見たくなかったなぁ…

先日のお山のアマゴ釣りは気持ち良いばかりじゃなくて、嫌なもんも見ちまった。写真を撮ってたんだが相当グロくて、すぐゴミ箱に捨てた。でも、やっぱ、気持が収まらなかった。自戒も込めて画像を上げてみるよ。
e0143892_10305795.jpg
話には聞いていたが初めて見た。木に引っ掛けて切れた毛鉤にコウモリが捕われていた。口元のオレンジの目印とたかったハエがなんとも残酷で、フライフィッシャーとして見るに耐えない。これは、一人これを残した釣り人の責任てだけじゃないと思ったよ。後の草木に毛鉤を残した経験は、大概の人にあるんじゃないかな?これからは出来る限り全部、引っ掛かった毛鉤を回収することに決めた。

それとこっちは、写真すら撮りたくなかった光景がもうひとつ。
恐らく『有害鳥獣駆除』の名目で狩られたであろう鹿の背骨が、河原に転がっていた。狩られた動物はそのままか、皮や肉を取った状態で土に埋めるのが普通だと聞いた。大水で表土が流れて河原に落ちたのか、それとも…。釣り場へ向かう早朝の峠で鹿に出くわしたし、薮には糞がいっぱい落ちていたから、鹿の食害は容易に想像できた。人の暮らしとのバランスを取る意味で、駆除も仕方ないと思う。でもねぇ…。

諸々の死は源流を釣り歩くと普通に出くわすけど、集落を縫って流れる沢だからねぇ。鼻の奥がキナ臭くなるような、嫌な光景だったよ。
[PR]
by goo_ism | 2013-06-13 11:15 | フライフィッシング | Comments(6)
Commented by カズ at 2013-06-13 18:48 x
コメントしずらい記事ですね。
キャストが下手な私はよく木に引っ掛けますが、だから結構回収しているつもりです。
それでも届かないところは切るしかない。
申し訳ない気がするので、他人のフライがあれば回収するように心がけています。
後ろにも目が欲しいなあ。
Commented by goo~ at 2013-06-13 20:29 x
>カズさん
気持ちの良くない記事なんで、迷いました。
私もしょっちゅう木に引っ掛けてます。また、以前程ではな
いけどさしたる回収努力もせず、毛鉤を切ってきた口です。
風に揺れるこの子を見つけた時は、酷く嫌な気分。可哀想だ
ったけど糸から外して藪に戻すのが精一杯でしたよ。
無理して怪我しない範囲で、精一杯外す努力をしようって決
めました。何より、それが自分の為だと思いますんで。
Commented by 八兵衛です at 2013-06-13 21:08 x
初めは何がぶら下っているのか訳がわかりませんでした
毛鉤を食べようとしたのですかね・・?
バーブレスにするのも手かもしれませんね
Commented by goo~ at 2013-06-13 21:59 x
>八兵衛さん
忍野でよくあるケースだと聞いてたんで、すぐ判りました。
嫌でしたね、自分がやったみたいで少し吐き気がしましたよ。
コウモリの骸は頼りないぐらいに軽かったです。

もう見たくないし誰もがそうだろうから、精々気をつけよう
と思います。
Commented by よねさん@鱒美 at 2013-06-13 22:41 x
考えさせられる写真ですねぇ。
我々釣り人は、自然の中に無理やり入り込んで行くのですから、こんなに極端な例ではないにしても、数々のダメージを与えているものだと思います。木の枝に取られたフライも、回収できるものばかりではないですが、そこは仕方ないと思うしかないのでしょうね。
渓に行けば、野生動物の無残な姿を見ることもままあります。しかし、それ以上に釣り場への途中の道路に横たわる動物の数の多さにも驚きます。人間って、本当に罪な存在なのかもしれませんねぇ。
Commented by goo~ at 2013-06-14 06:09 x
>よねさん
何度見ても慣れない、気持ちの悪い写真です。
これまではどちらかといえば無造作に、引っ掛かった毛鉤を
切ってました。罪の意識というより(勿体無いなぁ)かな?
今回のコウモリに教えられたと思って、今後は外す努力をす
るつもりです。レッドカード喰らいたくないですから・・。
<< 新しい相棒 アマゴのお山へ >>