<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

熊、熊、クマ~!

昨日夕方かな、何気なしに検索してヒットしたニュース画像。先日の日帰り遠征先からも、そう遠くない山中での事件だったようだ。

熊の二次被害:遭難者死亡、捜索の四人も襲われる!

ヒェ~~!ブルブル・・。
今年も怖い季節が始まったよ。拙が以前遭遇した熊は気の良い奴だったのかな?不案内な土地でもあるし、山釣りはこんなリスクも抱えてるって忘れちゃいけないね。よろず屋さんの山菜鈴だけじゃ不安になってきた。でも、トンガラシ・スプレー、高いんだよなぁ~。
[PR]
by goo_ism | 2013-05-30 14:07 | 諸々・・ | Comments(4)

みちのく男旅…、だぜい!

事の発端は電話での、魚絵師さんの何気ない一言だった。「今週半ばにムッシュと北関東へ行って来るよ!」即座に20ン年も前の釣り雑誌の記事が脳裏に浮かんだ。

口をへの字に結んで大ヤマメをかざす魚絵師さん。文中で故・高野健三さん曰く…『悪魔の鉄片、ハスルアー、見ない、買わない、投げない!!』モノクロ画像の魚絵師さんの若いこと!!!

時は移り手にするタックルも結ぶルアーも変わったけど、あまりに記憶鮮明なこの記事の現場に立つチャンスがいきなり巡って来たんだな。逡巡しながらも同行を申し出て、快諾を貰ったよ。やったね!とて、翌日リールの新調に釣具屋に走った。例の「さつき鱒」竿もコルクグリップの段差を水研ぎで仕上げ、やっと『goo~仕様』の準備が出来上がった。残る不安は初めて辿る現場への遠い道程だけだった。

さて、出釣当日。夕方早めの時刻に自宅を出たのだが、渋滞の影響で魚絵師さんの自宅迄は3時間!予定より1時間近く余分に掛かった。既に、チト草臥れた。冷たいモノを頂いて早々に東に向けて出〜発〜。途中ムッシュと合流して一気呵成に北に向かった。高速を乗り換えて現地迄4時間強。橋の上からゴウゴウと音立てて流れる真っ暗な川を覗き込んで(何も見えないけど・・)から、暫くの仮眠zzz~…。
子供の遠足と同じで、待ち切れないオヤジ3人は薄暗い内から身支度を整え、覚束ない足許に注意して河原への斜面を下りた。呆然とする量の透き通った流れ!そして飛び交う夥しい数の虫!前ログのモンカゲロウ・スペントの光景が目に焼き付いた。ここでは緩い流れを攻めた魚絵師さんに2本、ゴンゴンの流芯で拙に1本、どれも凄い体高の8寸ヤマメが出た。ムッシュは2本バラして切歯扼腕の体。下流迄川通しで攻めて転進…、素晴らしい渓相!でも無反応…。転進…、また…、そして……。汗かいて息が上がって、涼しい場所で一息&作戦会議となった。おにぎり頬張りながら予想外の不調を嘆く2人、初めての拙はただ頷くのみ。突然「会津迄2時間かな?」てな話題になった。魚絵師さんは携帯で現地の知人に、なにやら尋ねている。「よし、行くか!」ってなる迄には、そうだなぁ、15分かな?初めての拙はやはり頷くのみ……。
ムッシュの的確なハンドルさばきで、輝くばかりに美しい全山新緑の街道を赤いチャンチャンコ・Xトレイルが駆け抜けた。所要時間はホントに2時間弱だった。

e0143892_951723.jpg
着いた先はこんな深い谷底を流れる大河だったよ。草付きの斜面を下りて浸透していく。対岸の山は熊の巣だと聞いた。姿勢を正し、縮み加減のキ○玉握って、謙虚に対峙する流れだ。

e0143892_9584930.jpg
8寸強、大きくはないがパツパツのアスリート・ヤマメ。水中で掌で受けると筋肉の躍動が伝わって来るようだった。普段釣ってるアマゴとは別種の存在感がある。透明感とでも言ったら良いのかな、『青白い影』、そんな感じ。

e0143892_1041199.jpg
薮の中の小径を下るムッシュ。何とも頼りがいのある後ろ姿だ。今回の遠征では全てでお世話になってしまった。釣りの方はデカデカを出したが掛けバラシとのこと。もしチャンと掛けても、獲れないって程の魚だったようだ。羨まし〜!!

e0143892_10131987.jpg
こんなんも釣れた。デップリ太ったニジマス尺1寸。流芯越しに掛けてすぐ、全身を晒して50センチ程跳んだ後、流れを利して2度、3度とラインを引き出した。跳ねた瞬間に判っちゃいたけど(廻れ〜、化けろ〜!)と念じてしまったよ。

成り行きの『みちのく、男3人旅』ではあったが、いやぁ、良い遠征出釣だった!!
唯一想定外だったのは…。
水曜日18:00自宅発〜金曜日3:45帰着ってスケジュール。
爺イにゃ、いささかキツかった〜!!
[PR]
by goo_ism | 2013-05-27 10:31 | 鱒釣り(・・・ルア〜) | Comments(10)

ムシムシ〜

先週半ば、魚絵師さん・ムッシューA氏にご一緒して北関東にミノーで遠征に出掛けた。珍道中の経緯は改めてログにするつもりだが、河原に下りて最初に目についた光景がこれだったよ。

e0143892_13141514.jpg
一体何十尾居るんだろう?岸辺の石に囲まれた1m四方ぐらいの水溜まりに、モンカゲロウのスピナーが写真のような密度で張り付いていた。ラスター彩色のステンドグラス状の羽根の輝きが、尽きてしまった命の残り火のようで哀れを誘うが、キレイといえばあまりに綺麗だ。
当然の如くこれを毛鉤で表現したくなったが…。

この手の水生昆虫の形態模写=昆虫標本みたいなフライでは、局面を打開出来た試しがない。1尾か2尾、交通事故みたいに釣れる事はあっても、狂ったように続くライズに囲まれて絶叫したくなる程惨めな思いをした経験、誰にでもあるのでは…??
[PR]
by goo_ism | 2013-05-26 13:30 | フライフィッシング | Comments(6)

再解禁は小沢のアマゴ

さしたる苦役でもなく収穫が終わった。つまらない怪我があったけど、マズマズ一安心!少しばかり傷んだ身体を整体で解して貰ったら、釣り心がムズムズ…。好天続きでカラカラだろう森に、恵みの小雨も振った。「行くっきゃナイネ!」で、よねさんに教えて貰った高原の小沢を目指したよ。
e0143892_8303424.jpg
午前中は忙しなくワイパーを動かす程に振っていた雨は、お山に上り出すとパラパラになり、川辺の森の路肩に車を止める頃にはすっかり上がってしまった。目論見は外れたけど、雨具のお世話にならずに済む。これは「ラッキー!」かも。
小さな橋の袂から石垣を下りた。ラインを通して毛鉤を結び、ウキウキしながら細い流れに脚を浸す。と…、眼前の雨粒を纏った蜘蛛の巣越しに、小さい黒い影が泳ぎ去った。(ヤッチマッタ〜!)でも一投目から5寸程のキレイなアマゴがパラ・ダンを銜えた。殆ど投げようもないボサの流れだが、毛鉤を乗せさえすれば「ここ!」という所から必ず答えが返って来た。6’8”の竿に9’程のリーダー+ライン1〜2mのタックルで精々1mしか流さない(流せない)、アマゴはヒラキに付いていてストーキングにも限界がある、掛けられるか走られるか!?魚はコマいけど、スリリングで面白かったよ〜。画像のポイントはこの沢唯一にして最大のプール。ここ迄はロールで毛鉤を入れてたが、やっと竿が振れて嬉しかった。
e0143892_9361412.jpg
右岸側から躙り寄って、3流し目でどうにか釣れた20cm程の、この日1番のアマゴ。沢の規模からすれば良い型かな?ヒネた表情が印象的だったよ。(それにしても、写真ヘタだなぁ…)
e0143892_9451671.jpg
折から、流れ着いた藤の花びらが浅瀬に紫色の帯を作っていた。釣れ続くパツパツのチビアマゴの記念写真は、この紫との2ショットにした。

楽しかった!やっぱ、釣りは心の栄養だぁ!!
[PR]
by goo_ism | 2013-05-21 10:00 | フライフィッシング | Comments(6)

ア〜ア、やっちゃった…

この1年の総決算、ワサビの収穫が終わった!トラブルも無く実にスムーズに運んでいたんだ、真ん中迄は…。

先週の半ば、切れの悪さに苛ついて、カッターを振り下ろすように使ってしまった。少しでも切れる部分を求めて、刃先を5cmばかり出したまま、ね。
e0143892_15391941.jpg
赤い手袋を切り裂いて、左人差し指の真ん中をスッパリやっちまった!傷みは無く暫くは血も出なかったけど、さぁ〜、あとが大変。取り敢えずラップを巻き、土と遮断して作業を続けたよ。
e0143892_15445233.jpg
幸い化膿する事も無く随分早く治って来た。やっぱ消毒無しのラップ包みは理に叶ってるってことか。ジジィだけど、まんざら捨てたもんでもないね、おいらの身体。
[PR]
by goo_ism | 2013-05-18 15:49 | 諸々・・ | Comments(4)

嬉し〜い!!報告頂いた…

ワサビ収穫で疲労困憊なれど、ズッと止めていた晩酌後に、一応のPCチェックはしていた。先週末、今年の始めにデカ・ネットを作らせて頂いたS様から、丁重なメールが届いていた。添付ファイルをクリックしたら…。

e0143892_20511081.jpg
ドーン!
ド迫力のブラウン鱒がTd4232からはみ出してたよ。連休を利用して御子息と訪れた北の大地での釣果とのこと。goo~ネットと『さつき鱒』ロッド、自分が関わった2つの道具でこんな素敵な魚を獲ってくれた!感謝の言葉もありません!!

S様、おめでとうございます&ありがとうございます。

そして何より羨ましいのが親子でこんな時間を共有してるということ。

どうぞより一層の素晴らしい釣り(釣果のみならず…)を、お祈りしております。
[PR]
by goo_ism | 2013-05-13 21:07 | 鱒釣り(・・・ルア〜) | Comments(10)