…で、続けてもう片目

ようやっと片目が開いた週末、今度はカズさんにご一緒して山岳&里川に詣でた。山岳ってのはチト大袈裟だが、流域に全く人家がない支流と集落を縫って流れる典型的里川が車で15分圏内の、1粒で2度美味しいありがた〜い沢。もう20年近い付き合いなんだが、新東名の開通でこれまでの半分の所要時間で行けるようになっていた。文字通り<フィッシャーズ・ハイウェイ>だ。素晴らしい!

先ずは山岳渓流。
e0143892_15201458.jpg
まだ河畔の木々は葉を落としたまま。僅かにマンサクやキブシの黄色がアクセントだ。ここはほんの入口を覗いただけの、初体験の沢。数日前カズさんが良い釣りをしたという、同じ区間に2人で入る。最初の落ち込みに1投そして2投、水面が小さく割れた。5寸に足りない、まだサビを残したアマゴ。同じポイント、隣り筋の落ち口でも同型という好調な出足、(今日は釣れるぞ〜!)とほくそ笑んだよ。でも…。
そこから2人とも無反応&偶に出てもスカシ(強烈に速い&喰い浅い)で、段々空気が重くなる。終いにゃ、焦る!
e0143892_15521084.jpg
偶に現れるこんな堰堤が、数少ない目につく人工物。身を屈め、躙り寄るように真剣に釣っていくカズさん。シブイ、良い釣り姿だ!
カズさんに言われて始めて気付いた。「杉の植林が1本も無いんだよ」って。確かに見渡す限り枯れ枝色の広葉樹林、植林の濃い緑は無い。こんな山があったのか!こんなことに驚かされるのが日本の山の現状なんだな。釣りは捗々しくない、2人とも辛うじての無魚逃れ…、嗚呼。

で、マッタリ里川。
カズさんもそこそこサイズを獲って、午後早めの退渓。本流筋上流部(通称wakaコース)を目指した。途中コゴミの群落をチェックするも時期早尚、再来週ぐらいか。水温も低めの様子で毛鉤にジャレ付くのもチビのみ。早々に車に戻り次を相談した。帰路「騙されたと思って試して!」と、以前散々通い込んだ下流部にカズさんを案内した。人家の横から入渓、すぐ小型ながら反応が出た。それからもポツポツ、同型が毛鉤に絡んで来る。
e0143892_16333248.jpg
サビ色が残った15cm弱の年越し。午前の支流より明らかに魚体が太い。餌の差、水温の差なんだろう。幾つも掛けるが寄せて来る途中で何故かポロ、ポロ…、どうも合わせが届いてない。「ノミ」竹竿の使い勝手がまだ判ってないな。飽きない程度に釣れるけど、手許に来るのは3~4尾に1尾ぐらい。前のめりで釣ってく内に、もう薄暗くなっていた。カズさん、最後のプールで、ここでもそこそこサイズのライズを仕留めた。お見事!!まさかのイブニング・ライズ迄の釣り、楽しい1日だったよ。

e0143892_16453033.jpg
こんなモノがあちこちに落ちていた。鮮やかな緑色が枯れ葉色の河原で一際目立ってたんだが…、これなんなんだろ?
[PR]
by goo_ism | 2013-04-01 16:53 | フライフィッシング | Comments(12)
Commented by EJ at 2013-04-02 08:32 x
最後の写真はヤママユですか?大風に振り落とされたのでしょうか?サナギが生きていたらかわいそうですね。

カズさんのヒップブーツ姿、かっこいいですね。私もシブいと言われるようになりたいものです。
まだ釣りに行けてないので、渓流の写真は癒されます。ありがとうございました。
Commented by goo~ at 2013-04-02 15:07 x
>EJさん
私も天蚕だと思って、調べてみたらあちらの繭は卵型だとか。
これは上を摘んだような形、確認しただけで3つ落ちてました。
中は空でしたが、落ちて死んだのか羽化したのか判りません。
枯葉色の川原で、ドキっとするぐらい鮮やかな緑色。綺麗でした。

カズさん、いつも自然体です。渋くてカッコいいですよ~。

体調がすぐれないようですが、どうぞご自愛ください。
渓流は逃げません。
Commented by 安曇野の案山子 at 2013-04-02 19:08 x
カズさんの後ろ姿 シブイです
基本ですね

釣りをしながら 周りの環境まで観ている すごいことですね

なかなか そこまで気付かないことが多いですから
Commented by goo~ at 2013-04-02 19:51 x
>安曇野の案山子さん
私らぐらいの歳になったら自分の後姿に責任を持たなきゃい
けないんだけど・・。なかなか難しい。
カズさんはその意味で大いなる先輩です。自分の身の処し方
にも、ね。こんな人が居てくれるって、ありがたいですよ~。

仕事の環境が変わって暫くは大変なんじゃないかな。偶には
<さつき鱒>持って外へ出て、ストレス溜めないように。

クラフトも併せて、頑張ってください!
Commented by EJ at 2013-04-03 09:29 x
ちょっと検索かけてみたらそれらしいものが出てきました。
ウスタビガというヤママユガに近縁の蛾っぽいです。
私もこんなのを山で見て興奮したことがあります。自然の
造形ってすごいですね。
Commented by goo~ at 2013-04-03 10:01 x
>EJさん
ウスタビガ、ですか。早速にありがとうございます。
ヤママユにせよオオミズアオにせよ、あの手のデカイ蛾は見
所満載ですよね。不思議なのは彼らが出てくるのは夏なのに
何故今頃の川原に転がってたか、なんです。中にピューパが
詰まってれば事故かなと納得が行くけど・・。羽化後も枝に
くっついてたのが最近落ちたんでしょうか?不思議だ。
Commented by カズ at 2013-04-03 10:58 x
Gooさん、お疲れ様でした。
最初の支流はちょっと予想外の結果で申し訳なかったのですが、
ご案内いただいた最後の里川は、苦戦はしたものの、
とても楽しい時間になりました。
ついついアノ時間まで続けてしまいましたね。
最初の山岳は緑が出始めたらまた出掛けましょう。
あとはみなさんのコメントに尻がこそばゆいです(笑)
でもありがとうございます。
釣り以外でも格好良く歳をとるようにカミさんにも言われています。

また是非ご一緒ください。
Commented by goo~ at 2013-04-03 13:06 x
>カズさん
毎度ながら、お世話になりました。
あの支流の奥がああなってるとは想定外でした。良い沢です。
そこそこ釣り荒れてる感じだけど、雨でリセットされたら楽
しい思いが出来そうですね。芽吹きの頃の雨上がり、待ち遠し~。
下流部もなかなかだったでしょ?あの辺ばかりやってたのは
上まで行く必要がなかったからです。往年の魚影は望めない
けどまだ大丈夫そうですね。楽しめました。

カズさんの大人の風情は私にも一つの目標なんですよ。
格好良く歳をとる、心掛けていきたいと思います。

またよろしくお願いしま~す。
Commented by 八兵衛です。 at 2013-04-03 22:12 x
トトロの森と呼んでいるポイントです
周囲の渓が大雨でもここなら何とかなる逃げ場です
水が多いときにまた覗いてみてください
またちょっと違う発見ができるかも知れませんよ♪
Tはひどい事になってました・・・・・
Commented by goo~ at 2013-04-03 23:43 x
>八兵衛さん
トトロの森、初めてお邪魔しました。何回も入り口は掠めて
ましたけど・・。驚くほど綺麗で気持ちの良い沢ですね。
荒れる前の上Sを小さくした感じ、懐かしさすら感じました。
基本的にF水系は良い支流が多いですね。我がOやWはどこか
人の影響が強すぎる気がします。Tも何とか復活して欲しい・・。

山葵が忙しくなる前にもう一度行ってみようと思います。
ありがとうございます。
Commented by よねさん@鱒美 at 2013-04-06 18:23 x
新東名、ありがたいですよね~。我が家からも冬のエリアや富士山麓が、30分ほど近くなりましたよ。
杉の植林が無いってことは、人の手が入っていないということだったんですね。そういう事は、あまり考えたことがありませんでした。
前半は渋々でも、後半は良かったようですね。フリーロッドで釣る5寸アマゴは、楽しかったことと思います。バラシが多い日って、なんだかわからないけどありますよね。やっぱりアワセが効いていないんでしょうか。
Commented by goo~ at 2013-04-06 20:14 x
>よねさん
新しい環境での生活や仕事は落ち着きましたか?暫くは御苦
労続きでしょうが、無理せず過ごしてくださいね。

実は拙の車は2台ともETC付けてなくて、新東名はあまり使っ
てないんですよ。有難さも半分・・、先日もカズさんのお世
話になるって体たらくです(恥)。
思い返してたら、この沢はアタックに対して掛けられた魚の
割合が、以前も非常に低かった事を思い出しました。ジャレ
るみたいに毛鉤に絡む、そんな感じです。あの竹竿は去年作
った赤い湧水竿と同じ感触。少し強めに扱った方がいいみたい。
小さいアマゴをキチンと釣る、課題は多いです。
<< これで夜が明けると、イイんだけ... やっと、どうにか、ギリギリ、片目… >>