばかりに思え
てきます。遠征を考えると4ピースよりも6ピースの方が便利なので、今
後購入するときはシチュエーションをしっかり考えないとと思います。
セージって本当にいい竿を作りますよね。地元プロショップの店長がRPL
プラスはウェーブが入りやすくて失敗作だとおっしゃっていましたが、も
しかしたら上級者向けの特殊な用途があったのかもしれないし、キャスティ
ング以外の性能も加味しないと竿の本当の性能は見えてこない。アクション
は好き好きなので、竿の進歩というのは結局のところ軽量化と耐久性に落ち
つくのでしょうか?竹竿も振る人であれば四半世紀前のグラファイトも案外
軽く感じるはずで。今年はあんまり釣りに出られないのですが、重めのグラ
スばかり使っていて、学生用に買ったレディントンのグラファイトに持ちか
えた際、あまりの軽さに驚いたことがあります。
結局フライフィッシングの楽しさって魚を釣ることだけではないので、竿は
多いに越したことがないのかもしれません。もはや釣りに行くことがなくな
った友人がそろそろ竿の処分を決心してこちらに回してくれないかな~など
と不遜なことを考えている私です(笑)。
Commented by goo_ism at 2018-07-31 10:12
EJさん、こんにちは。変則台風で、大事なかったことを願います。

フライロッドに関しては、私も相当に偏屈な一穴主義だと思っています。
最近10余年は偏にG804、竹竿期の数年を挟んで、その前が486LLでした。
30年程やってきて、大方はこの2本で釣ってきた勘定です。
年間釣行回数は然程多くない(15~30回)けど、流石に傷んできたので
今シーズンは、ArtistClassOneや379LLを時々持ち出します。
どっちもいい竿で、釣ってる時はなんの不満も感じたことありません。
でもねぇ・・何かが足りないんですよね。
愛着に至るナニか、心に響くサムシング、ってかホントに気持ちよくなれる
一押しが、無い。ClassOneなんか、全てがG804以上だと思うのですが・・。
私はブランド信仰は、ほぼ、ありません。G804も486LLも名前で使い出した
んじゃなくて、自分のテンポに合う気持ち良い竿だったから手放せないだけ。
最新のSAGEやScott振ったらどうなるか、自信はありませんけどね。
結局道具との付き合いは、相性が一番てことなんですかね?私は幸せでした。

・・486LLはスペアが出来たけど、G804が困りました。
騙し騙し使って其間に跡継ぎ探す、それしかないのかな。
Commented by goo_ism at 2018-07-31 14:26
所要で中断、もう少し・・。
2本あればほぼ間に合うってのに、手持ちの#3~4は両手グ~パ~2回分超え?
古いから継数は殆ど2ピースです。勿体無いと思うけど、手放せないんですよね。
偶に振ると、OrvisやT&Tなんかもそれぞれにイイなぁ~と思えるし、大昔¥5000
で買ったウエダのグラス・ロッドFwf704なんかは、私的には家宝です(アホです)。
でもなかなか現場に持ち出せないのは、釣りが狂っちゃうというか、竿やラインに
対応出来ない怖さの所為。実際エラく苦労したり、釣りにならなかった経験があり
釣友達が色々な竿を持ち出して、それぞれに対応してるのを見ると羨ましくなりますよ。
肩の力抜いていろんな楽しさを喜べる釣り人になりたいと思うんですけどねぇ・・・。
きっとこのまま行くんだろうなぁ、ションないですね。
Commented by カズ at 2018-08-05 11:40 x
ロッドは試し釣りして買うというのができないので、自分にあったロッドに出会うまで
、結構無駄な買い物をしてしまうということがあります。
ほとんど使わないで処分したものも5本はあります。
今は渓によって使い分けている感じですね。
やはり2ピースのロッドの方がいいですね。
Commented by goo_ism at 2018-08-05 17:37
ホントに試し釣りしてから買えたら、どんなにイイか・・。随分泣きました。
釣りには一度も使わずに、譲ったり売ったりは、私も片手じゃきかないです。
物欲に駆られた、全部が自分の責任だから、後悔と自己嫌悪に苛まれますね。
最近は抑えめで来たけど、やっぱそうは我慢できない阿呆ゆえ、再三の愚行。
山岳用にと何本か仕入れたけど、やっぱり愛竿が良いな~と、直ぐに2軍落ち、
そうするともう持ち出す機会はほぼ無くなっちゃう、負のルーティンですわ。
Scott,SAGE大事に使います!
Commented by EJ at 2018-08-19 07:15 x
おはようございます。
今週里帰りなので藁科川でカワヨシノボリをガサガサで捕りたいと
考えているのですが、どのあたりにいるかご存知ないですか?
もしも子どもの頃遊んだ記憶とかで「あそこが」というような場所
があればご教示いただけると嬉しいです。
Commented by goo_ism at 2018-08-19 09:37
里帰りですか!?イイお休みになりますように。

カワヨシノボリは藁科の何処にでも居ると思いますが、ガサガサとなると・・。
藁科は鮎釣りさんが並ぶ川なので、本流はあまりガサ向きではありません。
支流の新間川や水見色川なら立ち込んで遊べるし、ロケーションも良いです。
どちらも水は綺麗です。ただ、実際行ってないので外したらスミマセン・・。
藁科に拘なければ瀬戸川支流の岡部川がガサに向いてます。
浅い瀬に葦畔の河原が多く、ズ~っと立ち込みで遊べます。
ヨシノボリ(ウキゴリ?)、ヒラテテナガエビ、鮎、オイカワ、カワムツなんか
が居ます。今の住所の側なので、そちらなら「ここ」とご案内できますが。
Commented by EJ at 2018-08-19 10:56 x
ありがとうございます。それだけ情報いただけたら十分です。鮎師が入るところは水深があり過ぎて無理なのでバッティングはないと思います。ちょっと時間を見つけて行ってみます。うちのショウくんがガサガサやってるので、比較のためにお土産にしようかなと思いまして。
Commented by goo_ism at 2018-08-19 11:34

藁科本流だったら、新東名下辺りが分流してるのでやり易いかも。
新間川合流点の500m程上流です。お目当てが捕れますように。
by goo_ism | 2018-07-26 21:28 | フライフィッシング | Comments(11)