やっと、手に入った~!!

欲しくて欲しくて、長いこと捜した竿が先日手許にやって来た。
e0143892_1793925.jpg
SAGE379LL、グラファイトⅡ版だよ。捜し始めたのは、多分21世紀に入ってから。SAGEのラインアップからはグラファイトⅢのLLすら消えていたかも知れない。当時の愛竿は同社グラⅢ・486LL。クリスプ&スムーズ、なんの文句もなかったんだけど…。しなやかを求めた他合いも無い欲求は何時か妄執となり、何年かヤフオクや仲間の情報網を頼りに捜し求めたんだけど、行き当たらなかった。結局そのカタルシスはScottのジャパン・スペシャルとなり、GⅡの379LLは諦めの対象、封印した竿になった。

出逢いは突然だったよ。北関東の激!コアなプロショップのUsedの一画に、それは在った!見た途端に心臓ドキドキだったが、一度冷静になろうと(何の意味が?)サイトを移動した。でも15年余で、初めて出逢った片思いの相手だ。5分後には『注文する』のポチを押していた。どうやら他にも購入希望者が居たらしく、タッチの差で手に入った様子。その方にはホントに気の毒な事だった。ゴメンなさいね…。

さて、Used品と言え、件の激!コア店主様のお墨付きゆえ、それはそれは上等な品でしたよ〜。バットに僅かな擦り跡が数カ所のみ、サンディングされたグリップはコルク痩せして長期間の保管=不使用が見て取れた。大事にされてたのが、一目瞭然!コルクを水研ぎしてブランクを拭き上げたら、一層キラキラ輝き出したのは欲目だとしても、こんなに心躍る経験は久しぶりだった。今シーズンの狩野川はFF出釣が増えるだろうな。ミノーイングとどうバランス取るか?
ウゥ〜〜、悩ましい!!
[PR]
by goo_ism | 2016-02-06 19:49 | フライフィッシング | Comments(8)
Commented by EJ at 2016-02-06 21:51 x
そんなに持ってないくせにセージファンの私としては興味津々の竿です。
一般的なグラファイトとしてはIM6とかいうのがひと昔前のしなやかな素材
ということのようですが、GⅡもそんな感じなのでしょうか?
それにしても7フィート9インチの3番なんて、すばらしいスペックですね。
Commented by goo_ism at 2016-02-06 23:27
>EJさん
私の手持ちはGⅢとGⅣばかりですが、GⅡはIM6のようですよ。
サプライヤー次第では、「違う!」ってなるんでしょうが、まぁ、そんなとこらしいです。
個人的に好きな竿を上げたら、この時代に集中するのに気付きました。
(筆頭はW・パウェルの「シェスタ」っていう、佐々野で入れてた#6~7の竿かな)
普段使いは#4なのでスカスカするかとチト不安だったけど、諌められるような感覚です。
チョット投げてみた感想は、「こりゃあ、レファレンス・ロッド」でした!
今年の狩野川は竿に教わりながらの釣りになりそう。楽しみです!
Commented by EJ at 2016-02-07 12:46 x
ちゃんとしたメーカーのロッドだと、投げられなければ自分が悪いということに
なるので、どこが悪いのかなと考えながら練習できるからいいですよね。
逆にわけのわからないメーカーの安物モデルの場合、腕以前にロッドアクション
がおかしいんじゃないかって疑心暗鬼になったりして(笑)。
LLと一緒の大アマゴの写真を期待しています。
Commented by goo_ism at 2016-02-07 14:38
>EJさん
#3ラインの負荷をキチンと伝えてくれて、投げてるだけで楽しい竿です。
GⅢのSAGEとは大分印象が違いました。今はこっちがイイです。
組み合わせるリールをなんにするか・・。暫くは楽しい悩みです。

PS:大アマゴは拙には無理だと思いますが、ガンバッテみようかと。
   先ずは新しいネットをでっち上げることにします~ww。
Commented by よねさん@鱒美 at 2016-02-08 22:17 x
15年もの間、恋い焦がれていたロッドが手に入った嬉しさは、格別のものだったでしょうね。
そのスペックでしたら、オクシズの尺イワナ狙いにも活躍してくれるのではないでしょうか。
それにしても、ネットショッピングでなければ、こういう出会いはなかなか巡って来ないと思います。
そういう意味では、ありがたい世の中になったのかもしれませんねぇ。
解禁まであと3週間となりました。今シーズンも、渓にご一緒いただければ幸いです♪
Commented by goo_ism at 2016-02-09 11:00
>よねさん
最初はただ何となく、欲しいナァ~、って憧れ程度だったんですよ。
でもSAGEがGⅡって素材でLLシリーズを作ったはホンの短い期間で、
しかも売れ筋外れた竿だったようです。もっと長い389LLはヤフオク
なんかで結構な数が出てたんだけど、379はGⅢ判も殆んどなかったです。
そうなると余計に欲しくなるけど、無い物はナイ・・。残念!諦めました。

この竿はヒロリンの知己のアクロポリスさん経由でした。HPで画像見た瞬間
ドッキドキ!(冷静になれ、冷静に・・)なんて自分に言い聞かせてたのが
後で思い返して可笑しくってなりません。この竿のお陰で、今シーズンはFF
へのモチベィション上がりそう。とっても幸せな買い物でした。ツイテます!

Commented by カズ at 2016-02-14 22:58 x
遅めのカキコになってしまいまいましたが、探していたものに出会えるというのは、とても意味のあることですね。
ロッドは人により好みがあるものですが、それでもメーカーはシロウトでもキャスティングしやすいとか、楽に遠投できるとか
そういう方向で作るようになりましたから、売れ筋はずれになるのもGⅡの場合、わからない気もします。
そんなメーカーの思惑から外れて、自分の欲しいロッドに出会えるというのはいろんな点で良かったといえますね、
釣り師はわがままですから、それに100%合わせていたら、メーカーは成立しないでしょう。
ですから、私たち釣り人は、作られたものの中からいかに自分にマッチしたものを探し出して手に入れるかが
重要かつ意味のあるロッド購入になるということだと思います。
自分も20本以上購入した中で、満足しているのは2本かな(^^;
ただし、使いこなせていない場合があるので、ロッドが悪いわけではありません(^^)
Commented by goo_ism at 2016-02-15 15:51
>カズさん
モノの値打ちって、人によって大違いですね。我ながらアナクロ人間だナァ、と失笑の態・・。
SAGE大好きだけど最近の竿は全然判らないし、新製品にも殆んど興味がありません。
浮かれてたら、友達繋がりで往年のSAGEカタログを送って下さった人が居て、感激しています。
ページをめくる度に、今よりもユックリ時間が流れてた時代の空気が流れて来るようです。
竿が手に入った喜びだけじゃない、人の繋がりの妙も教えて貰えて、今シーズンの釣りが凄く
豊かになった気がする稀有の経験でした。アクロポリス村島さんにも大感謝です。

お気に入り渓流用ロッドは数本あるけど、毎年必ず出番があるのは3本かな?
自宅待機の何十本か、勿体ないですねぇ~・・・。
<< やっと、手に入った!…その2 大寒の桜 >>