五分咲きぐらい

e0143892_6383179.jpg
ナンカ、やっとという感じで桜が咲いた。山間に暮らすと、顔をどっちに向けても白い花の塊が目に入る。爛漫の春、心浮き立つ季節ですね。

週の半ばのイイ雨は、花を散らす相当量の降りになった。国交省の河川情報のHPの水位テレメーターが使い物にならなくなって、川の状況が読み難くなったが、狩野川の「現在の」水位だけ確認、(イケルッショ!)とて夜明け前の新東名に載った。子パジェロに鞭を入れるも、エンジン音が煩くて90km/hが精々…。修善寺の橋迄は2時間の行程だった。川を覗き込むと、少し濁ってる。フライは厳しそうだがミノーには丁度良い加減の水色に、既にデカ鱒釣った気になってバタバタと支度したよ。川辺の葦に踏み込むと(!)凄い数のムシが飛び立つ。丁度一月前にここを釣った時とは水辺の生命感が段違い、今はマダラカゲロウ系が中心か、正に盛期を実感する。平水から15cmばかり高い薄濁りの荒瀬、本流差しの期待でワクワクしながらミノーを踊らせていくが…反応は無い。全然、絶えて全く、皆無にして絶無!小一時間で終点の通らずプール迄来てしまった。(ココが最後かぁ)一度深呼吸して、対岸の崖から落ちる小滝の周囲にバイラを踊らせて行く。『!!』
e0143892_873245.jpg
少し沈めてシェイクしたミノーを抑え込む感触から、繋がった!糸の先の命はグリグリとローリングし、一度はプールの下流目指して走った。2〜3度遁走をいなし新作本流ネットに掬い取ったのは、尺には届かないがミッシリ詰まった鱗がキレイな狩野川の精。ローリングで付いた傷に胸が痛むが、やっと出てくれた嬉しい一匹だった。車迄戻ると「現地でお会いしましょう!」と約束していた魚絵師さんが丁度到着、一月ぶりの握手を交わして2人で下流のプールを目指した。
e0143892_8273727.jpg
対岸の桜並木がキレイだったよ。今にも竿が曲がりそうな予感にドキドキしてカメラのディスプレイを覗いていたが、ついぞ当たりがないまま時間が流れた。…転進。
e0143892_8384588.jpg

本流を上に向かい石が適度に連なるお気に入りの荒瀬に入る。頭のすぐ上に、鵜除けの糸とキラキラ(?)が縦横無尽に張り巡らされていた。先日魚絵師さんが入った際に丁度作業中だったとか。鵜に対してどれだけ効果があるのかは知らないが、釣り人の意欲を奪うという意味では抜群の仕掛けだね。結局ここは水位が高過ぎてアマゴが居着けなかった様で、無反応のまま撤収。再転進だ。
朝は濁りがキツめだった支流が澄んできていた。これ幸い、早速中流部の瀬に向かう。そこはとても美しい流れになっており、土手では重そうに花を抱いた桜が盛りを告げていた。堰堤の下の流れ出しに立ち込んで、目の前の流れにバイラを投げ入れる。
e0143892_8514040.jpg
狩野川アベレージ、一投目で出てくれた一匹。朝から暫くぶりの生態反応で嬉しかったな。堰堤を越して瀬を細かく区切ってミノーを通して行くと、「あそこは竿抜けでいつも居るよ」と魚絵師さんが教えてくれた深瀬から、結構なサイズが追って出て、掛かって、バレた!「ギラン!」と返った影は25cm程か、イイ魚だった。フックを確認すると僅かに甘かった、残念・反省〜。

今年初めて明け方から川を歩いた我が老体は、昼過ぎには腰が悲鳴を上げ、程なくアクビが止まらなくなった。ガソリン切れ~!本流の土手に寝転んで暫し昼寝、目覚めると午後二時だった。もう充分、気持ち良く帰路につけたよ。
この日の釣り、毛鉤だったらもっと満足感が高くて八分咲きぐらいだろうなぁ。ミノーだと…感覚的に五分咲きってところか。野良仕事佳境の前に、もう一度行きたいな。行けるかなぁ?微妙〜。
[PR]
by goo_ism | 2016-04-11 09:29 | 鱒釣り(・・・ルア〜) | Comments(8)
Commented by 魚絵師 at 2016-04-12 11:53 x
お疲れ様でした。
雨後の増水のタイミングを狙っての釣りでしたが、想定していた水位よりやや高め、更に濁りも思いのほか強すぎ、、、。
もう一日後だったらもっと魚の反応が良かったのではと、今になってから思っています。

例年だと冬場下降するはずの駿河湾の水温が下がりきらず、結果、海に下りたアユの稚魚の生息に悪影響が出て、春に入っても狩野川に遡上する魚影が少ないとの『確かな筋』よりの情報も得ています。

これからGWに向かってどう推移していくのか、気になるところです。

Commented by goo_ism at 2016-04-12 13:40
>魚絵師さん
お疲れ様でした。午後から教室があるのにお付き合い頂き、感謝致します。
タイミングとしては、「デカイの一発狙い!」には良かったんじゃないでしょうか。
今回は遭遇出来なかったけど、通い込めばきっと叶う、そんな気がしました。
ただ、もう一日後だったら数は少しは多く獲れたかも知れませんね。

今シーズンは、去年と比べて本支流とも明らかに魚影が少ないですね。
去年の好調は多分にイレギュラーで、例年並みってことかもしれんけど・・。
それでも一昨年以前の2~3年よりは随分マシになったようです。
数が少ない分、少しだけサイズが好いような気もします。
ワタシは春の狩野川は、残念ながら多分これで終わりです。
この後の推移をブログに上げて貰うと、外からでも楽しめます。
よろしくお願いしま~す!
Commented by EJ at 2016-04-12 21:53 x
見事な魚体です。すばらしい。
パチパチパチ。目の保養になりました。感謝です~。
Commented by goo_ism at 2016-04-13 21:05
>EJさん
こんにちは。
写真に魚の生命感や美しさを写し取るのって、ホントに難しいですね。
レンズについた水滴にすら気付かなかったのだから、情けないです。
ド近眼&強度の老眼、近くも遠くもまともには見えない二重苦です。

写真はダメダメでも、魚はパツンパツンの銀の延べ棒、見事でしたよ~。
狩野川本流ならではのアマゴ、こんなのをフライで釣りたいですねぇ。

今日も野良仕事の後、帰路にチョロっと、大井川を叩いてきました。
キレイなチビアマゴが3つ。楽しかった~。
Commented by 八兵衛です at 2016-04-13 21:23 x
本流は顔つきがチト違いますね(^^)/
エエ面構えです。
子パジェロ100きついですか?
こちらもK箱になりましたが100はきつそうです(^^;

Commented by goo_ism at 2016-04-13 21:38
>八兵衛さん
本流モン、エエですねぇ。ボリューム感がたまりません。
ただ、この子はミノーが引っ張ってきてくれた一匹なんですよねぇ・・。
この日の水位では毛鉤はお呼びじゃなかったけど、次回はSAGEで。
・・・でも、春の狩野川はもうお終い~。次は秋かな。

高速で90キロ/4000rpm・・・喧しくて巡航はこれが限界っす。
速度違反で捕まる心配がないのが取り得・・ってかぁ!
Commented by よねさん@鱒美 at 2016-04-16 08:16 x
桜の季節も、すでに過ぎ去りつつありますね。
先週の雨は結構な量だったので、土曜日に南アルプス方面に行きましたが、思った渓は大増水でした。
狩野川も15cm増水とのことですが、写真ではちょうど良い感じに見えます。ルアーには持って来いの流れですね。
上のアマゴは、もう少し育てばサツキとなるヤツでしょうか。良い顔つきしていますねぇ。
鵜の対策に、漁協さんも頭を悩ましていることと思いますが、フライフィッシャーには厳しそうな仕掛けですね。鮎釣り師にも邪魔な感じがしますが、どうなんでしょう。
Commented by goo_ism at 2016-04-16 08:54
>よねさん
実は昨日も出掛けてました。桜は名残の数輪が風に揺れるばかり。
赤いガク(軸?)も悪くはなかったけれど、桜はお終いですね。
狩野川の土手の桜も、もう葉桜かなぁ・・。

水量は問題なかったです。過去にデカ鱒を(友人が)出した時と
大体同じくらい。でもフライだったら本流筋は完全お手上げで、
支流の上のほうに逃げ込むしかなかったでしょうね。
まあ、それはそれで充分楽しかったとは思いますが。
写真のアマゴは本流居付きの魚ですね。まずまずキレイでしたが
稚魚からじゃなく一年魚で入った育った個体だと思います。
銀化してキレイだけど野性味があまり感じられなかったです。
贅沢いう心算はないけど、次はこんなのを毛鉤で釣りたいです。
<< 春の本流、〆かな SAGEで初本流〜 >>