自主禁漁開け!

今年のワサビの収穫作業は、GWの始まりから丁度一ヶ月、例年のほぼ倍の長丁場になった。いろんな事情が交錯して、殊にメンタルはキツかった〜。そんな中、3連休を搾り出してよねさんとこっちの南ア詣でに出掛けた。既に一ヶ月前の超旧聞だが、ちょっとした事件を起こしたんで、備忘録ログ・・。
e0143892_18455757.jpg
五月半ばのカーンと晴れた一日。PLフィルターでコントラスト上がってるけど、山も空もホントに綺麗だったよ。この本流河原を渡る時は足取りも軽く、ダム差しのイイ型を夢見て心ウキウキ・ワクワク、まぁ、子供みたいな親爺二人だった。
e0143892_18552074.jpg
チッチェ〜(六寸余)けど、パーの形も数も「如何にも」な大井川のアマゴが、なんて事無い石脇から出て来た。この日は最初で最後のアマゴ、チト寂しい・・。
e0143892_1902831.jpg
こいつもチビだけど、ピッカピカのイワナ。こんなの2〜3つ釣ってから、怒濤のバラシ六連発、更に幾つかスカして気分最悪、頭は沸騰!少しばかり凹んで、沢歩きも雑になっていたようだ。デカ目をまたバラして川辺にへたり込む。(よし、次!)気を取り直して一歩を踏み出したら、靴底のスタッドが引っ掛かったのか滑ったのか、とにかくバランスを崩した。野良仕事で腰痛バリバリ故、念の為とコルセットでギュウギュウに締め込んだ上体には全く力が入らない(アリャ~ッ??!!)成す術無く頭からスローモーションで浅いプールにダイブしてしまった。全身水没で、よねさんが引っ張り上げてくれなけりゃ、いっぱい水飲んでただろう。ベルトの甲斐無くウェーダーの中も水浸し、少し深ければ頭上がらなかったかも。水難事故はこうして起こるんだろうなぁ、なんて、身を以て知ったよ(爆)。疲れてる時は釣りになんか行っちゃいかんな。単独出釣は益々出来ない身体になっちまった、ヤレヤレ・・・。

五月の釣りはこんな顛末の一回だけ。
野良仕事終えてからよねさんと「再挑戦〜!」とていつもの道を上ったが、肝心な山道で無情の通行止め。仕方なくヒルに怯えながら下流の林道をチャリ・アタック、ここでもイワナのイイ型は全部バラしてストレス溜めまくりで帰って来た。翌週末はアッチの南ア下流部をミノーで攻めるも、余りの渇水でスーパー・シビアな反応に打ちのめされた。この日も今日一はバラすというお約束はキチンと果たしたよ(爆)。

翌日は疲れがチョッと心配だった(反省が生きてない・・)が、八兵衞さんと2年ぶりの「神の沢」詣で。数年前の台風で壊滅的な被害を受けた中流部がどうなってるのか、怖いモン見たさの出釣だった。
e0143892_2042730.jpg
台風被害の前年に潜水艦イワナに遭遇したプールは健在だった。あの時は八兵衞さんが乗ってる岩は水中に隠れてたから、30cmぐらいは水位が違う。潜水艦は見向きもしなかったが、透き通るようなアマゴが釣れたな。この沢は渓相の割には魚が少ないのだが、渇水で一段とシビアな反応でどうにか『ボ』逃れで中盤迄来た。(アマゴは釣れたから、今度はイワナね)と、それっぽいポイント中心に毛鉤を入れて行く。例えば、こんなとこ。
e0143892_20162187.jpg
巻きの奥、左の岩の影に黒パラを流し込んで暫し、軽く竿を返したら「ギュギュ~ッ」とバット迄絞り込まれた!
e0143892_20103881.jpg
(ヤッタネ!絶対尺イワナ〜!!)なかなか出て来ないよ。強引を楽しんで(新しい旧SAGE、素晴らしい!)岩陰から引っ張り出すと、ローリングしながら下へ走る。またまた???だ。ネットに受けたのは全てが尖った、カッコいいアマゴ!!イワナみたいなポイントに居た所為か、黒ずんだ肌がカッコいい。鱗に傷付けてゴメン、だな。久々の九寸弱、この一匹で全部報われた気分。こんなのが出ると、疲れも気にならないんだよね。
e0143892_203126100.jpg
上がり際、最後の最後はこのプール。手前に差し込んだ日の光で水底が浮き上がった様、神々しさ一際だったが魚はお留守だったらしくスゴスゴと撤退~(涙)。

さて、暫しのモラトリアム、次は何処へ出掛けようか?
[PR]
by goo_ism | 2016-06-23 20:40 | フライフィッシング | Comments(6)
Commented by カズ at 2016-06-23 21:15 x
何かハプニングがあったらしい事はよねさんのブログから伝わっていましたが、そんなことがあったんですね。お互い注意しましょう。
こちらも2ヶ月振りに出掛けましたが、大回りの上に上流でも通行止めがあり、なんとかイワナの顔をみただけでした。
まだ本格的な復帰は出来ませんが、来月頭に奥飛騨予定です。
またタイミング会いましたら、ご一緒願います。
Commented by よねさん@鱒美 at 2016-06-23 21:23 x
5月一杯の収穫作業、大変お疲れさまでした。
6月に入って、山岳方面へ2度ご一緒いただきましたが、自分としてはいずれも良い思い出になっています。
ダム上の渓では、ちょっとしたアクシデントがありましたが、無事で帰れたのでこれも経験だったかなと思っております。あの辺りの本流では、ずっと以前にご一緒させていただいた際、バラシまくりだったという苦い思い出がありましたが、タイミング次第でそういうこともあるんだなぁと、今回は勉強になりましたよ。
また、通行止め回避の渓でも、そこそこの釣果があったのは有難かったかなぁと思っております。
このところは、梅雨本番という感じの天候になっていますが、明けましたらまた自転車釣行を敢行したいと思っておりますので、タイミングが合いましたら、ぜひまたご一緒下さいね o(^-^)o
Commented by goo_ism at 2016-06-24 08:29
>カズさん
ご無沙汰してます。
ご自宅工事は着々と進んでいるようですね。2ヶ月ぶりの出釣、お疲れ様でした。
こっちの南アのアクセス難は参りますねぇ。急に遠い場所になっちゃいました。
よねさんとの最初の出釣は、ホントに情けない思いをしました。
全身がクタクタでしたが、コルセットで固めりゃ大丈夫と、高を括ってたけど
それが仇になりました。身体が曲がらないと全然力が入らないんですね。
アッと思っても全く踏ん張れない、瞬間(あぁ行っちゃうなぁ)と思ってました。
コマ撮り画像でダイブするのが判って、慌てなかったのが救いかな。
よねさんが引っ張り上げてくれる迄、多分数秒だと思いますが、妙に冷静に水に
浸っていく身体を意識してて(あ~あ、ウェーダーにも入ってきた・・)なんて
内心舌打ちしてましたよ。同時に(これはヤバイかも・・)とも。
水深30cmで人は死ぬと聞きますが、きっとこんな状況なんでしょう。
釣りに行って死んだら家族や仲間に申し訳無さ過ぎるんで、気を引き締め直して
遊ぼうと思いますww(冗談じゃなく)。

奥飛騨も水が増えてて、良型が出てくれるとイイですね。お気をつけて。
落ち着いたらまた同行よろしくです。

Commented by goo_ism at 2016-06-24 09:05
>よねさん
その節は大変にお世話になりました。落水事件は、冷静になってからビビリましたよ。
服脱いで岩に座っていたら、上半身が固まって全く動けなくなってました。
コルセットしてたから気が付かなかったけど、沢登りできる体調じゃなかったようです。
自分の身体と自然をナメテましたね。帽子を流したのを教訓にしていきたいと思います。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました!

再挑戦出釣はチト凹んだけど、気になってた支流の今が見られて、却って良かったかな。
大雪の冬明けの時は大木で埋まってた谷が、気持ちよく開けてて嬉しくなりました。
ヒルに怯えながらの遡行だったけど、アマゴもボチボチ出てくれて楽しい釣りでした。
だけど・・、引っ張り出せなかった巻き返しのイワナは今でも悔しいです。

それにしても朝の一件は、落水と相まって老いを実感させられました(悲)。
迷惑掛け通しですね、最近のおいらは・・。ガンバンベ!
Commented by EJ at 2016-07-07 08:12 x
お久しぶりです。しばらく更新がなかったので心配してましたが
やはりご無事ではなかったのですね。
私も前々回の釣り、というかインジケーターのフィールドテスト
のとき、川からあがってすぐに、足があがらず何かにひっかけて
前のめりに転倒しました。竿を放したので竿は無事でした。手の
平がボロボロになったものの、倒れこんだ下に竹の切り株でもあ
れば、下手すると心臓一突きであの世行きですから、手の怪我だ
けで済んでよかった方だと思っています。
確かに疲れた体での釣りはよくないですね。
ご自愛くださいませ。(でも今はもうお元気なのでしょう?)
Commented by goo_ism at 2016-07-07 16:19
>EJさん
ワサビの収穫作業でクタクタ、PCに向かう気力なく、釣りもお休みしてました。
落水事件は丁度繁忙期の真ん中過ぎ、疲れがピークの頃でした。
最近は何の理由も無く、川辺で滑ったり転んだりが頻発しています。完全に「加齢」
による足腰の衰えですが、EJさんのアクシデントも笑い事じゃありませんね。
健康で帰ってこその遊び、お互い気をつけましょう。
野良仕事が終わってから早一ヶ月、自主禁漁期間の仇討ちのように釣りにいってます。
南アのアマゴ・イワナ達、美しくて愛おしいですよ~。
<< 10年・・15年ぶり、かな? 春の本流、〆かな >>