いつまで経っても、慣れない釣り

梅雨入りしたってのに、全然雨が降らないねぇ。本流はノロが乾いて微かな異臭がしてるんじゃないかな?そろそろ気になり出したよ。

先週末はよねさんからお誘いを頂いて、信州白イワナに逢いに行った。始めて訪れた1年前、身体に沁み込むような新緑が鮮やかだった渓だ。大方が広葉樹そして少しが落葉松の山は、少しも変わらない柔らかい表情で迎えてくれた。入渓直後は木の間越しの日差しがキラキラ輝いて、素晴らしい一日になる予感がしていた。
e0143892_10102134.jpg
水はやはり少なめだったが、イワナ釣りには却ってありがたい水量だ。小さいポイントからも、小型ながら元気モンの反応がある。よねさんは慣れた所作で新緑色のグラスロッドを操って、次々に仕留めていく。身に着けた緑と河畔の赤いツツジの対比が印象的だったよ。
e0143892_10195158.jpg
やっと掛けた1尾目をネットに入れて目を上げると、よねさんも竿を曲げていた。久々のWヒット!川辺にタックルを並べた。左のよねさんのTdが多分3(4?)本目、右のBdはNo.80?90?…、ウ〜ン、判らんけど、12年の時間を隔てたgoo~ネットが2本。自分でもこんな画像が撮れるなんて思ってもみなかった。
e0143892_10274177.jpg
仲間内の呼び名『白イワナの渓』はこんな色の魚体がメインだから。極浅い砂地から毛鉤にアタックしてきてびっくりさせられるんだが、なるほどの保護色って訳だ。日差しはとうに陰り、同じような川石の水面に載せた毛鉤も、黄色やオレンジのインジケーターは用を成さない。
e0143892_10371921.jpg
こんなのも居る。反転流の奥の奥、真っ暗なエグレで毛鉤を銜えるのは大概真っ黒なカエル面だ。腹の柿色も一際鮮やかで、こいつが釣れると嬉しい!何をこんなに飽食してるのか、ゴツゴツ・パンパンのメタボ体型がなんとも愛おしい。

春の狩野川からここ迄、6’8”の竹竿とグラス竿だけで釣りをしてみた。普段は8’〜8’半のグラファイトで釣ってきた身には、『難しい!』そして『まだるっこしい!!』シーズン前半だった。今回の釣りも…。
e0143892_1049338.jpg
大方はこんな感じ。<涙に滲んで、よく見えない>ってか…。ショートロッドでポンポンと釣り上げていくよねさんの釣りを、ポカンと見てる時間がやたら長い1日だった気がするよ。

さて、後半戦。どうしよう?
[PR]
by goo_ism | 2013-06-04 10:59 | フライフィッシング | Comments(6)
Commented by カズ at 2013-06-04 12:43 x
上の写真いいですね。
この渓の良さが伝わってきます。
水が少ないので多少シビアだったかもしれませんね。
ショートロッドの釣りも面白いですよ。
次はダムの反対側の渓に行ってみませんか?
またお誘いします。
Commented by goo~ at 2013-06-04 13:29 x
>カズさん
「これぞ日本の渓流!」って趣きが何とも言えないですね。
魚もそれなりに居るし、ホントに癒しの渓そのもの。

でも低反発素材の短い竿、短いリーダー、ボサ・キャストetc.
クリアすべき問題山積で、現状は釣り以前です。ここでポン
ポン釣る技量が拙にはない・・・。悔しいなぁ~!
Commented by よねさん@鱒美 at 2013-06-04 22:29 x
goo~さん、急なお誘いにも関わらず、一日お付き合いいただきありがとうございました。
釣り仲間の皆さんのレポートを読んで、早く行きたいなぁと思っていたところでしたが、色々な条件が重なって出撃出来たのは、本当に良かったと思います。
新緑の季節に入って、魚の活性の高まりを期待していましたが、釣り人のプレッシャーのせいか、ちょっと厳しい一日になりましたね。それでも、美しいイワナに出逢えて嬉しかったです。
撮っていただいた、ミツバツツジの下の画像、詳細に描いた風景画のようで、とっても素晴らしいです。今回は、水温も上がりきっていない条件でしたから、まだまだ期待できるのではないでしょうか。また是非ご一緒いただけると幸いです。
Commented by goo~ at 2013-06-05 05:54 x
>よねさん
とんでもない!こちらこそ渡りに船で有意義な1日になりました。
この季節になるとこの白イワナの渓が頭に浮かんで仕方ないです。
丁度1年前にご一緒したのが最初で、今回はまだ3度目なんですね。
何となくもっと昔から通ってたような気がする、不思議な渓です。
でも、まだ1度も会心の釣りってしたことないんですよね。
よねさんの釣り姿、思わず見入ってしまいましたよ。

またよろしくお願いしま~す。
Commented by 八兵衛です at 2013-06-05 22:04 x
この渓の難しさの一つは毛鉤が見えないですよね
おいらもポストはオレンジばかりで視認性が悪くて苦労します
緑がけっこう見やすい感じがしました
いつかご一緒させてください
Commented by goo~ at 2013-06-06 06:45 x
>八兵衛さん
ホントに毛鉤の見難さには参りますね。今回はチャトリュースの
カーフテイルをポストに使ったフライを巻いていったんですが、
やはり今一でした。日差しがなかったのも大分影響したようです。
相も変わらず、薄~いピンクが拙には1番見易いかな?

ココも良いけど、湧水の川も機会を見てよろしくです~。

<< アマゴのお山へ 熊、熊、クマ~! >>