台風一過、の筈が…

週末の台風は、幸いな事に静岡には然したる影響もないルートで日本海に抜けた。被害に遭われた方々には申し訳ないのだが、温室に実害無く済んでホッとしたこと…。毎回台風には胆を冷やされる。

「台風一過の日本列島は抜けるような青空の下、熱中症に云々…」なんてニュース・ショーのお天気キャスターの能天気な解説付き/掛け値無しの好天が一般的だと思ってたんだが、今回は全然違った。連日通り雨みたいな驟雨が降り続く。増水が更に酷くなる程でないのが救いだが、鬱陶しいったらない。唯一午前中だけ天気が保ちそうな週半ば、夏休み中のよねさんから湧水出釣のお誘いを貰った。この好天を逃すと後の野良仕事が著しくズレるんで、泣く泣く辞退したんだが、2日後の山岳支流の再度のお誘いには魚止め滝のイワナ宜しく、大口開けて飛びついたね。朝から降りみ降らずみ、強さを変えてフロント・ウィンドウを叩く雨の中、よねさんのステップWGNでこっちの南アを目指す。途中覗く本流は茶色の水をたぎらせて(帰れ!帰れ!)って叫んでるようだったけど、釣り欲満タンの2人は何処吹く風~。でも目指す支流の本流(?)の一段と濃い土色を見た時は少し萎えたな。勇を鼓して車止めで身支度、カッパを着て滑る斜面の踏み跡を辿って河原に下りる。細流の澄んだ水と濁り水の合流を見て俄にヤル気満々!遡行開始すぐ、先行でヘチを攻めてくよねさんの竿が大きく曲がった。最初からイイ型のイワナだ。(もう一匹…)同じ筋を流す私のゴミフライにも一回り小さいヤツが飛びついた。が、寄せて来る内に、ハズれた!(1尾目をバラすと1日中〜)て嫌な予感が頭に浮かぶ。雨は強くなったり弱くなったり、気温低めで眼鏡が曇る事がないのは助かる。澄んだ方の小沢を叩きながら上る。意外な事に沸き立つ白泡の中から毛鉤に飛びつく魚が居る。小振りな何尾かを掛けたりスカしたりして50m程上る。「先月の尺はあの切り株の向う」よねさんのアドバイスの通りに、泡グラの切れ目に毛鉤を入れて一流し、二流し目・・、予想外にデカイ影がフイに毛鉤を消し込む。
e0143892_12461689.jpg
30CMのネット縦内径ジャストの良型イワナ。赤竿が手許まで曲がったよ。尾ビレの上隅が僅かに欠けてて、よねさんが釣った件のイワナと同じ個体だと教えてくれた。緊急避難的小沢の釣りはこれでキリ、そっとリリースして林道に上がった。別の支流を目指す道すがら、目についた濁りの薄い沢をホンの50mばかり、左右に分かれて攻める。ポツポツ出て来るよ。既にゴアのカッパもあまり意味成さないぐらいだったが、楽しい!この沢らしい白いイワナだった。

下流へ10数km。人里の外れ、杉林を縫って流れるこれも小さな支流に再入渓する。平水時には飛び越えられるかも知れない流れも、この日は程良い壷やヒラキになっている。すぐによねさんが1尾、キレイなイワナだ。続けておいらもイワナ、そしてアマゴ。ポツポツ出て来る。ヒルがチト怖い渓相だが忘れて釣り上がる内、小高い堰堤に行く手を遮られた。右をよねさん、左を拙。壁際を流す毛鉤に、水面を盛り上げて鱒がやって来た。
e0143892_13111610.jpg
これもキレイなアマゴ、8寸丁度だった。マグネット・リリーサーのトラブルでネットを車に置いてきたので、よねさんのgoo~ネットで掬って貰った。恐らくは、最初で最後のコンビ画像だろうな。暗い水面にポッカリ穴が開いたように、白い魚体の鱒が釣れ続く。合羽の鬱陶しさもいつか忘れていた。

さして期待してなかった大雨に続く雨模様の一日はこんな経緯、驚くような結果になった。諦めずに行ってみるもんだねぇ!
[PR]
by goo_ism | 2014-08-17 13:16 | フライフィッシング | Comments(9)
Commented by よねさん@鱒美 at 2014-08-17 14:19 x
雨と濁流で不安な釣行でしたが、一日お付き合いいただきまして、大変ありがとうございました。気持ちの良い釣りにはなりませんでしたが、良い型のイワナとアマゴに出逢えたのは嬉しかったですね。
特に、あの切株のポイントからしっかりと尺イワナを引っ張り出したのは、お見事でした。赤い竿にはツキがありますね。
昨日は一人で、もう一つの支流に潜り込んでみました。とりあえず魚が居ることは確認できましたが、ご一緒した沢ほどではありませんでした。
次回は、ゲートから上の南アに挑戦したいですね。
Commented by goo_ism at 2014-08-17 21:07
>よねさん
終日お世話になりました!私的には普段だったら絶対に出釣しな
い天気でした。行ってみて初めて判ることがたんと有ると、目か
ら鱗の1日でした。殊にあの老イワナには教えられましたよ。
神々しくさえありました。健やかに生きて、秋には子孫繁栄の儀
式に参加して貰いたいものですね。そして、拙には赤竿様様です。

昨日って・・、また行ったの!?スゲェなぁ~!!奥様サービスも
チャンとやってるよねさんならではのハードウィークでしたね。
ゲート上の南アチャリ行、機会を見て是非に!
Commented by 魚絵師 at 2014-08-18 04:03 x
お盆休みの最中は何処に行っても人だらけで、伊豆から脱出もままなりません。(苦笑
先週の台風、カラカラに乾いた伊豆を少しは潤してくれるだろう期待していたのですが、、、。
雨合羽を伝って滴が頬に滴り落ちるような嬉しい雨が羨ましいのでございます。
で、早朝の涼しい時間帯を狙い、ロッドを持って涼みにいくだけですね。
伊豆はベタベタと暑苦しいだけでござんすよ((+_+))
Commented by goo~ at 2014-08-18 08:45 x
>魚絵師さん
暑さ、どうにもなりません。ベタベタで蛙になった気分です・・。
当日は真っ当な人なら釣りに行こうとは思わなかったかも知れません。
台風の増水と終日の雨模様ってのが判ってましたからね。でも出掛けの
コンビニで、別の支流に入るカズさん達と偶然の鉢合わせ、驚きました。
「類は友を呼ぶ」、蓋し名言だなぁと深く頷く拙が居ましたww。

件の関東遠征、野良仕事の兼ね合いが微妙なタイミングになりそうです。
改めて連絡させて頂きます。
Commented by カズ at 2014-08-18 22:58 x
こちらはかなりの雨になり、大苦戦しました。水嵩もましてきた上、蜘蛛の巣の多いこと。
同じ日でも、こんなに違う。
釣りは行ってみないとわかりませんね。
それにしても細流での結果とは思えません。
Commented by goo~ at 2014-08-19 07:52 x
>カズさん
お疲れ様でした!
まさかあんな所で会うなんて・・、笑うしかなかったですね。
正直なところは、道中は釣りにならないんじゃないかと不安一杯。
車止めから見下ろした流れも透視度0cmのドロドロで凹みました。
今回もよねさんの引き出しに助けられた、奇跡の一日になりました。
(カズさん達は~?)なんて思うと、申し訳なかったですよ。
ホントに行って見ないと判らないってのを実感する経験でした。

そろそろ追い込みの時期。幅広アマゴの宿題を何とかしたいですねぇ。
Commented by EJ at 2014-08-19 19:37 x
素晴らしい釣果ですね。うらやましい。
やっぱり少しぐらいの雨はものともせず行かなきゃダメですかねぇ。
今日はチャンスだったんですが軟弱なのであきらめました。
Commented by goo~ at 2014-08-19 20:52 x
>EJさん
単独だったら絶対に出掛けてないですね。1日中降られてずぶ濡れでした。
釣果はガライ(偶然)ですが、結構反応が良くて飽きずに1日過ごせました。
誘ってくれた友人のお陰、私は釣り仲間に恵まれてます。有り難いことです。

残りシーズン、幅広アマゴに賭けるのも一興かと思っています。さて、どうなりますか・・。
Commented at 2014-08-27 15:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 禁漁ですねぇ・・ 5回目の大室キャンプ/お知らせ〜 >>