SAGEで初本流〜

前々回の「グワン」のヘマに懲りて、普段使い、ってか『90%はこればっかフライ』を一通り巻き直し終わった。黄、グレー、茶、黒の4色に割り切って、#12〜#18各サイズ数本づつ。インディケーターも化繊に統一して極力同じバランスに巻いたつもりの、ホントにど〜ッてこと無いパラダンのボックスが出来上がった。ロスしたり針先が甘くなった分だけ補充すれば御の字、こんなお気楽が何処迄通用するか、お楽しみですよ。

暖国静岡なのに、花冷えが続いた所為か近在の染井吉野は未だチラホラ。それでも満開が近い筈の山桜が見たくて、地元本流の中流部に向けて峠を越えた。靄に煙る山のあちこちに今を盛りの白い塊が見える。山が笑い始めていた。(今年も見られた…)しみじみ嬉しかったな。
e0143892_1340255.jpg
入渓予定の河原には先行車があり、仕方なく移動して入ったのはこんな所。数年振りの河原は以前22〜3cmのアマゴのライズを楽しんだ(翻弄された?)ポイントだったが、申し訳程度の放流アマゴに遊んで貰ったばかりで、程なく魅力の無い渓相になった。パスして上迄歩くか、転進するか、悩んだ末先行者が上がったのを期待して移動したよ。坂道を下りて行くと終点近くで件のSUVとスレ違った。窓を開けて尋ねる。おいらの入りたかった辺りは触ってないと聞いて、再び新しい「古いSAGE」握りしめて、ほくほくとゴロタの河原に踏み込んだ。
瀬を叩いて行くと、チビだが肌のキレイなアマゴが新規の毛鉤に飛びついて来た。2つ、3つ…、もう少しサイズを上げたいなぁと思って見上げた上の段の開きに「ポチッ」って飛沫が上がった。足元に注意しつつ躙り寄ると、芯の向こうに別の飛沫、2つ居る!2〜3分毎に「ポチッ…ポチッ」とやっている。先ずはと、ここ迄釣れてたグレーの毛鉤で様子を見るも、反応は無い。別のライズも「……」目に付くのは中型カワゲラ、小さなカゲロウ、ユスリカぐらい。毛鉤を変えようとフライボックスを取り出すと、目の前を黄色い中型のカゲロウが横切った。(ヒメヒラタ!?)#14の黄色い毛鉤に結び変えて次のライズを待って位置を確認、ティペットを畳んだまま慎重にレーンに入れた。
e0143892_14364633.jpg
ネットが新作の本流サイズだからなんとも間抜けな絵面だけど、「ポクッ」って感じで毛鉤を消し込んだのは丁度8寸、パーが薄めの如何にもこの川らしい見慣れたアマゴだった。#3のSAGEを気持ち良く絞るファイトで怯えたか、もう一つのライズは止まってしまった。帰りにもう一度覗くことにして、瀬に踏み込みドリフトに専念してみる。
e0143892_14483065.jpg
程なく毛鉤を銜えたのは先程よりチト小振りながら、パツパツボディの美形〜。乱れたパーの魚が多いここでは珍しい、小判を並べたような白い肌が眩しかったよ。魚が出るのは早瀬ばかりでプールは沈黙してたが、なんとかアマゴらしいサイズに出逢えて嬉しかったな。帰りの件の開きでは、チョット神経質なライズで小振りな1匹が見送ってくれた。いいお土産貰って、とってもイイ気分だったよ。
e0143892_14572162.jpg
車を停めた河原の広場では、真上の山桜が満開だった。ウィンドウとワイパーに散り掛かった花弁を拭うのが、何となく勿体なくて延々とそのまま走って帰った。イイ一日!
[PR]
by goo_ism | 2016-04-04 15:16 | フライフィッシング | Comments(8)
Commented by よねさん@鱒美 at 2016-04-04 21:37 x
いやぁ、本当に良い一日でしたね。
鬱蒼とした小渓ばかり入っているおいらには、広々とした河原でのライズ狙いなんて、随分贅沢な釣りだなぁと思いました。
それにしても、パラダンのボックスが出来上がるくらい巻くなんて、聞いただけで肩が詰まってきそうです。
おいらも日曜日の朝に、テールさえ省略した16番の黒パラを6本巻きましたが、気持ち悪くなるくらいに首肩が凝ってしまいました(滝汗)
Commented by カズ at 2016-04-05 00:22 x
地元本流で入魂できましたか、良かったですね。
今はあちこち本流でライズがある時期ですね。
凄ーく行きたいのですが、引っ越し準備に入ってしまい、動き取れず( ; ; )
なんとか1日はと思っているのですが。
gooさんはそろそろ忙しくなるのかな。
Commented by goo_ism at 2016-04-05 09:32
>よねさん
今シーズンは富士川本流が不調だってことで、こちらへ出掛けてみました。
以前は青白い濁りが薄まった、ほんの一時のポイントだったんですがね。
当時からみると劇的に水が良くなってます。ただ、魚は激減で残念!ながら
何年振りかの癒しポイントのライズは嬉しかったですよ~。

約60本でした。毛鉤巻きに真剣になったなんて、これも随分久しぶり。
T・ループ閉店でフックが手軽に買えなくなったので、今回はMARUTOから
TMC100相当の太軸を取り寄せたけど、これで延びでバラシは無くなるかな?
(ヘボの言い訳がひとつ出来なくなったとも、言えますが・・・)
終盤の本流ライズゲーム、如何ですか~?
Commented by goo_ism at 2016-04-05 09:50
>カズさん
本流は四の五の言わずに4番のSAGEだったけど、投げても精々10mだから、例の3番で
全然オッケ~でした。魚掛けてからの面白さが全然違うんですね。3番ラインの軽さと
竿の返るスピードの遅さにまだ身体が馴染んでないのが玉に瑕だけど、嵌りそうです。
昼間にライズが出てる内に、もう一回は出掛けたいんだけど・・・微妙かなぁ。

いよいよ引越し準備ですか?大変ですねぇ。
ワタシの方は月末から一気呵成。ほぼ一ヶ月自主禁漁故、それまでに精々行っとかにゃ~。

Commented by EJ at 2016-04-05 21:42 x
素晴らしいプロポーションですね。
ネットが巨大でも、竿やリールと比べれば魚の立派さがよく
分かるというものです。わたしもこんなの釣りたいなぁ。
goo~さんのセージに触発されて、新しい竿をいろいろ
調べてます。買うまでの悩んでいる時間も楽しいみたいです。
Commented by goo_ism at 2016-04-06 10:03
>EJさん
体高があって、良く引く、なかなか良いアマゴでした。
恐らく稚魚放流されて、一年この川で育った魚だと思います。
最初に入った区間は、漁協が最近放流したらしき、肌理の粗い
アマゴでしたが、ここは放流車が入り難い場所で、あまり多く
は望めそうにないけど、きれいな魚体が多かったです。
ミノーの釣りを再開して以降、暫くぶりの春のライズ狙いでした。
ライズの釣りの面白さは、やっぱり格別ですねぇ。痺れましたよ。

GⅡのLL、とても良いですよ。
最初竿のスピードに慣れず時々ループが緩んだけど、何とかなりました。
同じ型番じゃないけど、GⅢ/LLとは全く別のアクションみたいです。
どっちも良いなぁ、どっちも欲しいなぁ、なんちゃって・・・。
気に入った道具って、手に入れるまでの時間が一番楽しいですよね。
どんな竿を選ばれるのか、楽しみにしています。
Commented by 魚絵師 at 2016-04-07 17:56 x
人家が川の両岸に常に見えている処で釣りをしていると、
goo~さんのブログに出てくる自然や四季が常に眼前に広がっている様な川で、
たまにはロッドを振ってみたくなります、羨ましい。
手つかずの自然に抱かれる感、、、、が良いですね!

里川より、きっと一匹の価値観が違うんだと思いますよ。
Commented by goo_ism at 2016-04-07 18:52
>魚絵師さん
画像では人家を省いてますが、山間集落が点在する本流です。
ダムでブツ切れなので、心寂しい区間も随所にありますよ。
同様の条件でも、南会津のような所もあるのに、悔しいですねぇ。
文句ばかり言っても詮無いので、精々楽しもうと思いますが・・。

さて、イイ雨が降ってますね~。
明日の朝はお互い竿を振ってる筈、お会い出来たら幸いで~す。
<< 五分咲きぐらい 再確認の予定だったけど… >>