電池切れ~!

何ヶ月振りかの雨らしい雨が降った。前代未聞の大雨で苦労されてる地域もあるというのに、静岡じゃ夏の間中「ポツリ」も無し。瀬切れ間近の川を見て溜息吐く日々だったんだ。とにかくは、一息だ!

で、渇水が解消されるとなれば釣りの虫もまた騒ぐ。天気予報と国交省のHPをためつすがめつして、週末のお山行きを八兵衛さんに相談、快諾を貰って早朝の塩の道を北に向かった。行き先は車中相談の結果、一昨年の台風大被害から立ち直りつつあるという山岳渓流に決まった。私的に「神の沢」と呼んでる、とんでもなく美しかった大岩の渓だが、壊滅的なやられ方だと聞いてたから見るのが怖くて敢えて足を向けずに居た。ワクワクだが、ドキドキでもあったよ。

上流に向かう林道では2年越しの改修工事真っ盛り。まだまだ当分終わりそうもない、怖い現場を抜ける。不安はどんどん大きくなる。閑散とした山里を過ぎて車止めに近づく・・、見下ろす沢は記憶に無いほど礫に埋まっており、雨で増えた仄白い水が川原を穿っていた。目を覆う大被害の痕跡・・。が、戻り始めている!落胆と安堵を綯い交ぜのまま、小降りの雨の中2人で川原に立ったのは朝8時を過ぎた頃だった。

どうって事ない#12の毛鉤を結んで目の前の深瀬に投じたホンの2〜3投目、芯脇から小さな飛沫が応えてくれた。
e0143892_10302060.jpg
見覚えのある、この沢らしい筋骨逞しいアマゴ。サイズは7寸ばかり、久々に見るここのレギュラーだ。3年前がフラッシュバックする、嬉しい出逢いだった。興が乗って何カットもシャッターを切る。液晶画面にはホンノリ秋色に染まった愛おしい姿が映っていたよ。

雨は合羽を羽織る程でなく降り続いた。少し汗ばんで気持ち良く釣り上がる。相変わらず仄白い水からは、コッパが絡み付く合間に飽きない程度に7寸前後が出て来る。雨が止むと一気に水が澄み出した。毛鉤への反応もそれに連れてシビアになるが、食い気は旺盛で何度かのやり直しも許してくれて、毛鉤ローテとドリフトが合うと口の奥迄ガップリ銜え込んでくる。今日一の8寸上もそんな風に出した1尾だったんだが…。ホクホクと取り出したデジカメの液晶に出たのは「バッテリーを交換してください」の文字!これを最後に暗転した画面がもう一度灯る事はなかった(涙)。お握り頬張りお茶飲んで、(さあ、これから!)とリキ入れた辺りから風向きが変わった。まず、レギュラーサイズの反応が消えた。橋をくぐった先では、コッパ達の祝宴も尻すぼみになった。車止めに先行してた青いジムニーの事が浮かぶが、逃げる支流もない。延々と仕置きのような時間が続く内、とうとう腰が悲鳴を上げる。脚が上がらず岩を越すのが苦痛になってきた。ジジイの電池も此処迄と、八兵衞さんに相談して午後2時過ぎには、林道に上がった。先ずは、程良し!

変わり果てたと聞いていた「神の沢」、確かに河床が上がり林道改修工事で痛めつけられ、かつてとは程遠い姿だった。でも、魚達は健気に生きていた、それが希望をくれた。人間が過剰なプレッシャーを加えない限り、自然はバランスを取って行くんだと思えた、貴重な1日だったよ。
[PR]
by goo_ism | 2013-09-12 10:02 | フライフィッシング | Comments(8)
Commented by よねさん@鱒美 at 2013-09-12 22:32 x
大きなダメージを負ってしまった渓が、少しずつでも回復している姿を確認できて良かったですね。魚達も、居るところには居るようで、しかもこんなに力強い姿をしていてくれるなら、来シーズンはもっともっと良くなりそうじゃないでしょうか。
それにしても、バッテリー切れは残念でしたねぇ。頭の中のメモリーから、画像を取り出す装置でも開発されれば好いんですが・・・(^^;
Commented by 八兵衛です at 2013-09-13 00:04 x
 ど~も~お世話になりました~
今回より上流はまだ工事が続いており、ちょっと愕然とするかもしれません(^^;
とりあえず下流域だけでもチト回復が朗報です
但し今のところ逃げ場が無いので先行されるとつらいですね~
Commented by goo~ at 2013-09-13 10:50 x
>よねさん
過去2回、八兵衞さんに連れてって貰ったきり、また大して釣れない沢
なんですが凄く好きな場所だったんです。人の手が入ってるのに、森
と岩と水が絶妙なバランスで成り立っている沢でした。今回入ったの
は初めての区間で、復旧工事が済んだばかりの様子。落ち着いてくる
だろう2年後3年後が楽しみになりました。自然の回復力とこれ以上
の災害が繰り返されない事を、信じて祈るしかないですね。

現場でのカメラのバッテリー切れは初めてです。おいらの電池はしょっ
ちゅう切れます…。
Commented by goo~ at 2013-09-13 11:03 x
>八兵衞さん
大変お世話になりました。すっごく愉しかったです。
一昨年の台風直後の惨状が俄には信じられないぐらい、普通に治っ
てましたね。簡単にコンクリの壁を立ち上げるんじゃなく、将来は景観
に溶け込んで行きそうな改修作業に、敬意と安堵を覚えました。上流
の工事終了を待って、再訪してみたいと思います。

コクワは追熟を待って昨日浸け込みました。どうなりますかねぇ〜?
Commented by 魚絵師 at 2013-09-15 08:56 x
トロリとした秋めいた色合いの魚だ、、、。

良い写真だナァ~、、、。

愛用の道具と魚と、、、みんな被写体にしているところに
goo~さんの想いが詰まっていますね。
Commented by goo~ at 2013-09-15 14:09 x
>魚絵師さん
一昨年の台風は富士川水系にド・エライ被害を残しました。
それでも川が治まれば少しづつ魚も戻ってくるようで、とっても
嬉しかったです。自然て大したもんですね。

大急ぎでやっても、写真撮影中に身体が黒ずんで来てました。
アブラビレ苛めはそろそろ仕舞いのサインですね。もう1回、かな?
Commented by EJ at 2013-09-16 06:43 x
電池切れは残念でしたが、この魚も十分すぎるほどきれい!
ネットがシックでいいですね。自己主張しすぎない、魚が映える
デザインと思います。って、素人なのでよく分かんないんですが。
Commented by goo~ at 2013-09-16 09:37 x
>EJさん
デジカメは不注意だから問題無いけど、ジジイの方は結構深刻。
最近上がり際に滑ったり転んだりが凄く増えちゃいました。この
日も岩を越す足が上がらなくなって、最後半は怖かったです。
もう無理は出来ないなぁと、しみじみしちゃいました・・。

ネット、ありがとうございます!最高に嬉しいお褒めの言葉です。
EJさんが仰るそのままを目指して創ってます。これからも頑張らなきゃ!
<< 何考えて作ってんだろ?? いざ、大室山麓へ! >>