<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヨンマル/goo~ネット顛末

遡る事30年前、東京の西方の長閑な田園地帯にある美術大学で、プロダクト&クラフトデザインを学んだ。日本のデザイン教育は例外無いだろうが、かの美大では殊の外バウハウスの思想を色濃く感じた。
『Form follow  Function.』そして『Less is More.』
とにかくデザインし過ぎない、モノの本質を考える。こんな事を学んだと思う。

社会に出て、とりわけ自身のデザイン事務所を構えてからの四半世紀、この刷り込みを忘れない様にと常に意識していた。しかし生業の哀しさよ、思い返せば思いの半分も遂げられなかった悔しさに歯ぎしり頻り。10年程前から手慰みで始めたランディングネット作りは、そんな日常のカタルシスだった。自分で良いと思う事を手間とコストを無視して全部形にしたい、余計が無い本質的なモノづくりをしたい、ただそう思って「極力、銘木は使わない」を旨にシコシコやってきた。

e0143892_21194872.jpg

少し前に上げたヨンマルネットが出来上がった。想定通りの意匠と仕上がり。明暗のコンビネーションがキレイだが、内心忸怩たる思いで眺めている。敢えて避けて来たやり方なんだよなぁ…。ほんの悪戯で出来た新しい自分の世界なのかも知れないと思うと、自分に嵌めていた枷のつまらなさに溜息が出る。
暫しジックリ眺めて、次に備えよう。
[PR]
by goo_ism | 2011-11-17 21:42 | craft | Comments(12)

今年も天竺

天竜C&Rエリアが始まって、何年経つだろうか。8年、いや10年ぐらいか?初めて行った際に飛び出した68センチって虹鱒に度肝を抜かれ、デカいランディングネットを作り始めた。雲名の大岩の上手で出るライズに、翻弄されながらも嵌り込んだ。やたら渋くてカッコいい、背筋がピンと伸びた人に巡り会えた。集う人達はそれまで何処で会った釣り人より筋の通った方々だった。思えば随分多くの事をあそこでは経験させてもらったな。まあ、釣果を除いては、だけど…。

そんな出逢いの中で、青い恐竜ジャンパー繋がりが印象深いルアーマン、KEN2さん。この人もとびっきりの硬骨漢だ。初冬の河原で食って呑んで一緒に釣ろまいか、って彼の甘い誘いに乗らない筈も無い。今回は料理番免除のキャンプ故、いつものモツ料理だけ持って、お気楽でJeepsterさんのメルセデスの助手席に乗り込んだ。空あくまでも青く、世はなべて事も無し。憂いや悩みは積み残しだ。

e0143892_20243554.jpg

今年も来られた。最初の時は必ず1度はここ迄下る。ここで大きく息を吸えば冬を迎える覚悟が出来る気がするんだ。釣り客が減ったと聞いたが結構な人出で、思ったポイントに入るのはなかなか叶わなかった。朝から叩かれ切ったようで、午後の瀬で毛鉤を銜えるのはみな尺前後のちょっと疲れた表情の虹鱒。やっとGの6番を少し曲げてくれたのは40センチ程の、サイズの割にヒネた感じの鱒だった。

e0143892_20362887.jpg

口元の毛鉤は大好きなビーズヘッド・プリンスニンフ。虹鱒には効くみたいだ。10年前のデカニジが銜えたのもこの毛鉤だった。思えば…なんとも、進歩の無い釣り人であることよ。

そこそこに釣って、午後3時過ぎにはキャンプサイトに移動する。既に大方の準備が終わり、我々のテントと2バーナーやテーブルを出してセッティングすれば宴会モードに移れそう。ありがたい限り!モツ煮と最近の定番カレーモツを暖めながら、早くもチビチビ、程なくグビグビ始めた。幸せな時間が流れて行く。

e0143892_20463985.jpg

呑み始めが異例に早かったから出来上がるのも速かった。とっぷり日が暮れる頃には既に半分正体無しの怪しいオヤジに変身してたようだ(覚えてないけど…)。この写真撮った頃はまだ記憶あるんだけどね。左が天竜の重鎮にして実年齢を軽く10年は凌駕(若いって事ね)する、fly-tomoさん。初めてエリアに来た日に出会って以来ずっと密かに憧れている。『やたら渋くて…、背筋の伸びた…』はこの方。知ってる人は分かってくれるよね。呑んで食って喋って、極め付きに楽しい時間はどんどん過ぎて行く。
呑む程に酔う程に、夜は更けて行く。いつの間にやら意識が遠退き、チ・ン・ボ・ツ…。

e0143892_20591650.jpg

夜中に用足しに起きた際見上げた空は、何十年振りに見た気がする満天の星だった。きっとポカンと口を開けて見てたんだろう。足許から忍び寄る冷気に震えて寝袋に潜り込んだが、再び寝付くのには暫く掛かった。

翌早朝、起き抜けの頭の芯にまだ酒が残った身体に喝を入れるべく河原へ行ってみた。既にスペイキャスターがチラホラ、長い竿を振っている。暫く見ていたが竿が曲がる気配はなかった。山はまだ紺色に沈んで消え残る川霧が凄いスピードで動いている。竹薮を抜けると目の前は空、崩れ掛けの飛行機雲が目に飛び込んで来た。

良い1日になりそうな気がしたんだよね。

KEN2さん、fly-tomoさん、M下さん、いつもお付き合い下さる皆さん、楽しい2日間でした。心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。次の機会も、また是非是非一緒に遊んでやって下さいませ。
[PR]
by goo_ism | 2011-11-16 21:23 | フライフィッシング | Comments(6)

ヨンマル/goo~…2

グリップを切り出してフレーム材と張り合わせ終了。削る前からやらずもがなを微かに後悔してる。ああ落としてこう削ってと、線と面の接合部は見えてるがこの意匠、果たして!? 手間だけが増えて行くような…。

e0143892_204117.jpg


接着材の完全硬化まで暫く放置する。
[PR]
by goo_ism | 2011-11-02 20:04 | craft | Comments(10)