カテゴリ:山菜( 3 )

大寒の桜

100余年振りに奄美で雪が舞ったそうですね。びっくりぽん!です。
静岡でも1000mぐらいの山肌が少し白くなってました。

ワサビ仕事の帰り道、峠道を下りた山道の端の日溜まりに、薄桃色の一画が…。
e0143892_1218474.jpg

河津桜とは違う、気持清楚な表情の花は、2分咲きぐらいか?
以前別の家の庭先で「大寒に咲く、大寒桜だよ!」と聞かされたのと同じ色。
日差しは暖かいけど、チト冷たい風に揺れて足踏みかな。

雪に閉ざされた方々には申し訳ないけど、幸せな気分頂いてきました。
[PR]
by goo_ism | 2016-01-25 12:30 | 山菜 | Comments(6)

味見だけ…

e0143892_1839721.jpg

この間の伊豆の収穫イタドリを、浅漬けにしたよ。ショッパくて酸っぱい水がいっぱい出る。軽く洗って水気を切って、削ぎ切りにしていただきます!この食べ方しか知らない、ワンパターン也。

今年は味見に終わっちゃったけど、来年は『若竹』でイッテみよう。
[PR]
by goo_ism | 2012-04-22 18:43 | 山菜 | Comments(8)

2年ぶりのヤブレガサ。

桜がチラホラと咲き始めた過日、暖かさに誘われて気になっていたヤブレガサを見に行って来た。偶然に見つけた時のお供はSageだったが、今年はシマノ。釣れても釣れなくても、まぁ、期待しないで出釣だ。

e0143892_1759965.jpg
上流へと、頭上遥かに掛かる橋の向こうで、山が笑い始めていた。ストレスぜ〜んぶ抜けていく最高の気分!上下にダムのある区間故、水は青白く濁り川底も砂利で埋まっているけど・・・気持ち良いから気にしない。

e0143892_185630.jpg
今年もしっかり顔を出していた。2年前は一瞬モミジガサかと小躍りしたのだが、それでもこの界隈では珍しい部類の山菜。片手に一握り分だけ頂いて来た。ミノーは解禁前に暇に飽きてアルミを貼ったフェイク・ベイト。生っぽくなったが、魚を引っ張って来てはくれなかった。

e0143892_18115639.jpg
思いを遂げて、傷心半分の返り道(釣れなんだ・・・)。
トロッコ列車の軌道を横切って畑を上がると、ヒョッコリと小学校の敷地に出た。暖かく明るい日差しを浴びたグラウンドにはお年寄りが数人、訊けば2〜3年前に廃校になったとか・・・。掃き清められた校庭の遊具に、咲き始めた桜がしなだれ掛かるようで心に沁みた。
芽吹き華やぐ春の一抹の寂しさ。子供の声が聴こえない校舎は時間が止まったようで、ただただ寂しい。

追加。
e0143892_1949062.jpg
EJさん、こんな感じで生えていました。ある程度群落になってます。
労多くして身入り少なし(不味)で、来年はもう獲りに行かないな。
[PR]
by goo_ism | 2011-04-08 18:28 | 山菜 | Comments(4)