感慨深い経験

目一杯楽しませてもらった開田高原の夏休み。
瞬きする間に過ぎ去ったようにも思えるし、今だに気持ちの何処かで続いてるような気もする、チョット不思議な2日間でした。例えて言えば小学生の頃の夏休み開け、そんな感じ。

釣りも自然も人との出会いも、想像以上にエキサイティングでしたが、2つの理由で初日に側を通った地震湖のことが頭を離れません。この地形が出来た長野県西部地震、25年前の発生当日、私は木曽の漆作家(問屋?)と仕事の電話をしていました。突然「ウワ〜、ウォ〜〜!」と大声が聞こえ、電話の向こうが騒然とした気配。「地震だ〜」と叫びが聞こえても事態が飲み込めず、程なく事務所にも揺れが伝わって来ました。
湖の立ち枯れの木が、電話越しの地震発生の瞬間を鮮明に思い出させてくれました。

もう一つはあの事故で大事な先輩2人を失っていたかも知れない、という事実。当時はまだ知り合ってなかったんですが、先月木曽・飛騨に御一緒した某田師匠とS藤さん。地震発生当日、2人は土石流と共に消えた濁川温泉旅館に宿を予約して木曽周辺を釣る予定だった事、もし予定通り遠征を実行していれば間違いなくそのまま行方不明!!(瓦礫の下)だった筈・・。この凄惨な筋書きは前日のS藤さんの体調不良によるキャンセルで回避されたと、某田さんから聞いていました。(S藤さんの説明できない能力の賜物、です)
湖下流の土石流堆積現場を見ても、災害の凄まじさは想像を絶しています。どんな事態が起きたのか、いくら想像を逞しくしてみてもイメージできず、心震えるばかりでした。
不思議な能力の無い私には、自然に対して謙虚になるぐらいしか生き延びる術は無いことを思い知らされた、という所でしょうか。ここ静岡からは北西に向かって手を合わせる事しか出来ませんが、何故か心に残る経験でした。
[PR]
by goo_ism | 2008-07-28 16:47 | フライフィッシング | Comments(13)
Commented by Jeepster at 2008-07-29 07:49 x
そんな話し始めて、へんな特異的感の持ち主!
ところで楽しい夏休みご苦労様でした、夏休み報告は文が長すぎてどうも苦手、御免!
本題に春が、地震湖や土石流!人事では有りませんな!
作事も超部分的豪雨により鉄砲水!
あっという間!我々が夢中でドライフライばかり追っかけ、上流で一寸した豪雨で鉄砲水なんて有り得るからね!
昨今の異常気象、やばいと感じたら即退散です!
お互い注意しましょう!
おおお、先日蓼科のラスト堰堤で、なななんと超小型のブラック・バスが連れましたぞ!
ヤッキリ・・・・・・・・!
Jeepster
Commented by goo~ at 2008-07-29 15:06 x
Jeepsterさん、お暑うございます。
おいら霊感の類いは皆無ですが、あそこは気持ち良くなかったです。
某田さんから何度も聞いてた話なんですが、現場を見たら言葉無くしますよ。正に、アッという間、ひとたまりもなかっただろうと思います。これまで何度も大雨の中で釣りしてきましたが、もういけません、怖いです。昨日の鉄砲水、気の毒でなりません。気をつけましょう。

とうとう、BBですか!!!良く今迄釣れなかったねぇ、考えてみれば・・。堰堤上の溜まりにはいっぱいいるんでしょ?物凄く複雑な気持ちになる川ですねぇ・・。因に、毛鉤はデカめの鹿毛フライですか?
Commented by Jeepster at 2008-07-29 16:54 x
ニンフでしたよ!
山岳渓流は特に気を付けたいね!
以前奥志賀を釣っていたとき、かなりの雨!
私は帰ろうって言いましたが、相棒のM氏がそんなの関係無い!
事無きを得ましたが、臆病になりましょう、安全第一ですね!gooさん!
M波方面もかなり豪雨だったようです、先程連絡有りましたよ。
Jeepster
Commented by アマゴ27 at 2008-07-29 21:43 x
こんばんは!(^^)
開田、楽しそうですね♪綺麗な岩魚ですね。
権兵衛トンネルでアプローチ楽になりましたね。
自分、もう少し南側はチャリアタック等々したことあるのですが、
この辺も機会有れば、行ってみたいとデス。(^^)
Commented by yamaaruki world at 2008-07-29 23:53 x
goo~さん、こんにちは。
ブログ、拝見しました。
私のようなありきたりの釣師的投稿とは異なった角度からあの長野県西部地震、濁川を投稿された事で、忘れかけた事実を思い起こさせて頂けました。
自然災害とは言え、尊い人の命が失われた事はgoo~さんをはじめ縁ある方々にとって断腸の思いであったと思います。
あの日も、自然湖でカヤックを浮かべる人達がいましたが、あの人達はある意味、その見返りが想像を絶する膨大な犠牲によって出来た事や、今、こうしてカヤックを浮かべ楽しめる事に感謝をしているのだろうかと考えさせられてしまいました。
少なくとも私達釣り人は、自然の美しさや恵みだけにとらわれる事無く、その裏にある怖さにも関心を持ち、危険予知と回避が出来る様にして行かなければ行けませんね。

PS:本日、画像をCDにして郵送しておきました。ご迷惑でなかったら記念にどうぞm(__)m
Commented by 八兵衛です。 at 2008-07-30 20:16 x
大滝村の地震25年も経ちますか。
当時山が大きく崩れた映像が記憶に残っている様な?
自然には逆らえんので謙虚に謙虚にいきまひょ!
 地球が御機嫌斜めエコロジ~も真剣に考えないとね!
             by エコお爺~・・・・・・エロオジ~?
Commented by goo~ at 2008-07-31 10:27 x
アマゴ27さん、こんにちは。
ほんの2〜3年前迄、木曽川水系は遠かったですね〜。北から入るにも
南から入るにも、相当な決心が要りましたもん。権兵衛トンネルのお陰
で下道だけでも日帰り圏、有り難い事です。
開田はまだたったの2回ですが、これからも確実に通いそうです。今迄
のはほんの触り、お楽しみはこれからだっていう感じです。
Commented by goo~ at 2008-07-31 11:09 x
yamaaruki worldさん、こんにちは。レス遅れ申し訳ありません。
画像のCD、ありがとうございます!昨夜は帰って来てからズ〜っと、ビー
ル片手に楽しませてもらいました。ポイント毎に記憶が蘇って、ついニヤ
ニヤしちゃいましたよ。滅多に行ける場所じゃないので、お宝の記憶と 
して、これから何度も見返す事になると思います。

地震湖の事は色々感じましたねぇ。先日の岩手内陸地震での栗駒の惨
状がそのままオーバーラップしました。2日目の沢の斜面に崩落してた
岩も、恐らく25年前の地震で落ちたんだろうなぁと思いながらヘズって
ました。ログで揚げた(某)太田さんて方にも報告旁々写真見せに行った
んですが、現場は見てないんだそうで神妙な顔で聞いてましたよ。
人間の想像や理解を超えて自然は怖いってこと、私らも自然に生かさ
れてるんだってことを再認識させられた経験です。謙虚に生きましょう。
Commented by goo~ at 2008-07-31 11:43 x
八兵衞さん、こんにちは。
件の地震から24年、でした(確認しました)。某田さん・S藤さんの強運
も凄いんですが、実はもっと猛者が居まして、先月の栗駒を襲った大地
震の際、震源地から山を隔てて直ぐそこの鬼首でイベントやってた人
達の中の1人が、釣り仲間(ロッドビルダーのよろずやさん)なんです。
帰ってからTVやネットの情報見て驚いたそうです。強運というか、無事
之名馬の体現者というか・・・、凄い人が居るもんです。
G8が終わったら、予想通り『エコロジー』はトーンダウンしましたね。所詮
セイ治屋さんとその太鼓モチ君の都合と懐具合故、まぁ、ショんない。
私は『自分のナリで、出来る範囲で謙虚に』行く事に決めてます。謙虚に
行くんて、上のお山に連れてって〜!!
Commented by よねさん@鱒美 at 2008-08-02 10:54 x
巡り合わせという事もあるんでしょうが、先輩方は巻き込まれなくて本当に良かったですね。世の中には、運が悪かったとしか言いようのない状況で、不幸な目に遭ってしまった人が数えられないくらい居ますからねぇ。
しかし、大地震のその瞬間に、2元的に揺れを体感したのですから、本当に鮮烈な記憶になっているのですね。
Commented by goo~ at 2008-08-02 12:08 x
よねさん、こんにちは。あれっ?今日はフィールドへ出てないんですね?

御岳の地震の事は忘れてたんですよ。地震湖を見ても暫くはボヤッと
してたんですが、頭の中のパズルが一気に埋まったみたいに、一遍に
あれこれを思い出しました。今だに不思議な感じです。
現地の土砂に埋まった広い溪は、大方が林に覆われて新しい植生が出
来てました。土石流が乗り越えた山肌も林になってますが、周囲に比べ
て木の背が低く、「あぁ、あそこを抜けたんだ」と分ります。
一見とても静かで自然に溢れて見えますが、気付いてしまうとザワザワ
と心騒ぐ風景でした。
Commented by よねさん@鱒美 at 2008-08-02 20:55 x
へへへ~(^-^)
コメント入れさせていただいたあと、近所の渓に行ってきました。
手製のちびあまごネットに、ちょっと派手なお化粧のアマゴを入れて記念撮影してきました~。
Commented by goo~ at 2008-08-03 09:41 x
ちゅ〜ことは・・。チビアマゴ、見に行こ。
<< 暑すぎます 「開田の夏休み〜Ⅲ」 >>