<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

修善寺は、波高し・・・

珍しく早めに起き出した日曜日の朝、お天気姉さんがにこやかに「この高気圧が通り過ぎると強い寒気が云々、冬型で強い北風カンヌン」。月曜日の天気図の等圧線は見事に直立し、背筋寒からしめんとや・・・。(ワンチャンス、今日しかねぇ)とて、地元W上流を目指すつもりで某田邸に向かったのだが。某田さんの口から出た言葉は「伊豆行こうか?」。即、心変わりで東に向かう・・・。

かつて通い込んでた頃の本流ライズポイント。滔々と流れる瀬は殆ど変わってない(真ん中の1枚岩が少し露出したか?)咲き出した土手の桜、飛び交うツバメ、足許の雑草も昔のまんまだ。・・けど、流れの真ん中に突き出した岩の上のグレーの塊・・・、鵜。核心の瀬肩に時々顔を出す・・・、鵜。下流から吹き上げる強風でライズは望めないけど、例え風がなくてもこれじゃ魚は出ちゃ来ないやね。嗚〜呼・・・。

e0143892_14445097.gif

仕方ない、支流を覗きに行くも水はやはり10センチ程高い。今年まだ釣ってないから、とにかく何か顔見たい。ジャレ付くようなアタックは8センチぐらいのミノールアーサイズ、約200メートル釣り上がってやっと6〜7寸を3尾。でも、もう良いやって、心から思えた。伊豆は良い。何年ぶりかに出掛けても優しく迎えてくれる。片道2時間・釣り1時間、それでもいいと思える場所ってそうそう無いっしょ。

e0143892_14545787.gif

ありがとうございました。(ってか、痛くしてご免なさい、かな)
[PR]
by goo_ism | 2010-03-29 14:57 | フライフィッシング | Comments(20)

この人、好きなんですよ〜

以前から熱くリスペクトするある方のブログでくすぐられ、どうしても読まずにはいられなくなった本が一冊。釣りの本は、ほぼ全く読まなくなって久しいが、この雑誌のこの方の特集だけは特別。近在では手に入らんから版元に注文、ストレスなく届いた。便利な世の中だ。

e0143892_12541661.gif

やっぱ、良い本だ!そして、やっぱやっぱ、この人はスゴい!また50回は読むんだろうな。

忘れる程昔のこと。お代を払って、首伸びきる迄待って、「悪い冗談か?」と思う頃迄待って、やっと分厚い本を手に入れた。奥付は「1997年5月15日発行」。いまだにバイブル、否、全然読みこなせないMusipedia。

S.Masu○♤さま、あさ川○郎さま、ありがとうございます。
[PR]
by goo_ism | 2010-03-16 13:14 | フライフィッシング | Comments(19)

また・・・完ボ!スタート

伊豆の魚絵師さんのブログ読んでたら、モ〜ウ、辛抱たまらん・・・。午後から山を越えて里川解禁に、行ってきやした。結果は・・・。

ヤッチマッタ、完ボ・・・。

毛鉤を見に来る魚の一尾すら無し。
河原の枯れ葦の蜘蛛の巣で、風にそよぐ蜉蝣のスピナーが解禁のお告げか・・・。

e0143892_1145189.gif

細い茶色のボディ。結構大きい、#16ぐらい。クジャクのハールそのもので、真ん中が透けている。なんていう種類なんだろ?
魚絵師さん、現場に電話、ありがとうございました。こんな顛末でした。


以下翌日

上の画像の虫は、ダンだったかも?上がり際に長靴にくっ付いてた虫の写真も撮ったんだけど、同じ種類だとすれば色や羽根の透明度が違う。それとも別種なんだろうか?水生昆虫、シロートの手にゃあ負えんわい・・・!
e0143892_859143.gif

右側の黄色いのは卵隗のようだ。
[PR]
by goo_ism | 2010-03-16 11:08 | フライフィッシング | Comments(6)

解禁準備せにゃぁ・・・

毎年3月の始め、金具の案配チェックと解禁を寿ぎ、リールシートを磨く事にしている。数年前南アの源流での釣り最中目前で起きた、師匠のSAGEのリールシートがフッ飛びCFOが沈するという世にも稀な事件(プッ・・)以来、欠かさず続けてる気合い入れの儀式だ。コルクは余程汚れてない限りシーズン終了時に中性洗剤で洗う程度。少しは自分の臭いを残したいって気がしてね。

普段渓流に持ち出す竿は、この釣りを教えてくれた件の師匠の刷り込みが効いて絶対的に4番。もう終生変わらないだろう。この番手を何本持ってるのか数えた事はないが、毎年使う竿はほぼ固定されている。天竜で使った(たった2回だけど・・・)5番を仕舞うのに併せて、4番の私的定番竿を引っ張り出す。今年使いたいヤツの金具を磨いてペアを組むリールをセットしてたら、伊豆の小渓が頭に浮かんだ。ライズしてるかなぁ?出掛けたいなぁ・・・。

e0143892_11323148.gif


結局は去年と同じで、古〜いSAGEのLLの長さ違いとSPL、勝俣商店さん経由のじゃぱん・すぺしゃるのG。どれも折ったら補充が利かないから、転ばないよう当てないよう、大切に慎重に。

こうして見ると、拙のリールの選択には何の脈絡も無いんだね・・・。
[PR]
by goo_ism | 2010-03-11 11:51 | フライフィッシング | Comments(12)