<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ルアーも口開け〜

恒例の狩野川ミノーイングに出掛けてみた。魚絵師・内田さんのリアルタイム情報では、「雪代混じりの薄濁りで水位は高い。正直な所まだ早いよ!」ってことだったんだが、冬の間仕込んだあれこれは、発酵してもう限界。見切り発車で「エ〜イ!」だったんだ。

大見川の畔で魚絵師さんと落ち合ったのは、餌釣りさんなら川上がりの時刻だった。これ、いつものペースね。昨秋以来の握手で今シーズンもスタートした。午前中は本流筋を叩いて廻る。いくつかの河川改修の跡や真っ盛りの道路工事なんかで、チト景観が変わってたり、ポイントが潰れてたり…。まあ、恒例の景色だ。少し高水で気持〜ち青白い流れが岩を噛む深瀬を、前後に並んで下って行く。と…視界の端っこ、魚絵師さんの太腿辺りの水面にポツリと、見慣れたアレが現れた。
e0143892_2036639.jpg
指に取るとジワジワと掌から指、その裏へと廻って行く。♀のオオクママダラカゲロウのダン。時刻は午前10:00過ぎ、毛鉤支度を敢えてして来なかったのを僅かに後悔したよ。

……それにしても反応がない。転進転進を繰り返すも水中からは何も返って来ない。昼に近い刻限になってやっと内田さんの竿が曲がった。
e0143892_20431198.jpg
慎重に取り込んだのは8寸ちょっとのキレイな狩野川アマゴ、肌色も各鰭もピンピンのベッピンさんだった。羨ましいけど、自分の釣りをするのみ。やはり瀬を叩きたい!
車に戻って農の駅で買った旨い弁当を掻き込んで、支流筋に入った。最初は大好きな荒瀬のポイント。3年前始めて狩野川でミノーを引いた時、何尾かのアマゴを引っ張り出した想い出の場所だ。クロスにフルキャスト、シェイクしながら沈むミノーを踊らせつつ流れに馴染ませて行く。で、やっと、ビンゴ!
e0143892_20542334.jpg
キレイな狩野川アマゴ。3年前のデジャブのようだった。ちっちゃいけど、狙った場所で思うように釣れたことが嬉しい。やっと余裕が出てきたよ。でも、そろそろタイムアップ。残念!!
e0143892_20585881.jpg
時間の都合でいつもの温泉も今回はパス。川を上がって朝の落ち合い場所に戻って釣支度を解いた。釣果はプアーだったけど、魚絵師さんの笑顔がこの日の成果を語っていた。魚を捕ることに拘泥しなくなって久しいオヤジ2人の、愉しい楽しい川遊びの1日だったよ。

追伸
朝のオオクマのハッチは続かなかったようで、ライズが水面を乱すシーンにはお目に掛かれなかった。唯一20mもっとの本流の対岸で、ヒゲナガらしきハッチに水飛沫が上がるのを見た。今日は冷たい雨、オオクマに誘われたライズが…ボコボコ…(夢想)嗚呼。
また行っちゃうなぁ、こりゃあ。
[PR]
by goo_ism | 2014-03-20 21:12 | 鱒釣り(・・・ルア〜) | Comments(14)

解禁は富士山麓で…

ありゃ、まあ!だな。2月以上ブログ放置だったよ。アップしたいネタも無かったけど、それ以上にWindowsの使い勝手の悪さに辟易してるのが本音。Macが恋しいなんて、ションないオヤジだね。まぁ、愚痴はこんな所にして…

解禁はよねさんにお誘い頂き、今年は富士山麓の湧水となった。先月の雪がまだ残ってるらしく不安一杯の出発だったが、そこはそれ、釣り人の希望的観測でルンルンの山越え、年券を買うに及んだ頃は完全に調子に乗ってたな。
e0143892_14431985.jpg
最近開設されたC&R特区を覗いてみた。先月八兵衞さんと偵察に来た時より数センチ水位が高いかな、魚影は見えなかった。上手いこと運営されるのを切に願いたい。

標高を稼ぐに連れて道路脇の日陰に雪が目立ち、車窓右側を絵はがきみたいな富士山がズ〜ッとついて来る。静岡県人でもそうそうは味わえない贅沢な景色に、すっかり観光客気分でポイント着。「マズイ!先客だヨ・・」橋の下を長い餌竿抱えたオジさんが通る。こちらは薮沢狙い故そのまま入渓することとなったが、チト、不安だったよ。
e0143892_1533256.jpg
溶岩を流れが穿った崖際を釣るよねさん。軽快に流れを渡り釣り上がる姿からは、昨年のアクシデントは影すら感じられない。よかった、よかった。
e0143892_15837.jpg
程なく1尾、竿抜けポイントから顔を出してくれた。失笑シーンの相棒は最小サイズTdネット、やっぱコイツが1番好きだ。メンテナンス絡みで2シーズン振りの実戦復帰、今年は持ち出す機会を増やしてやろう。ポツリポツリと釣れて来るのは17〜8センチのニジマスばかり。上がり際の小プールでやっと見つけたライズが午前中一の20センチクラスだった。(獲ったよ!満足。)
e0143892_15145851.jpg
沢を変えて釣り上がるが、こちらは水温が低く魚の活性は今一つ。流れのヘチからこの日2尾目のアマゴがオットリと毛鉤に出てくれた。20センチには届かなかったが、サビもないキレイな姿、嬉しかったな。
e0143892_15252162.jpg
最後は本流(っても、細い流れだけど…)で〆る。濁りが入ってたが支流をやって(ボ!)下りて来たら幸運にも澄み始めていた。右岸を釣り始めてすぐ、ネット内径をはみ出すそこそこのニジマスが出た。25〜6センチかな?もう、満足だ!
「撤収~!」とて、河畔の雪の上に置いたアレグロ&エーベル。斜めの午後の光を受けて、イイ感じ~(自己満足)。

さあ、今年も開けたぞ!良い想い出いっぱい作りに、精々出掛けよう〜!!
[PR]
by goo_ism | 2014-03-17 15:33 | フライフィッシング | Comments(6)