やっと、どうにか、ギリギリ、片目…

ウカウカしてた、もう1週間前の話。

昨年春、多分今頃、「伊豆でアマゴを!」とM画伯をお誘いしながら、完璧な『ボ』に終わる悪夢があった。もう1度の伊豆は叶わず、再挑戦は1年後の先週。まぁ、気の長い話ではある。前夜は天城山で88mmの相当な雨が降ったという。(濁りは?水量は?)不安で一杯のまま夜明けのバイパスを東に向かった。沼津から伊豆に入り、長岡のトンネルを抜けるとすぐ、狩野川の流れが視界に飛び込んで来る。ナ、ナント!ビックリ!!濁りどころか殆ど平水、山がしっかりしてるとはいえ考えられない光景だった。(実際藁科川は5日間濁り、山葵仕事が困ったヨ)2月のハンクラ展以来、画伯は今回もチト早めの到着の様子。車を乗り換え先ず大見の合流点から川に下りた。堰堤で気持良さげにループを伸ばすM画伯。
e0143892_11331863.jpg
この日、丁度桜が咲き始めてたが、河原の草木の春はまだ浅い。水は良い感じ、時合いが来れば虫が飛んでアマゴも跳ねそうな気がしたんだけど、魚絵師さんがポイント教示に来てくれる迄、流れは完全沈黙だった。新調の赤いXトレイルに付いて上った支流は、底ベタに魚が見えて俄にテンションUP!竹竿に変え、楽勝気分で小さめパラ毛鉤を水面に流していったのだが…。出ない!見にも来ない!!どうなってんだ!!!責任者出て来〜い!!!!状態。薄く濁りが入ったりして、さっき迄の高揚気分は早くも萎えた。(画伯に何としてもアマゴを!)必死でリサーチ、どうってことない落ち口で、なんとか小さいのが毛鉤を銜えた。
e0143892_11545539.jpg
今シーズン、やっと1尾目の小アマゴ。ここ迄掛かった時間を思って、ランディングまで息が詰まりそうだったよ。殊更に少ない朱点、小判型のパーが綺麗に並んでた。
虫のハッチは少ない。当然ライズも殆ど無い。目ぼしいポイントをブラインドで流していくと、葦際から8寸ぐらいが追って出た。毛鉤直前でUターン、思わず「ウワァ〜!」て、声が出ちまった。(恥…)画伯にも早く1尾がと焦れども、川は静まり返ったままで小一時間。膝ぐらいの瀬で粘ってたMちゃんの竿が立った!やった、嬉しい!!自分が釣ったより確実に嬉しい。で、goo~ネットに収まってたのは…。
e0143892_13401560.jpg
アマゴを釣りに2年越しで伊豆に来て、粘りに粘ってニンフで掛けたのは、居ない筈の7寸イワナ。それでも画伯は素敵な笑顔を見せてくれた。全然サポート役になってなかったけど、ようやく肩の荷が少しだけ下りた気分だった。その後も川は一向に好転しない。業を煮やして別の支流の下流域に転進したのだが、こちらは更に冷たい素振りで只管に水が流れるばかり。参った…。伊豆の川、難しい。
e0143892_1350478.jpg
車への帰り道、振り向くと視界一杯に静かな伊豆の山々。
この優しい女性的な山稜が大好きなんだ。

遠景が萌黄色に煙る頃、また行かなきゃならんな。そん時ゃ、釣れるだろうか?
[PR]
by goo_ism | 2013-03-27 11:55 | フライフィッシング | Comments(8)
Commented by 八兵衛です。 at 2013-03-27 20:07 x
伊豆も厳しいようですね~~
最後のポイントは料金所の近くかな?
良型が獲れてお気に入りのポイントでした
懐かしいです~(違ったかな?)
Commented by goo~ at 2013-03-27 21:44 x
>八兵衛さん
厳しい厳しい・・。10年ばかり離れてる間に、別の川になってました。
ただ一際懐が深いんで、虫や天候次第で豹変する可能性もありそう。
通いこんでればきっと当たるだろうけど、チト遠いです・・。
大井川支流並の距離だったらきっと週3だろうな。ウ~、行きてぇ~!

最後の画像は真ん中の沢の入り口付近。あそこより上の支流です。
料金所辺りは何故か水が悪いことが多くて、最近はご無沙汰っす。
Commented by よねさん@鱒美 at 2013-03-28 21:23 x
ええ~~~!!!イワナですか?
あの川にイワナは似つかわしくないけれど、Mちゃんには嬉しい1尾だったでしょうね。
goo~さんの初物、ヒットしてからのドキドキ感は、とっても良く分かる気がします。もしこれをバラしちゃったら、尾を引くだろうなぁなんて考えちゃいますからね。まずは片目を開けたところで、次回は両目ぱっちりと行きたいところですね。
ところで、おいらの故郷の川の本流は、結構魚が入っていましたよo(^-^)o
Commented by 水面爆発狂 at 2013-03-29 08:42 x
まずは一匹おめでとうございます!!
雨が降ったり暖かくなったり本格的な春も、すぐそこ気付いた頃には初夏、季節の移ろいも早いもんですね~
Commented by goo~ at 2013-03-29 13:21 x
>よねさん
気配に振り返って、画伯の竿が曲がってた嬉しさと、跳んでって覗き込
んだ時のガッカリ加減といったら・・・。2年越しのアマゴ釣りはまたも自
爆で終わっちゃいました。情けないやら申し訳ないやら、参りました~。
次回があるなら狩野川は避けます。(F水系かな?)

1日ご一緒して、画伯の目の良さに驚かされましたよ。中層に定位した
アマゴをいくつも見つけてました。魚影は決して濃くなかったですが・・。
スイッチが入ってない感じで、今回はどうしようもなかったな~。

実はもう片目も何とか開きました。やはり雨の増水が鍵だったようで。
Commented by goo~ at 2013-03-29 13:29 x
>I上さん
なんとも情けない釣りばっかで、やんなっちゃう。今年の狩野川、難しいです。
ライズを待つのか釣り上るのか、チャンと戦略たてて臨むのが本来ですね。
水中は結構季節が進んでたから、ハッチは一篇に来るかも知れませんよ。
通いこめれば良い思いできるかも。でも、チト遠い・・。
Commented by カズ at 2013-03-29 18:38 x
ようやくアップできましたね。
ご一緒できなくて残念でしたが、今年も厳しかったようで、
一筋縄ではいかないのが狩野川というわけかな。
オオクマ、ヒラタが早めに出ているかと思いましたが
ライズは少なかったようですね。
私もなんとか絶対行きたいと思っています。
ライズ狙いができるうちに。
Commented by goo~ at 2013-03-29 18:58 x
>カズさん
乏しい成果、っていうか、ミッション達成できずで落ち込んじゃって…。
Mnzちゃんにはなんて言ったら良いのか、ビミョ〜な立場です。
思い返すと通い込んだ頃(10年ぐらい前)は大見の支流廻って「ツ」
が抜けないなんて、殆ど記憶が無いんですけどね。サイズも8寸絡み
 の年越しが何尾か混じることが多かったような。
去年も今回も、とにかくライズが無いのには閉口しました。魚、よほど
少ないのかも知れません。でも必ず何処かに素晴らしいのが居る筈で、
通い込めば巡り合わせが望めるのが狩野川の魅力ですね。私はもう、
「本流をミノーで!」。大雨振ったら一目散、の予定です。
<< …で、続けてもう片目 ミノーなら釣れる!、って訳でもない >>