<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ウェットフライ修行

フライフィッシングごっこを始めて多分19回目の渓流シーズン、相も変わらずヘボ釣り師のままです。ライズがあろうがなかろうが殆どドライフライで、水面に出て来る魚を釣りたいと、ペッタンペッタンやってきました。

ウェットフライは、始めて2〜3年目の頃毛鉤巻きの練習を兼ねて1シーズン取り組んだ記憶があるだけ。カ〜ンとかガツンとか、当たりはあるもののさっぱり釣れない、果ては2号ハリスで合わせ切れなんて悔しい思いだけが残る釣りでした。長〜くやらずにいましたが、最近は冬の天竜C&R区間、暖かく活性の良い時ほんのたまに楽しい思いができる釣り、ぐらいの認識でいました。

一昨年の初夏、山梨の友人に誘われてヒゲナガのイブニングを釣りに桂川へ。#5ロッドに無理矢理(?)セットされたのは、バカでかいマドラーミノーと白ウィングウェットフライのドロッパー仕掛でした。その投げ難いことといったら・・・。でも、その仕掛に出ちゃったんですねー、デカイ魚が。瀬を猛スピードで下られ真っ暗な溶岩の川原で転んで、魚とは’アデュー’でしたがこれがすっかり逆トラウマとなり、あんな魚を求めて少し真剣にウェットフライの釣りに取り組み始めました。偶然から再開した釣りですが、今は新しい玩具を貰った気分。昔の’ガツン’て当たりがなくなり、魚が釣れ始めました。魚が食う所へ食い易い形で毛鉤を流し込んで行く、要はドライの釣りと同じだったんですね。(ここで喰うぞ・・、ムン・・、グーン)という過程が、今は堪らなく面白い。特にトビケラの季節、カディスフライに沈む毛鉤をトレーンし、それをアンカーにして水面のフライをユックリ流すのは、スレた岩魚に卓効がありました。先日の木曽での大物バラシが悔しくて、地元大川の中流部に再出撃。薄濁りの流芯越しでドロッパーを銜えたのは、角度によっては殆どパーが見えない本流アマゴでした。
e0143892_21373775.gif

1日ウェットフライで通すことはまずないと思いますが、ドライフライへの反応が鈍ったり毛鉤が見えなくなったりしたら、ヴェストの木製ケースに手が伸びます。パターンブックの写真のように美しくはないけど、夢(と欲)がそのケースには詰まっています。
[PR]
by goo_ism | 2008-06-28 21:53 | フライフィッシング | Comments(12)

開田から飛騨へ

仕事絡みやプライベートのあれこれで、ジレジレとした日々を送っていました。週明けの月曜日、某田さんからのTEL。「メチャ安の休みに合わせて水曜に行くぞ!」だと・・。即ライズで約1ヶ月ぶりの釣り、岐阜へのプチ遠征です。「メチャ安のS藤」さんとは数年前千曲・川上で御一緒して以来、また良い勉強ができます。午前4:00まだ暗い静岡を発ち、塩の道を北上〜R20諏訪〜高遠〜権兵衛トンネルを抜ける頃には世間様の1日はとっくにスタートなれど、3人の釣りバカおやじは木曽福島の道の駅でマッタリしてから、開田高原に向けて車のハンドルを切ります。ポツポツと、渡る橋毎に車を止めて川面を覗き込む3人。何カ所目かで眼下の石の脇にそこそこサイズ。2尾います。S藤さんが指差す沈み石の上には、更に良型がヒラを打ってます。予定では竿出しはまだ決まってなかったけど、こんなのを見て放っとける訳が無い、すぐに入漁券屋に走り大急ぎで支度をして2手に分かれて川に入りました。

私の入った区間は少しボサが被った、深みと流芯が絶妙に絡んでいかにも良い魚が居着きそうな流れ。中型のカゲロウやトビケラ、オドリバエ等が舞って否応無しに胸が高鳴ります。が、流れに浮かべたトビケラフライに反応する魚影がありません。(居ない訳ゃない・・)、慎重にストークしながら進み、隅から隅迄流したポイントに踏み込むと良型が走りました。どうやら水面に目が向いてない様子。不本意ながらフックベントにハリスを結び、ニンフをトレーンした仕掛で上の流れに対峙するといきなり水面の毛鉤が消え、横に合わせたセージを絞り込んで跳ね上がった魚体は、為す術無くニンフを振り切って深みに帰って行きました。・・・、いつもの事です。(因に、掛けたデカいのをバラすことを『ヤマする』と某田氏が定義してくれてます。トホホ・・・)すぐ上の落ち口でニンフを銜えたのは、2周りは小さいアマゴ。23〜4センチ、パーマークと朱点のバランス絶妙の1尾でした。
e0143892_1217129.gif

同型の岩魚・少し小さいアマゴと続き、大岩で遮られた通らずを巻いて土手に出ると目の前にいつの間にかFF先行者。2尾めの岩魚を掛けた時、車のドアを閉める音に振り向くと土手の上の中年男性と目が合って、すぐ走り去ったのを思い出しました。一人ここで下ろしたんだ!それにしても、こっちの存在を確認してその2〜30メートル上に入るかねぇ~。こんな輩ばっかで、ホントに情けない・・・。ここまでの流程、約200メートル。
仕方なく1キロばかり上流に転進。川は細り、更に50メートルも行くと2股に分かれています。とにかく1投、そして2投。魚からの答えはすぐありました。25センチぐらいの、白点が殆ど無いキレイな岩魚。2股は河床の低い方へ。別れから暫くは両岸護岸の味気ない流れで、最近工事したばかりのようでした。100メートルも行くと広葉樹の森に覆われた、気持ち良い小渓になります。ここでも幾つか。型は小さいけど綺麗な岩魚です。
e0143892_162146.gif

先のアマゴがタナビラなのか、この岩魚がヤマトイワナなのか、知る由もありませんが、木曽を感じる魚体に出会えたことが嬉しい2時間でした。
そうこうする内に、川上がりの時刻。急いで沢伝いに車に戻り下流の2人をピックアップして、最初に魚影を見た橋のたもとの東屋で弁当を拡げ、午前中の反省会です。魚の話、毛鉤の話、道具の話、etc、下界のストレスが抜けて行きます。マッタリ・ユックリしてると、脇の植え込みで盛んに飛び回る蝶に気付きました。記憶の片隅にはあったものの、名前が出て来ない・・・。ツマグロヒョウモンの♀(後日判明)で、産卵行動中だったようです。
e0143892_1625998.gif

内側の朱と藍も綺麗ですが、外側の幾何学模様の美しさには思わず見入ってしまいました。

午後そしてイブニングは飛騨のいつもの川へ行く事に。いくつかの峠を越えて、春ゼミの合唱の中を走ります。御嶽山が見晴らせる峠で小休止。眼下に見えるのが西野川です。
e0143892_163741.gif

御嶽山は頂を雲に隠していましたが、むせるような緑に染まってしまいそう。釣り人にとっては1番良い季節を実感しました。飛騨の流れ迄は小1時間。3時前には着いてました。通常は夕方迄魚が釣れないから敢えて遅く入るのですが、この日は入渓すぐから好反応。5時過ぎからはポイント毎に見慣れたサイズ・模様の岩魚が釣れ盛りました。
e0143892_16475150.gif

もう充分、お腹いっぱい。今度はホントの空腹を満たしに来た道を帰ります。伊那まで1時間40分、いつもの肉屋直営食堂で頼むのは、やはり定番のソースカツ丼。
e0143892_16532219.gif

本当はメタボオヤジには良くないんだろうけど・・・。どうしても食べたい味とボリュームです。
後は一路静岡を目指して、ゴゥ〜!だったんですが、鰍沢手前で車がオーバーヒート寸前、なんてトラブルがあって午前2時過ぎの帰着。(老体にはチト辛い22時間。某田さんに感謝!)
e0143892_1705232.gif

御嶽山を前になにやら語り合うトラウト・バム2人。すっかりお世話になっちゃいました。久しぶりに見たS藤さんの立ち位置・細かい攻め・キャスティング、大いに勉強になりました。機会があったら又御一緒したい大先輩2人との木曽〜飛騨のプチ遠征。暫くは幸せでいられます。
[PR]
by goo_ism | 2008-06-21 12:37 | フライフィッシング | Comments(10)