<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

前倒しの夏休み・みちのくのつづき…

下流に見える更なる激流ポイント迄、背を超える草を分け岩壁ヘズって辿り着いた。ムッシュは降りた場所に座り込んでるのが見える。申し訳ないがここは2人でシェアさせて貰った。魚絵師さんが上の岩、拙はそこを降りた凹みの巻き返しに陣取る。CDミノーを流芯向こうにドリフトさせるも、手前の流れに喰われて思うようには泳がない。(重いスプーンがあればなぁ…)と思い初めた頃、上から「ヒット!」の声が聞こえた。
e0143892_10114464.jpg
『さつき鱒』を気持ち良さそうに曲げて、下流で喰った鱒をいなしつつ激流を跨いで寄せて来る。(上手いな〜)と見とれる間もなく、目の前に銀の延べ棒が浮き上がる。goo~・ベンド36ネットに収まったのは、全てが尖ったもの凄くカッコいい♂ヤマメ!会津の山野の分泌物だ!!この鱒を重めのスプーンのドリフトで獲っていた。うお〜っ、カッコいいぞ〜!!下流はほぼ行き止まり、諦めて崖を上がった。転進。

ホテルの朝飯迄は時間がある。もう一カ所、前回魚絵師さんがデカデカ・ヤマメを掛けバラシた瀬を叩く事になった。草付きを降りて行く。上からも下からも猛烈な獣の気配を感じて、腰の山菜鈴を振り鳴らし笛を吹きっ放しで河原に立った。再び花火と爆竹の儀式。(こんなんでホントに大丈夫なんだろか?)頭に浮かぶけど釣りたい気持が勝って、ビクビクしながら前回より水の少ない大場所を釣り上る。魚絵師さんに1尾出るもバラシたとのこと。予定の場所で頃合い良く戻りの時刻だ。首筋がス〜ス〜するのを我慢して岩場をヘズってたら、下手で「キャン!」て声が聞こえたよ。お二人は気付かなかったようで、愉しそうに話し込んでる。多分対岸だが君子危うきにナントやら、速攻で下り以上に賑やかに草付きを上った。安堵!!帰りの車中、Aさんから「あなた達の対岸に熊が出たって新聞に出てるよ〜。すぐに上がれぇ〜!!」って連絡が入った。シャツを濡らしたのは汗と冷や汗、どっちだ?朝飯喰って一休み、Aさんに挨拶に伺う。ムッシュは昨日の鰭ピン・ヨンマルで満足のようで「寝てる」と言う。今遠征掉尾を飾る鱒を求めて、魚絵師さんは上、拙は下へ川を割って入った。
e0143892_1057562.jpg
こんな瀬が100m程続く区間に浸透する。一ヶ月前にも良い型のニジが出たポイント故、自然と前のめりになるよ。水が減ってるからウェイディングは少しは楽だが、ヘタすりゃ次のプール迄一直線に流されかねない、ヤバい流れだ。水位の影響で、鱒の着き場は少し変わっていたけど、居場所が掴めてからは次々を激流を割って鱒が躍り出た。
e0143892_1144497.jpg
こんなニジ。5ツ掛けて獲れたのはこの1尾だけで、尺を超えただろう残りの鱒は激流に消えて行った。結果は惨敗だったが、読んで出して喰わせた満足感で最高に幸せ。「ウオ~ッ!」「ちくしょ~!」「ヘタクソ~!」なんて、大声が喉を吐いて出る。完全に開放された一人の時間だったよ。
e0143892_11115175.jpg
今回の相棒は過年手掛けた『さつき鱒』竿と淡水では使い初めのPEラインのセット。いろんな思いが詰まったタックルだが、会津の野生がそんなモン吹き飛ばして、しみじみと良い竿だなぁ〜と思えたよ。これから永く、手足としてコキ使わせてもらいますよ、S会長さま!

命の洗濯の、一足早い、濃〜い夏休みだったな。でも濃過ぎたかなぁ?社会復帰出来ねぇよ〜…!!

e0143892_11413027.jpg
PS:件の熊の新聞記事。3件もあったんだね。冷や汗3斗、少しはダイエット出来たかな?
[PR]
by goo_ism | 2013-06-27 11:33 | 鱒釣り(・・・ルア〜) | Comments(8)

前倒しの夏休み・みちのく行

5月末の頃、成り行き任せで初めて訪れたみちのくの大河はあまりに豊かだった。(もう一度行けたら、あんな事こんな事、みんな試したい!)岩を噛む流れが何度も脳裏に浮かんだ。悶々と一ヶ月…。カレンダーの日付が同じ日曜日、前回の弾丸出釣の3人で夜の都心を抜けて、北に向かう高速道路に乗った。ムッシュのハンドル捌きで赤いチャンチャンコ号は粛々と進み、夜明け遥か前に現地のコンビニ駐車場に滑り込む。ハイテンションの往路だったが、3人のオヤジに6時間余の道中は少しばかりキツく、すぐ仮眠の淵に墜ちたよ。zzz〜…。

白々と明け始めた頃合いでもう我慢出来なくなった!とにかくお世話になる現地のAさんのお店まで行って、待たせてもらう事にした。エンジンやタイアの音を立てないように、車内の我々まで息を潜めて駐車場に滑り込む。キーを捻ると一気に静寂がやって来た。「着いたね」なんてヒソヒソ声で顔見合わせたその時、カーテンを引いた窓が明るくなった。アチャ〜、起しちまったよ!申し訳無し〜。挨拶を交わし非礼を詫び貢ぎ物(?)を渡し、一刻も早く川に浸かりたい症候群の3人はイソイソと釣りの正装に着替えるのだった…。

Aさんご推薦の下流の堰堤のポイントに着いた。まだ対岸の山にも日が当たらず、流れがハッキリしない程に減水したプールは水銀を流したようだった。上空に張り巡らされた鵜避けの糸を避けて慎重に振り込む。一投目、軽くシェイクしたミノーに「カン!」て当たった。銜えてない。2投、3投…偶に出るライズにダメ元で送り込むも以降一切反応は無い。渇水で水が死んでいる。あまりに浅いが瀬に賭けてみようと、一人下流に向かった。4段目ぐらいで軽いバイトがあったが、フッキングは叶わなかったよ。朝一は失敗、嗚呼…。転進。

前回もそれから魚絵師さん単独出釣の際もそれなりの好反応を得た放水ポイントでの第一投、細かいピッチを刻んで寄せてきたミノーにいきなりアタックがあった。手前のブロックの際3〜4m、凄く変な場所。続くリトリーブで、喰った!距離は竿1本半、ホンの目と鼻の先だ。(待ち伏せかよ!?ブラウンみたいだなぁ)と思いながらローリングをいなしていると、ポンと外れた。朝から4回の当たりを全てフイにした末、昼前には1度退渓して作戦会議(?)、7本のスーパードライを並べて30数時間ぶりの睡眠を貪ったよ。マジメに釣ったムッシュには40cmのピンシャン・ニジ、魚絵師さんにも小柄だがきれいなニジが出た。罰当たりなオヤジのその後は、極めて不毛な時間だけが流れる1日になってしまった。汗だく、フラフラで宿に向かう。目指すは琥珀の液体!川を見下ろす崖上に建ったホテルは、素朴だが気持の良い時間を過ごせる場所だった。気持ち良くなり過ぎたのか、ホテルを閉め出された御仁も居たとか居なかったとか…。当日客は我々1組だけだったようだ。

e0143892_21352274.jpg
翌朝も4:00過ぎ始動、上流を目指した。各々のヴェストに付けた熊鈴の3重奏も賑やかに、護岸壁を慎重に踏んで河原に居りる。最初にするのはロケット花火&爆竹の儀式だ。子供に帰ったような魚絵師さん、笑顔がとっても良かったよ。トロッとしたプールや、ゴンゴンガンガンの瀬を叩いていくこと暫し。フルキャストした6cmミノーを抑え込んだのはこんな1尾だった。
e0143892_21525513.jpg
写真にすると何故あの生命感が無くなっちゃうんだろう、とんでもなく綺麗なニジマスだったんだよ。サイズはネット縦内径と同じ、尺2寸のワイルドなヤツ。パッツンパッツンの筋肉の固まりが、跳び上がり転げ回り潜り込み、さつき鱒ロッドに命を吹き込んでくれたよ。前日からの悪い流れが吹き飛んだみたいで、チョ〜・気持ち良い!

画像を見て気付いた。水面を切り取ったシェイプは、D・コ○タクトそのものだ。あの名ルアーのアイディアのルーツは案外こんな所かも知れないな。
[PR]
by goo_ism | 2013-06-26 21:05 | 鱒釣り(・・・ルア〜) | Comments(4)

幻は…

海で育ったアマゴ、スピードスター・さつき鱒が釣りたくて、今年も何度か狩野川に出掛けた。普段の#4フライタックルじゃなく、ミノープラグで何とか1尾、釣りたいんだな。今シーズンは殊の外不調で実に寂しい釣果のまま本流は幕を閉じた。今年のミノーの釣りもほぼ終わり、番外の会津で〆。そう思ってたから心穏やかで居られたんだけど…。
先週の台風が来るぞって日、存外穏やかな夕方久しぶりに散歩に出た。で、こちらも久しぶりの天竜C&Rの釣り仲間に遭遇!最近のニュースを交換すると「天竜はさつき鱒が好調」、自身もつい先日獲ったという。良い型のニジも散らばってて、こちらも面白いんだと!?即座に次の休みの予定を聞くと「行くよ!」ってんで、同行を願った。想定外だけど、儲けちゃったよ〜。

当日朝5:00発、新東名の恩恵でアッという間に天竜河畔に到着、入漁券を購入して一路川下に車を向けた。拙は助手席でヌクヌクノビノビだ。川が絞れて流れに変化がある場所を尋ね歩き20分程移動した所で、土手脇の道へ4駈は踏み込んだ。草っぱら、正にそれを踏み越えて行く。好き者達の踏み跡がしっかりあるよ。ドン詰まりまで行って雨の降りしきる中、釣り師の正装に着替える。今日は雨具迄のフル装備、鬱陶しいけど挑戦する相手への表敬と思う事で我慢した。流れが絞れて対岸に向けて流芯が突っ走るこちら側を、ツーハンドのG・ルーミスを手にした相棒と釣り下る。程なく上から「来たよ!」の声、慎重に寄せて来るがどうやら相手は別らしい。やはり下口のgoo~さんだった。2流し、3流し…雨が上がるが反応はない。転進。

次は橋と橋の間を本流がダァ〜っと流れる区間。上から見た橋の周辺は瀬も深みも何とも魅力的だったが、何れも先行者有りで仕方なくガンガン瀬に浸透していった。
対岸にツーハンドのFFマン、遠慮しつつ流芯こちらを一流しする。上からじゃ判らなかったが、2本が合流した100m以上の流れは文字通りカッ飛んでいる。対岸が空いた2流し目は、瀬の真ん中を流されないように踏ん張りつつ、1キャスト2ステップダウンでミノーを流して行く。芯の向こうにクロスに投げて張らず緩めず、ドリフト〜ターン〜シェイク数回…流芯に入れたミノーが抑え込まれた。(自分より下で食わせたらラインは横から!)何度も何十回も頭に叩き込んだつもりだったのに、愚かな我が身は、つい竿を立ててしまった…。ド〜ン!と20m以上向こうで銀色が跳ね上がる、(掌より太いぞ、ありゃあ)って画像だけ脳裏に残して、また幻は行ってしまった。「ウワァ〜!!」って、またまたまた、叫んじまったよ。
e0143892_1040245.jpg
6cm鮎ミノーのリアフックに、鱗が1枚刺さっていた。どんなアタックをしたのか想像するしかないが、やはりダウンクロスの当たりはフッキングが難しい。あと何回、こんなヘマをしでかすことやら…、考えると切なくなって来るよ。
e0143892_10461820.jpg
デジカメばかりじゃなく、この日は釣りタックルもデビュー戦だった。2年前の『さつき鱒』と#3000HG&PE。仕事にキリが付いてやっと下ろす気になれた竿は、ユーザーの皆さんから頂いた声通りの素晴らしい出来だった。『掛けて獲れる』って確認は来週の会津に持ち越しになったが、もう、大方判った。絶対良い筈!これ、お宝だ!!テ○リュウ、ヤルゼヨ!!!モンダイハ、オイラノ『ウデ』ッテコトダ。
[PR]
by goo_ism | 2013-06-17 11:01 | 鱒釣り(・・・ルア〜) | Comments(10)

新しい相棒

前の記事はあまり気持ち良くなかったからって訳でもないけど、自分に『喝!』入れる意味もあって(?)、新しいデジカメに走ってみたよ。
e0143892_8313210.jpg
今回はNikon。16歳で初めて自分のカメラを手にして以来ズ〜ッとPENTAX、今はOptioW30とWS80を使ってる。

とうとうか、やっとなのか、Nikonなんだな!
とにかくNikonだ!!ワ〜イ!!!なのだ。

メモリーに最初に収まるのはアマゴかイワナか、はたまたニジ?、サ○キ?
会津のヤマメも、待ってろよ〜!
[PR]
by goo_ism | 2013-06-15 08:49 | 諸々・・ | Comments(4)

見たくなかったなぁ…

先日のお山のアマゴ釣りは気持ち良いばかりじゃなくて、嫌なもんも見ちまった。写真を撮ってたんだが相当グロくて、すぐゴミ箱に捨てた。でも、やっぱ、気持が収まらなかった。自戒も込めて画像を上げてみるよ。
e0143892_10305795.jpg
話には聞いていたが初めて見た。木に引っ掛けて切れた毛鉤にコウモリが捕われていた。口元のオレンジの目印とたかったハエがなんとも残酷で、フライフィッシャーとして見るに耐えない。これは、一人これを残した釣り人の責任てだけじゃないと思ったよ。後の草木に毛鉤を残した経験は、大概の人にあるんじゃないかな?これからは出来る限り全部、引っ掛かった毛鉤を回収することに決めた。

それとこっちは、写真すら撮りたくなかった光景がもうひとつ。
恐らく『有害鳥獣駆除』の名目で狩られたであろう鹿の背骨が、河原に転がっていた。狩られた動物はそのままか、皮や肉を取った状態で土に埋めるのが普通だと聞いた。大水で表土が流れて河原に落ちたのか、それとも…。釣り場へ向かう早朝の峠で鹿に出くわしたし、薮には糞がいっぱい落ちていたから、鹿の食害は容易に想像できた。人の暮らしとのバランスを取る意味で、駆除も仕方ないと思う。でもねぇ…。

諸々の死は源流を釣り歩くと普通に出くわすけど、集落を縫って流れる沢だからねぇ。鼻の奥がキナ臭くなるような、嫌な光景だったよ。
[PR]
by goo_ism | 2013-06-13 11:15 | フライフィッシング | Comments(6)

アマゴのお山へ

先週の白イワナ釣りはとっても楽しかった!んだけど、如何せん『投げる』愉しさには欠けたね。それと、今年は春先アマゴも全然釣った気がしない、…てか、実際に殆ど釣れてない。八兵衞さんがプチ・遠出でお隣県へ行くと小耳に挟んでたから、前日にも関わらず『御一緒お願いコール』をさせて貰った。即OKを頂いて翌朝は4:00起床、重い荷物を提げて夜明けの駐車場へ急いだ。
e0143892_1113932.jpg
今回も八兵衞号のお世話になって3時間、峠を下った先は深い谷有り開けた河原有りの気持ちの良い流れ。これでアマゴが釣れれば文句はない。先行者の車がない区間を選んで下りたが暫くは反応はなく、(ここも空ッポ?)と思い始めた頃合いでやっと気の良い1尾が毛鉤を銜えた。その後ポツリ、ポツリと出て来るが煮え切らない!上流へ転進〜。
e0143892_11231431.jpg
出た、出た!八兵衞さんが『鍵盤アマゴ』と呼んだ、細長いパー・マークがキレイに並んだ魚体。6〜7寸強だが、みな健康的でSttocoグラスを絞って楽しませてくれたよ。
e0143892_11313112.jpg
イワナも釣れた。種の特徴希薄な、最近どこでも見るタイプ。放流事業の成果(?)だろう。これは背中の紋がチト変わってるかな?奥飛騨のお山の魚を思い出した。サイズはこちらも伸び悩み、25cmがやっとだった。

e0143892_11374755.jpg
川辺のデカイ蕗の葉っぱにこんなのが乗ってた。横腹に模様が無いからモリアオガエルだと思うんだけど…。何ともカワイイ姿だった。

さ〜て。

次回の出釣は何処にしましょ。再度の会津(今度は泊まり、ね)かな?
[PR]
by goo_ism | 2013-06-11 11:47 | フライフィッシング | Comments(6)

いつまで経っても、慣れない釣り

梅雨入りしたってのに、全然雨が降らないねぇ。本流はノロが乾いて微かな異臭がしてるんじゃないかな?そろそろ気になり出したよ。

先週末はよねさんからお誘いを頂いて、信州白イワナに逢いに行った。始めて訪れた1年前、身体に沁み込むような新緑が鮮やかだった渓だ。大方が広葉樹そして少しが落葉松の山は、少しも変わらない柔らかい表情で迎えてくれた。入渓直後は木の間越しの日差しがキラキラ輝いて、素晴らしい一日になる予感がしていた。
e0143892_10102134.jpg
水はやはり少なめだったが、イワナ釣りには却ってありがたい水量だ。小さいポイントからも、小型ながら元気モンの反応がある。よねさんは慣れた所作で新緑色のグラスロッドを操って、次々に仕留めていく。身に着けた緑と河畔の赤いツツジの対比が印象的だったよ。
e0143892_10195158.jpg
やっと掛けた1尾目をネットに入れて目を上げると、よねさんも竿を曲げていた。久々のWヒット!川辺にタックルを並べた。左のよねさんのTdが多分3(4?)本目、右のBdはNo.80?90?…、ウ〜ン、判らんけど、12年の時間を隔てたgoo~ネットが2本。自分でもこんな画像が撮れるなんて思ってもみなかった。
e0143892_10274177.jpg
仲間内の呼び名『白イワナの渓』はこんな色の魚体がメインだから。極浅い砂地から毛鉤にアタックしてきてびっくりさせられるんだが、なるほどの保護色って訳だ。日差しはとうに陰り、同じような川石の水面に載せた毛鉤も、黄色やオレンジのインジケーターは用を成さない。
e0143892_10371921.jpg
こんなのも居る。反転流の奥の奥、真っ暗なエグレで毛鉤を銜えるのは大概真っ黒なカエル面だ。腹の柿色も一際鮮やかで、こいつが釣れると嬉しい!何をこんなに飽食してるのか、ゴツゴツ・パンパンのメタボ体型がなんとも愛おしい。

春の狩野川からここ迄、6’8”の竹竿とグラス竿だけで釣りをしてみた。普段は8’〜8’半のグラファイトで釣ってきた身には、『難しい!』そして『まだるっこしい!!』シーズン前半だった。今回の釣りも…。
e0143892_1049338.jpg
大方はこんな感じ。<涙に滲んで、よく見えない>ってか…。ショートロッドでポンポンと釣り上げていくよねさんの釣りを、ポカンと見てる時間がやたら長い1日だった気がするよ。

さて、後半戦。どうしよう?
[PR]
by goo_ism | 2013-06-04 10:59 | フライフィッシング | Comments(6)