ムシムシ〜

先週半ば、魚絵師さん・ムッシューA氏にご一緒して北関東にミノーで遠征に出掛けた。珍道中の経緯は改めてログにするつもりだが、河原に下りて最初に目についた光景がこれだったよ。

e0143892_13141514.jpg
一体何十尾居るんだろう?岸辺の石に囲まれた1m四方ぐらいの水溜まりに、モンカゲロウのスピナーが写真のような密度で張り付いていた。ラスター彩色のステンドグラス状の羽根の輝きが、尽きてしまった命の残り火のようで哀れを誘うが、キレイといえばあまりに綺麗だ。
当然の如くこれを毛鉤で表現したくなったが…。

この手の水生昆虫の形態模写=昆虫標本みたいなフライでは、局面を打開出来た試しがない。1尾か2尾、交通事故みたいに釣れる事はあっても、狂ったように続くライズに囲まれて絶叫したくなる程惨めな思いをした経験、誰にでもあるのでは…??
[PR]
by goo_ism | 2013-05-26 13:30 | フライフィッシング | Comments(6)
Commented by 魚絵師 at 2013-05-26 21:08 x
お疲れ様でした。
結果的に会津まで足をのばすことになりましたが、、、、、
が、あそこには居ますデカイのが、間違いなく!
次はタックルバランスです。
いよいよ「さつき鱒」の出番がやってきました。
また、ご一緒してください。
今度は年齢を考え、一泊二日の釣行にしましょう。

Commented by 安曇野の案山子 at 2013-05-26 21:43 x
日帰り長距離釣行、お疲れさまでした
かなり ワクワクした釣りを堪能してきたようですね

次回がまた 楽しみになります

身体もキツかったでしょうが ワクワクする渓だったのでは
Commented by goo~ at 2013-05-26 22:31 x
>魚絵師さん
お世話になりました~!!まるっきり予想外の展開でしたが
楽しいったらない、今年の初遠征でした。こんなんが人生の
スパイスなんでしょうね。まだ鮮明な記憶をなぞる日々です。

リールも新調して臨んだのに、悔しくてなりませんでした。
ラインは巻き替えますよ。「さつき鱒」も次回こそ下ろします!
次の出釣を夢見て、今週からワサビ仕事再開します。
またよろしくお願いします。
Commented by よねさん@鱒美 at 2013-05-26 23:00 x
マッチ・ザ・ハッチと言うヤツが、フライフィッシングでは一番厄介ですねぇ。ぴったり合った時の効果は眼を見張るものがあるでしょうけど、なかなかそうならないのが、フライフィッシングの常だと思います。
しかし、このとんでもなく豊かな流れが、良い魚を育んでいるのですね。川辺に行ったら、まず水棲昆虫の姿を探せ!というところでしょうか。
Commented by goo~ at 2013-05-27 06:25 x
>安曇野の案山子さん
爺ィにはチョイとばかり荷が重い遠征でした。道中の運転を
免除して頂いたのに、伊東からの帰路2時間の辛かったこと!
今回は成行きでの遠征だったけど、想定外故の楽しさも満載!!
次の釣りに活かせる1日でしたよ。

ところで、ご当地犀川の状況は如何?
Commented by goo~ at 2013-05-27 06:43 x
>よねさん
モンカゲロウの釣りはなかなかに厄介ですね。ダンの釣りな
らまだしも、スピナーの時は頭抱えちゃいます。記憶を辿っ
てもいい経験はないなぁ。光とシルエットなんだろうけど・・。
ウサギの脚がマッチしたのが唯一(ザマァミロ!)だけど、
他人の釣果だしね。FFは深い、です。

まぁ、これからは夏イワナに遊んで貰う、癒しの釣りですから。
気楽に楽しめると良いなぁ~!またヨロシクです。
<< みちのく男旅…、だぜい! 再解禁は小沢のアマゴ >>