「開田の夏休み〜Ⅰ」

関東迄梅雨開けが発表された連休初日、カズさんに誘って頂いていた開田高原での夏休みに出発です。今回の遠征は宿泊から現地情報、一緒に釣らせて頂くエキスパートの方との連絡やアレンジ、更には脚(車)まで全てカズさんにオンブに抱っこで、申し訳ないを通り越した大名旅行。明け方4時に拙宅に寄って頂いて、塩の道〜中央道〜R19という普段とは少し違うルートで木曽に入り、2日間お世話になるプチビラ MTおんたけまでは4時間強の道程でした。到着早々カズさん旧知のyamaaruki world Tさんと釣り仲間のHさん・横浜からのMさんご夫妻との御挨拶もそこそこに、トータス松本をイケメンにした感じのペンションのご主人が煎れてくれた、コーヒーを飲みながら2日間のスケジュール調整。私たちはTさん・Hさんと御岳の南西を釣る事になり、9時過ぎ、ジリジリと陽が焼き出した御岳に向けて出発しました。

どこをどう通ったのか、小1時間でポイント近くに到着。先年の大地震(噴火かな?)の土石流でできた地震湖脇を通った際は、どこがどうなってこれがあるのか全く分らず、ただ自然の脅威に圧倒されるばかりでした。
e0143892_2152739.gif

今は静かに水を湛える湖面には時折小さな波紋が広がり、悠然と泳ぐ魚の姿も見られますが、この水を塞き止めた想像もつかない膨大な量の土砂の下には、いくつもの集落と尊い人命が埋まっていると聞き、言葉もありませんでした。ただただ、合掌あるのみ・・・。
それでも能天気な釣り人は、ポイントへ着くとひたすら上を目指します。
e0143892_2116377.gif

吹き出す汗も日陰ではスゥ〜っと引き、手が痺れる程冷たい水も大層心地良い。下界のストレスが汗と一緒に沁み出して行くのを感じますが、どっこい、魚はシビアです。さすがに渓流釣り銀座、開田高原。最初の1尾が掛かりません。ガイドしてくださるHさんも、小振りな岩魚を釣った後は苦戦しているようです。前になり後になり2時間程釣り上がり、Hさんが早めに諦めた巻き返しに毛鉤を浮かべた2投目に、やっと今日の1尾目が姿を現しました。
e0143892_21254686.gif

野武士のような岩魚、丁度8寸。掛けた直後、岩陰に潜ろうと引き込んだ強力からはもっと大きなサイズを予想させた、素晴らしいコンディションの魚体です。Hさん、私が釣れなくて相当ヒヤヒヤしていたようで、自分の事のように喜んでくれました。私としてはこの魚以上にHさんとの出会いが嬉しい瞬間でした。(良い仲間が釣(連)れたよ〜)
e0143892_2133355.gif

果たしてネイティブかは分りませんが、完璧なワイルドフィッシュ。先月の木曽日帰り釣行でもこのタイプは1尾釣れただけ。たった1尾ですが、満足して川上がりの時間を迎えました。
・・・が、ここでプチトラブル。カズさん・Tさんコンビが集合地点に戻って来ません。別の小沢で時間を潰し(遊ばれました・・)、車の所で待つ事2時間、でも戻りません。仕方なく西野のC&Rエリアで待つことにして転進です。エリアではデカイアマゴが底石でヒラを打つのが見えますが、拙い腕では引っ張り出すのも叶わず、瀬にドライフライを放りながら小さい岩魚を拾っていきます。イブニング前に合流したカズさん達は退渓地点を間違えたとの事、事故を心配しましたが無事で何より。その後暗くなってもドラマは起こらず、木曽の1日目は暮れて行きます。
e0143892_21504387.gif

ペンションで用意してくれていた当日最後のステージは、芝生の庭での本物!飛騨牛バーベQでした。食べて、呑んで、素敵な人達と語り合う頭上には、「明日も暑いぞ〜!」って言うような、澄み切った夜空が広がってました。(ブレボケ写真が残念・・)

(疲れました。2日目は別稿、つづけます・・)
[PR]
by goo_ism | 2008-07-23 22:08 | フライフィッシング | Comments(11)
Commented by よねさん@鱒美 at 2008-07-23 23:10 x
初日一尾、でも素晴らしいコンディションンのヤマト系イワナでしたねぇ。
と言いながらも、おちびちゃんはちゃ~んと拾っていたのですね(^-^)
最高の盛り上がりを予想させてくれるような最後の画像、とっても好い雰囲気です。
2日目の記録、ばか楽しみですわ♪
Commented by カズ at 2008-07-23 23:35 x
gooさん、お疲れさまでした。さすがに味のある釣行記になっていますね。それにしても最後の写真はジオラマ風でなかなか良いです。私のブログはgooさんとできるだけかぶらないようにしますから二日目も頑張ってください(^^)しかしさすがにちょっと疲れたかな(^^;
Commented by goo~ at 2008-07-24 09:14 x
よねさん、こんにちは。
写真の岩魚、強い24センチでした。ランディング後確認したら、バリバス2110って、まぁ細いフックなんですが、そいつに巻いた#14毛鉤のゲイプが開いてました。この鉤でこんな魚は経験ありません。延びかけたフライを見て、思わず笑っちゃいましたよ。
西野川もバカデカイ奴が底石に見えドキドキします。が、あそこは「フィッシュウォッチングを楽しむ所」と心得ました・・・。
それにしても・・・、霜を吹いたグラスのビールと飛騨牛!・・、ヤバイ、また行きたくなって来た・・・。
Commented by goo~ at 2008-07-24 09:33 x
カズさん、お世話になりました〜。写真もありがとうございます。
正直、疲れました。まだ頭にモヤが掛かってる感じ(いつもか?)で、画像の整理も初日分がやっとです。筋肉痛は収束しましたが、右膝はまだ少し疼いてます。そろそろグルコサミン&コンドロイチンのお世話にならなきゃかな?・・・
Commented by fly-tomo at 2008-07-24 19:34
酒良し、友良し、所良しですね。
私は下戸でシャイ、渓流が苦手(歩けない)ですから、こういうお付合いが出来ない。
残念というか、憧れというか・・・何時か行きたいとは思うものの。
写真と文章で楽しませてもらいます。
Commented by 八兵衛です。 at 2008-07-24 20:23 x
 開田も良さそうですね♪
でぶっちょ岩殿は迫力満点ですね!!
先月あの辺りを竿無しうろついていた時も釣り人らしき
車が駐車・徘徊しておりました。
 飛騨牛に蕎麦・生ビールに生大和!!
・・・・・・・エ~ですね・エ~ですね♪
木曽も白い底石が多い処でした
白岩殿は居ませんでしたか~~?
Commented by goo~ at 2008-07-25 13:50 x
Fly-tomoさん、こんにちは。
旨いモノ・旨い酒・良い環境、そして魚も釣りたいです、確かに。
でも、1番嬉しいのは人との出会いですね。tomoさんも「友つり」って言っておられた気がするんですが・・・。魚釣りの腕はあんまり変わりま
せんが、この2〜3年で「友」を釣(連)るのはちったぁ上達した気がします。
Commented by goo~ at 2008-07-25 14:10 x
八兵衞さん、お暑うございます。
御岳も灼熱でしたよ〜。カラッとしてるから日陰に逃げれば辛くないのと、
ウェーダー履かずにウェットゲーターで水に入ったんで何とか耐えられました。
釣り人はいっぱい居ましたよ。多分、魚の数とどっちこっちじゃないかしら?
魚釣りだけなら奥飛騨パライソの方に軍配を挙げたいとこです。

今夜顛末その2を書いてみます。
Commented by yamaaruki world at 2008-07-25 22:08 x
goo~さん、こんにちは。
先日はお疲れ様でした。また、ありがとうございました。(^・^)
素晴らしいFly Fisherとご一緒出来た事を嬉しく思っています。

長野県・岐阜県を跨ぐ御岳界隈はどうでしたか?楽しんでもらえたでしょうか?
素晴らしいロケーションの中にある幾筋もの渓を訪ね歩く事が出来るこの御岳界隈、Fly Fisherなら誰しも魅了されるのではないでしょうか?

また、機会があれば是非、開田高原へお出掛けください。
「プチビラMTおんたけ」オーナーも喜ぶと思います。
私もまたお会い出来る事を楽しみにしております。

釣行画像、メールで送りましたが届きましたでしょうか?
少し時間を頂きますが、discにしたものをお送り致しますね。
ではまた。
Commented by goo~ at 2008-07-26 20:51 x
yamaaruki worldさん、こんにちは。
先日は大変お世話になりました。楽しさ盛り沢山で、まだ消化しきれて
いない感じです。何となく現実に戻れてない・・・、というより戻りたくな
いというべきなんでしょうね。山が沢が、フラッシュバックする感じです。
暫くは近在の渓流へ行こうという気が起きそうにありません。私には麻薬
みたいな経験、折に触れ回帰するだろう流れができました。心から御礼申し上げます。
今回の釣りのエントリーがブツ切れになってるのには少しばかり訳があ
りまして、言葉を捻り出すのに苦労しています。次の次、ぐらいでアップ
してみようと思ってます。

釣行画像、届いていませんでした。サーバーで跳ねられてるんでしょう 
か?残念です。
Commented by yamaaruki world at 2008-07-28 00:05 x
goo~さん、釣行画像が届いていないようですいません。
discにして送りますので暫くお待ちくださいね。
では、また。
<< 「開田の夏休み〜Ⅱ」 大苦戦 >>