<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世界遺産(?)みたいなフライ

目の前にある、1枚の色褪せたパラフィン紙の包み。開封した箇所の糊が、黄色に変色しています。持ち主はFFゴッコの師匠・静岡のOhtaさん。私が初めてこの包みの中を見たのは、15年ぐらい前でしょうか。その時は凄さが分からず「フ〜ン・・」ていうぐらい。真似ようにも材料が揃わない、タイイングが激!難しい!!で、巻けたのは似ても似つかぬ代物ながらも実に優秀な毛鉤で、サイズ違いでフライボックスの大半を占めた時期もありました。

件の包みの中の毛鉤がそれ、ソーヤーニンフの傑作フェザンテール。ご他聞に漏れず、私もアル・トロスのレシピに興味は無く、フランク・ソーヤーのフライにいかに近づくか、ってのが今だに果たせぬテーマです。30年程前にOhtaさんがNZから持ち帰ったそのパッケージの事を、偶然知ったEJさんのブログを読ませてもらって思い出したのが1週間程前です。このパッケージの中身、参考になるかもしれません。講釈をしだすと切りがないし、素人がどうこう言える代物じゃないんで、画像と分かる事の注釈だけエントリーしてみます。取り敢えずご覧下さい。

先ず入手の顛末は・・。
北島のMotu Riverでの事。現地で知り合ったイギリスからのF.Ferが大層苦戦してたようで、見るに見かねたOhtaさん、「毛鉤はこれを結べ。・・結べたか?それじゃぁ、ここへ立ってあそこへ投げろ。・・・もっと右、1m先。・・・、もう1度、今度は左、・・この流れにラインを置いて、・・・それ、出たッ!!!」なんて(英語で)やって、楽しく釣らせたんだそうで・・。お礼にとそのイギリス人から貰ったのが新品・未開封の毛鉤だったそうです。彼のコメントは「フランク・ソーヤーの奥さんから買った」という事のよう。ソーヤー家のファミリービジネスだったのでしょうか?

e0143892_22123384.gif

         マスタッドと思しき#14フックに巻かれてます。

e0143892_2214117.gif
台紙裏に’フランク・ソーヤー’シグネチャー入り。直筆か印刷かは分かりません。(少しカスれてます)

e0143892_2217732.gif
1本抜いてアップ撮影。この1本以外は台紙から抜いた事も無いとの事。

e0143892_22184974.gif
光を当ててサイドビュー。少し明るく写ってます。タイイングはスカスカです。

e0143892_22205335.gif
トップビュー。細身でキレイなテーパーは、スイマーの小蜉蝣などを思わせます。

果たしてこれを巻いたのは誰なんでしょうか?フランク翁御本人だと思いたいのですが、今となっては知る術もありません。S崎鱒二さんならば、謎を解いてくれるだろうか・・・。
それにしても見れば見る程凄い、オーラすら感じる毛鉤です。フェザンテール、グレイグースは数知れず巻いて来てるけど、私にはこんな毛鉤は絶対に巻けない・・・。フライの成り立ちも、これを巻いたタイヤーも、釣り界の世界文化遺産だと思います。
[PR]
by goo_ism | 2009-01-26 22:38 | フライフィッシング | Comments(15)

釣り初めは春の陽気と、まりやの歌声

年末から、右腕の痺れと痛みに苦しめられてきましたが、少し良くなった気がしてよねさんに便乗して天竜C&Rに初釣りに出撃。午前中は少し風に吹かれたけど、セーターにヴェストでもじっとり汗ばむ程の陽気。

e0143892_15462762.gif

ドライ、ウェット、ニンフと節操なく精一杯の知恵を繰り出したにも関わらず、魚は2尾しか応えてくれませんでした。日溜まり色の1尾目、尺チョイかな・・。放流から日を経てるようで、身体からは張りが失われてました。


e0143892_15502170.gif

激流の芯でユスリカ・ラーバ毛鉤を銜えた2尾目、ほぼ尺・・。こちらは多少新しい魚のようで、先の魚よりはコンディションが良かった。今後魚体がどう変化してくのか、見えるようです・・・。

天竜川の冬期虹鱒釣り場、開設以来楽しませて貰ってきましたが、私自身の状況が変わったということもあって、一時程無邪気には通えなくなりました。fly-tomoさんがブログで提起し続けてる川と人の関わり方。私ら遊ばせて貰ってる釣り人も、考え発言していく時期かもしれませんね。

さて、行き帰りの車の中に流れ続けたのは竹内まりやの歌声。あまり自覚は無かったんですが、私はどうやら彼女のファンだったようで・・・。3枚組のCD、買いに(或は借りに)走りそうです。
[PR]
by goo_ism | 2009-01-19 16:26 | フライフィッシング | Comments(24)