人生の糊代

新しいネットが出来た。また、出来てしまった…。使ってやらにゃ、魚を掬ってやらにゃならん。つ、辛い!

なんちゃって、又又また山笑い始めの伊豆狩野川へ行ってみた。ミノーの釣りメインで、昼過ぎから支流へ潜り込んで毛鉤を振って来た。目当ての沢は1番奥の堰堤で重機がガラガラやっててドブ濁り、その上で小一時間やったが、コマカイのが数尾だけ遊んでくれたよ。
e0143892_8224464.jpg
キレイな伊豆のアマゴ、偶然に流れ着いた桜の花びらが入ってた。よねさんみたいにゃ撮れないが、取り敢えずの嬉しい1カットだ。こうして見ると1番内側の素材が効いてるな。

e0143892_8262557.jpg
今日の収穫はイタドリ。とっても酸っぱいけど、歩き疲れた身体を少しだけシャキッとしてくれる(気がする)。これから塩漬けにします。

続き…。

前後するが、朝イチは本流を見下ろす土手の桜の根元で身支度をした。仲間との釣行は別だが、ここでウェーディング・シューズのヒモを締め上げるのが、一人の釣りの儀式になって何年か経つ。折しも最後の締め込み中、携帯が鳴った!魚絵師さんだった。単独の釣りを予定してたが、半日ご一緒願えることになった。ありがたや!!合流前の小一時間を間近のプールで過ごす。流芯の泡が消える辺りで優に尺超えが跳ねたが、重いミノーに食って来たのは7寸チョイのツマグロだった。

e0143892_22125047.jpg
これが伊豆の春、日本の春。
東の、見えない恐怖に人影を失った山谷もきっとうららかな春を迎えている筈と思い、胸が痛んだ。此処にいられる自分の幸運と偶然に、思わず知らず手を合わせていたよ。

e0143892_2218822.jpg
支流を攻め上る魚絵師さん。大人の釣り師の余裕がオーラとなって立ち上るかの、憧れの後ろ姿だ。いつか自分もこんな釣り師になりたいと本気で思った。それにしても…。
Simmsに背負うgoo~/インレイ・ヨンマルネットのデカイこと!今年はサツキはちょっとばかり厳しいかなぁ。でも、諦めずに画像待ってますので、魚絵師さん、よろしく〜。

e0143892_22253519.jpg
狩野川の宝石アマゴ。流芯で、表層のミノーに全身を晒して食い損ね、即同じルートを気持ちおとなしめに通したら乗って来た。サイズはこれも7寸強。軽いのにヤケに引いた。怒って突っかけたのか、友釣りの背掛かりみたいに頭のすぐ後に掛かってたよ。

狩野川本流と大見川核心部でミノー引けるのも残り1ヶ月。もう1度、あわよくば2度、出掛けたいところ。ご都合付いたら、ご一緒出来たら、嬉しいで〜す。
[PR]
by goo_ism | 2012-04-19 08:40 | フライフィッシング | Comments(14)
Commented by dad1st at 2012-04-19 17:25
gooさん、こんにちわ。
栃木辺りも山が笑い始めて来てました(本チャンはもう少し先だと思いますが)。
和が似合うネット、桜の花びらがちょっと少ない気もしますが(爆)、素敵です。
Commented by 八兵衛です。 at 2012-04-19 17:58 x
作るのも早いですが
今年は渓へのフットワークもメチャ軽快ですね
伊豆にもオジャマしたいと考えてますが
ひととおりホームの様子を確認しないと気が済まないかな~
Commented by goo~ at 2012-04-19 19:48 x
dadlifeさん、こんにちは。
ソメイヨシノが散って八重桜が満開、山は煙るような淡い緑に包まれ
始める、日本の日本たる所以の季節、そんな気がします。5月の輝き
も良いけど、少し輪郭の甘い今頃の陽光が1番好きです。チト大袈裟
だけど、毎年「生きてて良かった!」と思ったり。

花びらは偶然、嬉しくなっちゃいましたね。2枚ってのが上品でしょ?
Commented by goo~ at 2012-04-19 20:07 x
八兵衞さん、こんにちは。
よく出掛けるのは今のうちだけ、GWからは激減の予感です(涙)。
伊豆も今年は良くないですよ。大見の支流域はやはり大分台風でやら
れてます。虫は大分遅れてる感じ、オオクマが出てたけどライズは殆
ど見られなかったです。支流は魚影が薄いし、型がコマい印象です。
残り1月、今シーズンの狩野川はミノーで本流中心でやるつもりです。
八さんのホームも、少しでも良いニュースが聞けるのを待ってますよ。
Commented by 安曇野の案山子 at 2012-04-19 21:39 x
パーマークに桜
額に収まった いい絵ですね

この1枚の写真 桜 大好きな自分にはたまんないです

フレームとか作っていて この頃思うのは 自己表現の仕方なのかな~?と思ったりもしています
だから なおのこと楽しくて仕方ない自分がいます
Commented by goo~ at 2012-04-19 21:57 x
安曇野の案山子さん、こんにちは。このネット、自分も好きになってます。
1本作って惚れて、2本3本と重ねる頃には大体飽きるってのが相場で
すが、こいつはまだまだ魅力的です。本質的にスケベなんでしょうね。

ネットに限らないけど、モノづくりって自己表現そのものだと思います。
未熟な自分を見せるのは怖い、恥ずかしい。でも出さずにいられな
い、それが根本なんじゃないでしょうか。私も恥をかき続ける覚悟です。
Commented by よねさん@鱒美 at 2012-04-21 07:47 x
完成&入魂おめでとうございます。ちびあまごの上だから、あまごベンドでしょうか。
フレーム内側に何を使うかは、結構重要なところですね。
網の色とマッチして、確かに効いている感じがします。

イタドリって、その場でかじったことはありますが、塩漬けが好いんですか。
お酒の良いアテになりそうですね。
今ここに居るという幸せ、自分も渓では良く感じます。
Commented by 魚絵師 at 2012-04-21 10:12 x
おはようございます!
寒いね~今朝は、、、。
絵画教室の暖房をさっき入れました。

背のネット、ちっともでかくありません。
おいらには小さすぎです(苦笑
Commented by goo~ at 2012-04-21 15:16 x
よねさん、こんにちは。1番内側に強度を出す為に堅木を入れました。
色味がキレイでしょ。堅過ぎて折れちゃうので、接着がえらく大変。
出来たときは嬉しかった〜。また一つノウハウが積めました。
コイツはサンプルだから名無しのBd2520です。固有名詞を頭に付け
てるんで、「ちびあまご・ベンド/Bd2218」はよねさんの1本きりです。
オーナーさんに、より愛着深めて貰いたいなぁと思ってそうしてます。

イタドリの塩漬けは、辛めの日本酒に合いますよ〜。皮をむき強めに
塩をまぶして2〜3時間置くだけの即席漬け。父親の好物なのを思い
出して採ったんですが、柔らかくて酸味も優しい良いイタドリでした。
親爺も喜んでくれてプチ親孝行なれど、拙の口には入らず終了〜。

「心の栄養」摂りに、また渓へご一緒できたら嬉しいっす。
Commented by goo~ at 2012-04-21 15:51 x
魚絵師さん、先日はありがとうございました。
なかなか芳しい釣りになりませんねぇ。まぁ、腕の所為が大ですが…。
麗らかな春をすっ飛ばして梅雨入り、な〜んてならない様祈ってます。

誰かが「フライマンは小さ過ぎ、ルアーマンのはデカ過ぎる」と背中の
ネットを評してましたが、全くその通りかと。私もFFだけ続けてたら今
だに、5年前作った最小サイズをぶら下げてる筈です。ルアーに回帰し
てネットの見え方、考え方がエラく変わりました。ありがたい限り。

現在50サツキの上のサイズを、インレイで作り出しました。名付けて
「50充分サイズ」。キリ無いんで拡大路線は此処で止めます。
Commented by カズ at 2012-04-24 13:02 x
本当に今年はハンドワークもフットワークも軽いですね。
釣果は別にして、今年の各地の厳しさからしたら狩野川は良い方かもしれません。
ネットと桜の花びらがアマゴを引き立てていますね。いいショットです。
Commented by goo~ at 2012-04-24 18:58 x
カズさん、こんにちは。
ハンドワークの方はこれからの10年を見据えてやるつもりです。
ネットは入口で、これからどう拡げて行くか、知恵を絞っていきますよ。

フットワークの方は…、出釣はまだ4回っきりなんですけどね。釣れて
ないのに充足感があります。ご一緒させていただいてる皆さんのお陰
で、1回ずつが濃いこと濃いこと…。
狩野川はGW後にもう1度、ミノーで狙ってみようと思ってます。
ご一緒できたら嬉しいですねぇ。
Commented by sone at 2012-04-24 22:18 x
今晩は ロッドとネットいい感じですね。手持ちのネットの塗装が怪しくなってきたので浸透性の木固めエ-スとゆう名のウレタン塗料を使ったらいい感じになりました。お勧めです。
Commented by goo~ at 2012-04-25 08:01 x
soneさん、こんにちは。
褒めてもらえる程の画像じゃないんだけど、ありがとうございます!
魚があまりに小さくて恥〜。今年はこんなんしか釣れてないんですよ。
そろそろ尻に火がついてきました。

気固めエース、情報ありがとうございます。数年前から使ってるけど、
エポキシ接着剤しか使えないのが難で、私には善し悪しなんですよ。
接着剤を変えれば済む事だけど…。Case by caseでやってま〜す。
<< 味見だけ… ベンド・モデル、もう1本 >>