釣ってはみたものの・・・

我ながらハイペース、なんて言ってたのに気がつけば1月近く釣りに行ってない。例年通りです。GWはやはり仕事、気が滅入る・・・。

昨日朝、久しぶりによねさんから電話が入る。「源流に向かう途中、例の区間が澄んでるよ!」とのこと。連休の行楽客を当て込んでか、企業も休みで発電量を減らしたか、電力会社もましな時があるようです。何れにしてももう気も漫ろ、何とか仕事をやっつけて出掛ける算段を始めます。タックルは、毛針は、リーダーは・・・、PCに向かいながらも心は川の辺に飛んでいました。

仕事が一段落したのはもう午後4時過ぎ。狙った区間には間に合わない。仕方なく以前1度だけブラウニーで尺上を釣った場所を目指し、渋滞のバイパスを西に向かいました。現地着は5時過ぎ。太陽は山の端に近く、吹き上げの風が川面を嬲る。虫は飛んでません。上流の川原にバーベQの若者が2組、酔ってるのか奇声が聞こえて来ます。(ホントはあの前に入りたかった・・)仕方なく下流へ。少し早いけど、対岸のテトラ際にウェットフライを流し込みながら時合いを待ちます。

釣れない。当たりすら無い。100メートル程の瀬を釣りきり次のプール、さらに下流の流れ出し迄攻めて、生体反応無し。空は雲に覆われて早夕暮れの風情。最初のプールに戻りライズを待ちます。(もうここしか無い)流れに青白い濁りが入って来ました。1人黄昏れてたらやっとヒゲナガがちらほら飛び出し、ヘチで雑魚のライズ。これ以上待っても核心部でライズは出そうにない。流れ込み迄行って頭の浅瀬に立ち込みます。濁りと暗さで足元が頼りないけど、手前の流れをクリアできる所まで行って、小さな銀色の毛針を流芯手前の流れに馴染ませます。竿を掲げてドラッグを避けて1メートル、2メートル・・・。「ムッ」という感じの当たり。竿を送って行くとグングン、それからグ〜ン、外れようの無いストライク。流芯でのローリングは紛れもなく本命、しかも小さくはない。流れから引きずり出すと、存外素直に寄って来ます。暗い水面に白い花が咲いたように見えました。この冬削り直したネットには、凄い幅の本流アマゴが収まっていました。「よっしゃ、尺!」写真を撮ろうにも既に薄暗く、まともにシャッターが降りてくれません。「??」背中に傷。さしてローリングしたとも思えないけど・・。魚体を裏返して分かりました。親指の爪程の穴、鵜に襲われた傷でした。ピカピカの完璧な魚体に不気味な黒い穴を開けられながらも、生きる為に懸命に餌を追った魚を釣ってしまった・・・。冬の天竜で何匹か釣った事がありましたが、シーズン中のフィールドでは初めての経験です。ユラリユラリと川に返っていく魚に向かって、我知らず声援を送っていました。どうにも後味の悪い釣りです。
e0143892_16425791.gif

こんな写真しか撮れないような時間帯まで釣りをするな、ってことも教えられた気がします。(でも、またやるんだよね)
[PR]
by goo_ism | 2008-05-04 16:45 | フライフィッシング | Comments(10)
Commented by アマゴ27 at 2008-05-05 19:54 x
こんばんは!(^^)
尺ゲット!おめでとうございます!
これから、イブニングな季節ですね。(^^)
Commented by カズ at 2008-05-05 20:27 x
gooさんの執念を感じる1尾ですね(^^)
私も3日の帰りに澄んだ流れをみてピクッとしましたが、
キャンプ場も河原も賑わっていたので断念して帰りました。
でもこれからイブニングのちょい釣りに出かけたいと思います。
Commented by goo~ at 2008-05-06 12:08 x
アマゴ27さん
貴兄のフルサイズ、いやオーバーサイズか、凄かったですねぇ。
尺1寸ですか?私もあれが釣りたいんですけどね。

この魚、可哀想でたまりませんでした。本来鳥は大好きなんですが
鵜とカラスだけは好きになれません。何とかなりませんかねぇ。
Commented by goo~ at 2008-05-06 13:56 x
カズさん
執念と言えるのかどうか・・・。ただ、この魚の後体中に纏わり付く虫を
無視して釣ってたら、ブユらしきものに刺されて腕が腫れました。両腕
にまだ2カ所シコりが残ってます。バカですねぇ。

イブニングのちょい釣り、狙って釣果が出せる場所が近くにあると良い
んですが。もっともあったらあったで、私の場合毎日行っちゃって仕事ど
ころじゃなくなるのは目に見えてますから、丁度良いのかも。
Commented by 八兵衛です。 at 2008-05-07 20:10 x
現着5時・・・気合以外の何者でもないすよ。
尺神姫も気合には降伏って処でしょ~!
鵜の傷もある意味勲章かもしれません。
Commented by goo~ at 2008-05-07 22:06 x
八兵衞さん
甲斐の殿に西Kを案内してもらった際、川上がり8時半でした。それ以
来イブニングで遅くなるのに耐性ができたというか。終了7時半でした。
ホントはこんな釣りしたくないんですけどね。帰りは怖くて、コンビニまで
走って自販機の灯りで着替えました。もう一度行きたいんだけど、一緒
に行ってくれる人、居ないかなぁ。

連休は人力2輪車が活躍したのかな?レポアップ待ってます。

Commented by よねさん@鱒美 at 2008-05-07 22:58 x
gooさん、先日はお世話になりました。
雨と魚影の薄さに、集中力を保つのが大変でしたね。
また条件の良い日に、どこかご一緒したいです。
さて、この魚、素晴らしいの一言です。
鵜の攻撃を逃れてきた生命力を感じます。
更なる大物との出会いの時が来るといいですね。
Commented by goo~ at 2008-05-08 21:31 x
よねさん
お世話になりました。あれだけ暗いと、もう私には毛針が見えません。最
近は見えなくても何とか釣れるようになってたんですが、あの流れ、雨
ではお手上げです。上がり際は完全にマジになったんですが、殺気か 
な?、魚は出てくれませんでした。ド近眼&鳥目&LOGANスペシャルフ
ライでもでっち上げなきゃ来年はないかも。トホホです。

本流の魚はやっぱ良いですね。次は完全無欠を釣りたい。火がつきそう
で、ヤバイっす。(報われないんだよね、本流・・・)
Commented by Jeepster at 2008-05-09 08:05 x
gooさん、暗くなったら真っ黒なフライで1・2・3ですよ?
実際魚には白っぽいフライより黒いフライのほうが影的にはっきり分かるとか?・・魚に聞かねば分かりませんがね!
Mt藤さんと先日ホームグラウンドのS川へ行きましたが、彼70パーセントはトラブル直しでした。
自分のロッドとバッティング、蜘蛛の巣、枯れ草、木の枝・・・・?
一人でヤッキリしていました!
おかげで予定ポイントまで到達できませんでした。
間隙を縫い二桁釣らせて頂きました。
最後は得意の1・2・3で3匹ほど。
次の日は八兵衛のガイドで・・・・・!
GWと有り奥も大勢釣り人入っていました。
八ちゃんのブログの矢印で大型出ましたが掛が浅く1・2・3でばれました!
釣り三昧のGWでした。
Pの乗る機会が有りませんでした、東京に戻る日スエンまでほんの数キロ乗った程度でした。
今年はどの河川も虫のハッチが少ないよう?
K川のヒゲナガのハッチが超少ない?
Jeepster
Commented by goo~ at 2008-05-09 08:59 x
Jeepsterさん
イブニング=Jeepsterさん。蒲田の話しを聞いて以来、私の頭の中に
出来上がった構図です。S野川で1・2・3教えてもらいましたが、真っ黒
毛針でやるのね?メモ、メモ・・・。
今年のイブニングはウェット毛針ばっかです。もう見るのは諦めました。
どっちが効果的かは分かりませんが、気楽にはなりましたね。甲斐のY
君のお陰です。イノシシはご免だけど、また行きたいなぁ、西K。
M藤氏、八兵衞氏、ゆっくり会いたいです。宜しくお伝え下さい。
<< 竿を買いました モン様、降臨 >>