<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

哀・・・大増水、飛騨の渓

3ヶ月ぶりの釣りだったのに・・・、国交省のHPチェックしてたのに・・・、やっぱり今年はこういう巡り合わせみたいです。

朝6:00静岡発、ノ〜ンビリ走って目的地の川に着いたのが12:00前。途中の本・支流を覗いて来て覚悟はしてたものの、水位は普段より20センチ程高、幸い濁りはありません。殆ど萎えかけた気持ちに鞭打って、人気のない支流の入り口で昼食の後、すぐ上の大堰堤下の溜まりを見に歩いて行きます。坂道が急になり右に堰堤が見える、もう少し・・・と・・・マズイ!!強烈な動物園の匂い。そっと急いで取って返すと、後ろを歩いてた2人が道下を見つめて指差す先、距離にして10M程のところを件の匂いの源、若いツキノワグマがゆっくり草むらに消えて行きます。真っ昼間の接近遭遇でしたが、先方が先に気付いて道を開けてくれたようです。でもその先をチェックするのはいささか怖い!んで、偶さか見つけたシオデを折りながら道を戻りました。

何とか釣りになるかと、入漁券を買っていつもの区間に入るも、上から見るのたぁ大違いのコンコンチキ。何度も流芯で立ち往生しながら、やっとヘチの浅いとこ迄移動、大きめの浮力のある毛鉤を流して行きます。何度かの小さい魚のアタックをスカした後、やっと乗りました。#14クリップル銜えた、20cmチョイの小イワナ。花の盛りを過ぎた梅花藻のベッドに載せて1枚だけ「パチリ」させて貰います。

e0143892_15164099.gif


普段だったら水のない浅瀬からは、これぐらいのイワナとアマゴが飽きない程度には出て来ますが、小1時間膝〜股丈の冷たい激流に浸かってると体力の限界が・・・。川幅いっぱいの流れに飛び出した岩の上で暫し休憩。普段は釣りに夢中で気にも止めない梅花藻の小さな花が可憐でした。

e0143892_15253122.gif


薄暗くなってヒゲナガやフタスジモンが飛び始めると、ウサイン・ボルトとタイソン・ゲイが走り回ってるようだった流れも気持ち減水(5cm程?)して、川面も何となく賑やかな感じになって来ました。ウェットフライの好機到来と、死ぬ気で流芯に立ち込んで流し続けましたが、「コツン」やら「ガツン」やら掛からない当りに翻弄されて疲労困憊。真っ黒でヌルヌル滑る一抱え大の石が重なる激流に股迄浸かり、コメカミ引き攣らせて戻る帰路は、(ここで滑ったら、逝っちゃうかな)、マジで泣きたくなりました。

e0143892_15464422.gif


このポイント、ご存知の方も多いと思いますが、こんな状態の時ここで釣りやった人は多くないかも・・・。
無理矢理付き合わせてしまった某田さん、S藤さん、K藤さん、ありがとうございました。そして、ごめんなさい・・・。

帰り道のお楽しみはお風呂、おふろ、オフロ〜!今回は木曽福島の天神温泉、去年某田さんに教わって以来、久々の再訪なり〜。

e0143892_15534837.gif


湯船は1、5M&3M程。小さい少し濁った熱めの炭酸水素泉、肩迄浸かれば疲れが泡に溶けて行く様です。後ろの板壁のようなモノは湯船の蓋。鄙びた湯治湯ですが、飛騨・開田釣行でのもう一つのお楽しみです。

3ヶ月分のガスは抜けたんで、不毛な釣りでも、まぁしょんないとしましょ。
[PR]
by goo_ism | 2009-07-24 16:13 | フライフィッシング | Comments(18)

デジタル製品のライフサイクルって???

昨年4月にデジカメを買い替えました。2メガの古〜いIXYからOptioW30。そこには7〜8年のタイムラグがあって、「あぁ〜、新しいってホントに素晴らしい!」と素直に喜べる進歩がギッシリ詰まっていました。が、私にとってはスンバらしい機能を持った7メガW30も、購入直後W60にモデルチェンジ。即旧モデルになっちゃいまして・・・、ありゃぁ悲しかったです。

最近カズさんが初代のWpからW60に替えたと聞き、「良いなぁ〜」と思ってたら、もうW80にモデルチェンジだそうで・・・。どこか機械的な不具合があったのでしょうか?・・・、そんな話し聞きませんでしたね〜。W60が「現役商品」でいたのは僅かに14ヶ月ですよ!ライカと迄は言わないけど、デジタルと言えどカメラは光学機器、新しきゃ良いってもんじゃねぇって!

パソコンや携帯電話が顕著だけど、デジタル製品のモデルチェンジ・サイクルって、何故にこんなに短いんだろう。劇的な技術革新がそれによってもたらされた、ってのは認めましょう。でも、それによって誰が幸せになったんだろうか?チョイとまえのマーケティングでは「川上(メーカー)から川下(消費者)へ」という言い方を盛んにしてましたね。私はこの概念が大・大・ダイッキライで、大メーカーのモノづくりを「デザインの墓場」だと認識してました。

私の初カメラは型番SVという一眼レフ。後にAUTO110なんて玩具みたいの迄手に入れて、ペンタックスには一方ならぬ思い入れがあります。HOYAとの合併で倒産は無くなった筈。今も昔も社風が持つ、ユニークかつ誠実な、写真を写す人の立場に立ったモノづくりを望みたいんだけどねぇ。

なんつって、W80、気になったりしてます・・・。
[PR]
by goo_ism | 2009-07-16 17:16 | 諸々・・ | Comments(10)