魂入った、のか・・??

長年の妄執がやっと叶った竿の、最初の出番は伊豆大河の川辺と固く固く心に誓ってたのに…。
「天城も箱根も真っ白だよ〜!この冬一番だね。」って、魚絵師さんからの電話は、出釣前日だった。丁度一週間前の好釣情報で、入る沢の入る区間迄イメージして準備してたんだよ。まさか雪代の流れを釣る勇気はなく、カズさんとの2回目の狩野川出釣計画が、また流れてしまった、嗚呼…(涙)。
e0143892_10323040.jpg
この画像見れば判る人いっぱい居るだろうな、替わりに地元の支流に潜り込んできたよ。カズさんと相談した幾つかの候補の内、気持ち良くラインが伸ばせる広めの流れを選んだ。この堰堤は釣り上がりの最終地点、ここから川通しに戻る。
ここまでの釣果は…。
e0143892_10443845.jpg
こ〜んなチビちゃんがポツポツ、毛鉤にムシャぶりついてきてくれた。前々日の雨で程良い加減の流れは、底石も磨かれて凄く気持ち良い。今シーズン3回目の川歩きで、怠けた身体も漸く目覚めて来た様子だ。川歩き・ハイ、とでも言うか、とにかく気持ちイイ。
e0143892_10552386.jpg
懸案のSAGEの竿下ろしとしては、魚も釣り人もチト心許ないんだけど…。公園で振り込んで(なる程ね)なんて判った積りだったけど、#3ラインの浮遊感と竿の返りのスピードは、GⅢ/4番LLのチャッチャ感に較べて、釣り人が慎重にならにゃとでも言うのかな、少し慣れが必要と判ったが、やったね!初めて<使える、その気になる#3ロッド>に出逢えた!
e0143892_11163559.jpg
行程の2/3ぐらい釣り上がった、なんて事ないポケット状ポイントに投げ入れた毛鉤に、鱒が出た。なんて事なく竿を立て、なんて事なく寄せに掛かったら、なんて事!真っ赤な婚姻色が「グワン!」と反転したよ。一瞬バット迄絞り込まれて直ぐ、竿は生命感を失った。(グゥワァ〜〜!マタ、ヤッチマッタ!!イッタイ、ナンドメダ〜!!!)頭抱えて、思わず声が出た。繁殖に参加しても生き残る鱒が居ると聞いた事があるが、まさか毛鉤に出るとは…。悔しくて情けなくて、自分を呪う言葉しか出て来ない。気を取り直すべく毛鉤を見て、やっと事態が呑み込めた。で、少し平静に戻れたよ。TMC100と5230の間を求めて選んだ、MARUTO/d24の#16がキレイに延びていた。なんて事はない、おいらの負け!鱒の勝ち!!
狩野川とは少し味わい違ったけど、SAGE万歳だぁ!!!
(去年夏の終わりに野良仕事で剥がした親指の爪、半年で再生したけど、なんとも汚いなぁ・・(涙)。元に戻るんだろうか?)
e0143892_11414618.jpg
グロ画像になっちゃったかな、こんな季節なんですね。今年も川辺は生き物に溢れていて欲しいもの。川の番人として、同好諸氏の皆さん、釣りに行きまショイ!
[PR]
by goo_ism | 2016-03-21 11:52 | フライフィッシング | Comments(6)
Commented by カズ at 2016-03-21 12:29 x
グワンの魚体、見てみたかったですね。
でも、あんなのもやはりいることが確認できただけでも収穫でした。
今年は久しぶりに、あの川をジックリやってみようと思います。
でも、次こそ伊豆の渓に立ちたいですね。
Commented by goo_ism at 2016-03-21 13:28
>カズさん
マジで、ビックリでしたね。
まさかの魚が、まさかあんなに然も無いポイントに居るとは・・。
いまだに起きた事が本当だったのか、釈然としない感じです。
サイズは今一判らないんですよね。フックを見てビビリました。
私は毎年必ず何度か、こんなヘマをやらかします。
某田さん曰く「ヤマする」んだそうです。(チクショ~!!)
悔しく、哀しく、情けないけど、・・・抜け出せません!
Commented by EJ at 2016-03-21 23:59 x
いい釣行記でした。まるでその場にいたような気持ちにさせられて・・・。
LLのオリジナルはやはり美しいですねぇ。それに伸ばされたとはいえ
ヘアウイングのパラシュートも美しい。逃げた大物の画像は次回の宿題
ですか?楽しみにしていますよ。。
Commented by goo_ism at 2016-03-22 09:30
>EJさん
ありがとうございます。
最近はブログにアップできるような事が少ないんですよ。
魚が釣れない、面倒になった・・単に歳を取った所為かも。
「感性の畑に水を撒け!」尊敬する先輩の言葉を、再確認です。

LLは良かったですよ!
#3ロッドは何本も持ってるけど、殆んど使わないです。
#4ラインのドライブ感が好きで、#3は心許なく感じてたんですが
GⅢより遅くて柔らかいGⅡは、#3ラインの加重にピッタリでした。
使いこなすには、もう何度か川に足を運ぶ必要があって、楽しみです!
フライに関してはイイ経験でした。こんな悔しい思いは、もう沢山・・。
フックを替えて、常用毛鉤の巻き直し始めました。狩野川では泣きを
見ないように、多少下品でも丈夫なフライに仕上げるつもりです。
Commented by よねさん@鱒美 at 2016-03-22 21:28 x
3月に入ってからの寒さの戻りは、なかなか厳しかったですね。箱根に雪が降った話は聞いていましたが、天城もそうだったとは。
カズさんが「いい川」として紹介されたこの支流、おいらはこれまで良い結果が出せていませんが、ポテンシャルは高い川ですね。冬を越した婚姻色の良型が出たとは、びっくりです。これは是非、再会の算段をしなければなりませんねぇ。
愛しきロッドに、小さいながら魂が入ったのは、おめでとうございましたと言ってよろしいですよね(^^;
Commented by goo_ism at 2016-03-22 22:00
>よねさん
最初に出釣を予定した三月二日が氷点下、今回も不安的中の寒波でした。
それにしても、伊豆の雪には参った!よくよくツイテナイですねぇ。
でもカズさんガイドで始めての堰堤まで確認できて、結果オーライでした。
以前土砂で埋まってたのを見てるんで、回復具合が嬉しかった~。

「グワン」の魚は取り立てて大きいとは感じませんでした。
フッキング直後浮いた時の目測では、尺に絡むかな?といったところ。
サビと言うより、明らかに婚姻色だったと思います。ああいうアマゴ
はこれからどうなるんでしょうね?生き残れるのを祈りたいです。

新しい「古いSAGE」、絶妙でした!今シーズンはコレで行きます。
ベーシック毛鉤も少し強いフックに巻き直して、総入れ替えです。
次回こそ狩野川、何とか実現させた~い!


<< 再確認の予定だったけど… 解禁してきた >>