奥飛騨へ

またまたカズさんと、奥飛騨のお山詣でに出釣してきた。深夜一時発、夜っぴて高速を走って夜明けのお山の渓に立つ、そんな予定だったんだが愛知から長野へ入ろうかって所で「工事の為通行止め」、下道1時間程のロスだ。途中見掛けた深夜営業のマックに2人とも心惹かれ、激早の朝飯と相成る。久しぶりの出来立てエビ・フィレオはびっくりの美味だった。再びの高速道を長野〜岐阜と走り、入山手形(遊漁券)を買う頃にはすっかり夜は明けてたよ。
e0143892_15343210.jpg
2年振りの清々しい流れ、大好きなお山に帰って来られた。大発生した蛾の幼虫は既にみな羽化したようで、僅かに屍骸が転がるのみ。つい先日入渓した友人達の情報は確かだった。それでも本来は深緑で埋まる筈の山や河畔林のあちこちが色を失い、土手の柳は葉を喰い尽くされた無惨な姿を累々と晒していた。正に「言葉も無い…」惨状。これから再び新芽を伸ばして半月もすれば季節に追付く筈だが、きっと来年も、そして当分はこうなるんだろう。
人知の及ばぬ所で自然は更新して行く。謙虚で在りたい。
e0143892_15502274.jpg
橋の欄干に留るコムラサキを見つけた。羽根を閉じているとジミ〜で区別がつかないけど、こうして羽根の裏側を晒してくれると実に判り易いね。アザミの蕾の回りにはヒョウモンチョウが3匹、4匹と群れ飛んでいた。普段は目にすることがない、或いは気にもとめない自然の表情に、お山に来た喜びが込み上げて来る。
e0143892_169686.jpg
さて、釣りだ。魚の居場所や喰ってる虫が今一判らず前半は苦戦。順調に釣り上げて行くカズさんを羨んだが、毛鉤のパターンが嵌った後半は何とか辻褄合わせが出来た。今シーズン初めてのスコットは赤竿に慣れ始めた身には少しく固かったけど、それを絞り込むこの渓のイワナ達、実に良く引く!サイズの3割増、って感じかな。少し薄い白っぽい体色と頭の流れ紋は今年も健在だった。
e0143892_1622282.jpg
嘗ての湿原の名残があった。色とりどりの、カキツバタか?恐らくは入植した農家(今は1軒を残すのみ)が持ち込んだものだろう。期待の芽先ウドは大分伸び切ってたけど、初めて目にした想定外の色彩の帯に心躍ったよ。
e0143892_16424042.jpg
釣り終えて、下流の瀬を攻めるカズさんを橋の上で待つ。丸く1日の釣りなんて何年ぶりだろう?チト傷む腰を伸ばしながら、所在なくウロウロと歩き回る。(ン…?)視線が吸い寄せられた橋の端の方の茶色は、カラカラに干涸びた熊の糞!目前で黒い生き物がイキんでる光景を想像して、吹き出した。で、次の瞬間回りを見渡してる自分に苦笑いだったよ。

シーズン後半戦、始まったな。
[PR]
by goo_ism | 2014-07-17 17:06 | フライフィッシング | Comments(7)
Commented by 八兵衛です at 2014-07-17 20:44 x
タイムラグニアミスかな?
こちらは初日天候に恵まれ
気持ちの良い渓歩きをさせてもらいました
オロロ動き出したので要注意であります&熊さんも
Commented by goo~ at 2014-07-17 21:24 x
>八兵衛さん
あのお山に通い始めて、多分20年程かな。今回はあまり釣れなかった。
それでもカッコウも聴けたし、景色も充分に楽しませて貰いましたよ。
残念だったのは温泉に入り損ねたこと。次回は道路情報調べて行かねば。
マイマイガも目白アブも今回は過渡期だったようで、ラッキーでした。

支流の奥の山から「ウァン!・ウェーン!」て微かな声が何度か聞こえました。
多分あれかと・・・。そんな緊張感も悪くないかな?
Commented by カズ at 2014-07-17 22:30 x
Gooさん、弾丸釣行にお付き合い頂き、ありがとうございました。
中高年の我々にはちと厳しいスケジュールでしたが、命の洗濯ができる
数少ない場所ではありますから、ちょっと厳しいところはありましたが、
個人的には楽しかったです。
ウドの芽先の天婦羅は今回も家族には大好評でした。
二週続けてのカッパの釣りは何とか回避できたし、良かったですね。
それとキンキンのノンアルコールビア、旨かったですね。
またお付き合いくださいね。
Commented by goo~ at 2014-07-18 20:30 x
>カズさん
こちらこそ、お誘いいただき大感謝です。お世話になりました。
ワタシはずっと同乗者だったので、楽々でした。申し訳ありません!
あまり釣れないってのも「あそことしては」と注釈つけなきゃいけませんね。
あのキューンって引きは他では得がたい快感、堪能致しました。
キンキンのドライ・ゼロ、次はワタシが用意させて頂きます。
またよろしくお願いしま~す!
Commented by よねさん@鱒美 at 2014-07-19 21:54 x
片道5時間+αを日帰りの、弾丸釣行だったそうですね~。
魚の反応は厳しかったようですが、大好きな渓に行けた満足感は十分にあったようですね。
フライの振り易そうな渓相は、とても魅力的に思います。熊さんとの遭遇は御免こうむりたいでしょうけど。
シーズンも後半戦突入ですね。何はさておき、梅雨明けが待ち遠しいですね~。
Commented by goo~ at 2014-07-20 08:48 x
>よねさん
ここは実は仲間内以外に口外しなかった渓なんです。今更仕方ないけど・・。
結構メジャーになった今でも、ムラはあるけど魚は良く釣れるようですよ。
メジロアブが大発生するこれからはチョット釣り難いから、自然禁漁かな。
熊のヒヤヒヤも自然の懐の深さと思えば、逆にありがたくもあります。

梅雨明けも間近でしょうか?中部山岳が楽しみですねぇ。

Commented at 2014-09-15 09:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 久々のzakoネット、完成 真っ赤い竿だけん… >>