春の本流、〆かな

雨の合間を縫って野良仕事。春の雨はドサッとまとまって降ることが多く、川が濁ると潅水出来ないから、結構ヒヤヒヤさせられる。雨予報が出たら前日に作業しておかないと、後悔することが多いんだよね。

週半ばに雨マークが付いた。ホントは少しインターバルをおきたいんだけど、水が澄むのは何時になるか判らん。最悪4〜5日のNGを想定しての作業はなんとか午前中で片付いた。(さてと…)昼飯も程々に、ショボつき出した空模様の下、今年二度目の峠を目指して子パジェロに鞭を入れる。後の席に毛鉤の道具とウェーダーをこっそり積んどいたんだ。峠を超えた辺りで、雨は上がった。(ライズがぁ〜・・・)残念、悔しい!加てて加えて、現地では雨の痕跡すら無かった。嗚~呼!
e0143892_1545861.jpg
10日前は咲き誇っていた山桜はすっかり終わり、全山煙るようなパステルトーンに包まれている。深呼吸したらそれだけで健康になれそうな柔らかい色の饗宴、一年で一等好きな季節だ。これでライズが出たりしたら(即イッチャうよな~)と、プールの開きに張り付いて暫し待つ。視界の範囲全部に目を配るが、そう簡単な訳も無い。ユックリと移動しながら瀬からプールへと叩いていった。程なく、駈け下る浅い瀬のカガミをわざとゆっくり=ドラッグ掛けて流したダン色の毛鉤を一匹目が銜えた。15cm程の年越し、肌理の細かい美形だったけど如何せん小さい。同じようなポイントからもう一匹、少しサイズが上がった。
e0143892_15355848.jpg
浅〜い瀬の落ち口で毛鉤を吸い込んだ三匹目は、下の段の流れに乗ってSAGEを気持ち良く絞ってくれた。幅広の20cmクラス、気持イイ!(もうイイやぁ)なんて思ったら、案の定、その後はライズ求めて不毛な行進させられるハメになったよ。ヤレヤレ・・・。

翌日は結構な雨になった。川は30cm程増水して野良は休み更に一日置いて、ミノーイング仲間のお誘いにホイホイ乗って、増水の影響が少なそうな水系に出掛けることにした。道の駅で落ち合って高速を暫し、下道を進む内に見えて来た本流は殆ど雨の影響を感じさせない。ラッキー!
岩を噛む荒瀬からタップリとした深瀬に繋がる、美しい流れにバイラを踊らせて行く。今にもパツパツの美形が躍り出て来そうなんだけど…何も無い、ナッシング。思案投げ首、?マーク一杯になった所で一度流れから上がった。
e0143892_166247.jpg
見つけた時はギョッとしたよ。一瞬(デッケ〜!モンカゲ?)と思っちゃった。側に寄ってハッチ仕立てのトンボだと判ったが、スペース・ホラー映画の怪物(プレデターとかエイリアンとか)を思わせる、少しグロな姿に見とれてしまった。
e0143892_16141119.jpg
アマゴを求めて上へ下へ、幾つかカワイイのを掛けたり見切られたりして楽しんだ。釣友は次々と良型を釣り上げて行く。いつもながらのイイ勉強をさせて貰った。日の光が赤みを帯びて来た頃合いで、プールの流れ込みをトゥイッチしてたバイラに突っかけて来たのは今日一のパツパツ幅広、ピッカピカのアマゴだった。稚魚で入ったか、もしかしたら自然産卵から育った、完璧な肢体のアスリート鱒。嬉しい〆の一匹、これで来月の野良仕事を何とかやり過ごせそうだよ。
[PR]
by goo_ism | 2016-04-18 17:03 | フライフィッシング | Comments(11)
Commented by EJ at 2016-04-18 17:34 x
こんにちは。いい写真を見せてもらいました。
こちらは休日出勤の代休を本日もらったのですが、体がいうことを
聞かずぐーたら過ごしてしまいました。一昨日のまとまった雨で行っ
ても無駄だとは思うのですが。
写真を見るにつけ、ああ静岡だな~って思います。
石の色がこちらと違いますからね。懐かしいです。

ところでパラシュートのポストが上品な桜色に見えるのは光の加減
でしょうか?もしかして特別なマテリアルを使ってらっしゃいます
か?上品で好きです。
Commented by goo_ism at 2016-04-18 18:49
>EJさん
河原は大井川の中流部です。ダムで寸断されてて、水量はいつもチョロチョロ・・。
画像の区間は2~3年前までは常に青白い濁り水が流れてました。地元の悲鳴でやっと
底が見える水になり、嬉しいんだけど以前よりもっと、魚影は薄いです(涙)。
石の色は確かに白いですね。そして大きさが揃っています。先週入った狩野川はもっと
黒っぽくて大小様々でした。地形の成り立ちや水量なんかで随分違うんですね。面白い!

ポストはADWのピンクを白で挟んでます。日に焼けて薄くなったピンクのカーフテイル
のディバイドが一番見えるけど、師匠が簡略化(だけじゃないけど・・)してくれました。
逆光でも程々、白泡でも通常の流れではと~っても良く見えますよ。ピンクは外の白の
半分~1/3ぐらいの長さです。
Commented by よねさん@鱒美 at 2016-04-18 21:44 x
この頃の雨は、急にどさっと降って川を溢れさせ、本当に厄介ですね。
それにしても、雨の合間を縫って頑張ってますね~。
フライでもルアーでも、しっかりと幅のあるアマゴと出逢えたのは何よりかと思います。
これからは繁忙期となるのでしょうか。GWも間近となりましたが、タイミングが合いましたら、また是非ご一緒させてくださいませ。
Commented by EJ at 2016-04-19 06:36 x
大井川ね。どうりで見慣れた風景のような気がしたわけです。
子供の頃毎年キャンプに行ってました。
瀬戸川の石もあんな感じですよね。

パラシュートポストは先端部の方が白く見えたのはそういう
からくりがあったのですね。私も最近のフライで白とオレン
ジの混合でいい雰囲気だったので、今度はピンクも試してみ
ようかと思っていたところでした。参考になります。
ありがとうございました。
Commented by goo_ism at 2016-04-19 08:33
>よねさん
畑を潤す雨ですから、仕事の面では助かるんですけどね。
週末が釣りにならないタイミングの雨が多い気がします。
ミノーの釣りを始めてからは増水が気にならない、ってか
少し高水を望むようになりました。勝手なもんです。
ライズ狙いも、ダム下流で水位は安定したエリアですから
気が向いて体が空いた時にフラッと行けてます。
自主禁漁まで10日になりました。あと一回、出掛けたいっす。
GWは半ばで休めるかも。連絡させて貰います

Commented by goo_ism at 2016-04-19 08:50
>EJさん
大井川でキャンプって・・○木のキャンプ場かな?
もしそうなら見慣れてる筈、あの周辺です。
家族とバンガローに泊まった時、対岸の山を猿の群れが渡って
行ったのをポカンと見てました。良いところですよね。
更に、昔と違って流れる水は随分キレイになってます。
そういえば、温泉もあったな。我が家から一時間です。

このポストは師匠がN.Z.に毎年行ってた頃、イマージャーとして
現地で巻いた毛鉤がベースだそうです。
これは「コーチャン・ダン」て名の、汎用パターンです(笑)。
Commented by 魚絵師 at 2016-04-19 13:28 x
関君のミノーをくわえたアマゴ、良い魚ですねェ~!

姿の綺麗な魚は一匹の価値が違います。

また、絵に描きたくなるような魚見せて下さい。

Commented by goo_ism at 2016-04-19 16:45
>魚絵師さん
サイズは24~5cmでしたが、激烈にキレイなアマゴでした。
魅せられるを実感、吸い寄せられて目が離せず秋まで育ったら、
もう一度逢ってみたいと真剣に思いましたもん。

あと10日で収穫が始まります。これが終わる頃には狩野川本流は
クローズなのが、なんとも残念!再解禁後は山岳イワナ、かなぁ。
また秋にお邪魔する心算です。よろしくお願いします。
Commented by 八兵衛です at 2016-06-04 00:39 x
コルセットどうかした?
体調良ければそろそろおでかけしますか
お爺は今週は日曜・来週なら土日OKすよ~
Commented by goo_ism at 2016-06-04 21:06
>八兵衛さん
先程は電話どうも、ありがとうございました。
色々想定外の出来事が多くてバタバタの一日でしたが、
楽しい釣りでしたよ。
例によって、デカ鱒は全部バラシました!エッヘン!!

コルセット事件は先々週の南ア支流で起りました。
野良仕事で腰と脇腹がバリバリに固まってたので、キツ目に
締めて釣り上がってました。腰は固定されてて曲がりません。
途中の小さいプールでバランスを崩し、ヨロッと・・。
でも胴体に全く力が入らない!曲がるべき所が曲がらないと
全然踏ん張れない、持ち堪えられないと初めて知りました。
そのまま頭から水中ダイブ、全身水没でした。
よねさんが引っ張り上げてくれてどうにか一安心だったけど
2段下は小滝だったから、落ちて頭でも打ってたらマジでヤバ
かったです。大事な帽子を流しちゃった~(涙)。

教訓
1、身体が疲れてる時は遊び(釣り)には行かない
2、単独では遊び(釣り)には行かない
3、遊び(渓流釣り)にはコルセットは着用しない

コルセット、怖いですよ~~。
Commented by goo_ism at 2016-06-04 21:08
>八兵衛さん
書き忘れ~。来週ヨロヨロで~す!楽しみっす!!
<< 自主禁漁開け! 五分咲きぐらい >>