潜水艦は…釣れない

ど〜も、芳しくない。水は確かに厚いが、流すポイントが無い程ではない。時々ムシャぶり付いて来るのは精々4寸、アマゴかイワナかは判らない。4つ掛けて1尾も獲れてないのに気付いた頃、急に焦りが出て来た。(マズい!こりゃ井川の再現だぞ…)1度装備を脱いで、験直しついでに握り飯を頬張る。
e0143892_948573.jpg
この日は良い天気で暑くなるとの予報だったが、ズ〜っと曇り空。凌ぎ易いけど、酷暑を想定してのウェット・ウェーディング仕立てにはチト冷たい。今シーズン初SAGEは堅かったし、重かった。こんな竿だったかなぁ…?

相方の八兵衞さんはこちらの不調を尻目に、ポンポンと漁獲を稼いでいる。アマゴの渓とのことだが、イワナしか出て来ないとか。2尾の潜水艦のハイテンションが尽きる頃、突然魚の反応も消えた。(…??…!)やはり居た、先行者。仕方なくとって返し、朝の入渓点から暫く下って再度薮を潜る。心無しか水が減って良い感じ、だけど相変わらず拙の毛鉤に魚は掛からない。程なく最初に川に下りたポイント、水位は劇的に落ちて来た。潜水艦の小型の方にも再会(逃げられた…)出来た。が…まだ掛からない、掛けても外れる。対岸の巻き返しに送り込んだ毛鉤にやっと1尾、小さなアマゴでムギョ逃れ。しかし…、参った…!
e0143892_10132450.jpg


朝も気になった途中の沢が凄く良い感じに見え、自然と吸い寄せられた。出て来る、出て来る、でも掛からない!泣きたい気分で巻こうとした流木の根元にこの子が居た。デカイぞ、蝦蟇くん。
e0143892_10184411.jpg
アッチからコッチから、写真を撮ってたらス〜ッと気分が落ち着くのが判った。この子には救われたよ。
e0143892_10222694.jpg
奥の浅い小さい沢だが、魚止めは立派な滝だった。この1段上の釜で、八兵衞さんが今日一のアマゴを獲った。拙はもう毛鉤が見えない、諦めてました。当日の釣果、都合3匹…。

反省点イ〜ッパイの釣りだったなぁ。色々見直しだ〜!

八兵衞さん、おおきに!また宜しゅう。
[PR]
by goo_ism | 2011-07-29 10:32 | フライフィッシング | Comments(14)
Commented by dadlife at 2011-07-29 18:52 x
gooさん、こんにちわ。
「コイル」の時に書きコメさせていただいた、EJさんのトコに出入りしてるdadlifeです(自己紹介が長いですね・苦笑)。
一連のエントリ-、楽しく拝読させていただきました。
写真も素晴らしく、久しぶりに良い読み物をさせて頂いた気がします(コイル同様)。
これからも素敵なコラム、楽しみにしています。
あっ、ネットの工程も楽しみにしてます。
Commented by よねさん@鱒美 at 2011-07-29 20:59 x
ん~、大苦戦だったようですね。
デルケド・ノラーズ症候群に冒されてしまったようで(爆)
でも、反省点が見えているならば、リベンジへのモチベーションにすることができますね。是非とも潜水艦の正体を確かめに、再挑戦することを期待して鱒。
Commented by goo~ at 2011-07-29 23:32 x
dadlifeさん、こんにちは。御無沙汰です。ようこそのコメント、ありがとうございます!
当ボログは一応釣り、特にFF中心なんですが、これ程釣れないそれも稀なんじゃないかと…。
それでも再挑戦せずにはいられない川が1本増えちゃって、幸せ一杯でこの記事をモノしました。
その辺が伝わったとすれば、嬉しい限りです。前ログの「最悪の蒲田」は8/22に読んで頂けるかも、です。
ネットもボチボチ進んでますよ〜。また覗いてみて下さい。
Commented by goo~ at 2011-07-29 23:41 x
よねさん、こんにちは。偶に(しょっちゅうかな?)あります、こんな日が。
八さんに「殺気が出てるんじゃないの?」って言われました。言い得て妙。
カッコ付けてても、何時になっても餓鬼の前のめりな釣りですわ。
あの潜水艦は拙には無理な魚ですね。幻を見たんですよ、きっと。
リベンジなんてオコガマしい。再会出来たら、それだけで本望(…嘘です)。
Commented by 八兵衛です。 at 2011-07-30 21:10 x
午前中は岩殿のみ、午後は天魚のみ
ほぼ同じポイントで此処まではっきり
仕分けられたのは初めてでした
(同じポイント2回も初めてでしたが)
貴重な体験でした。
Commented by goo~ at 2011-07-31 09:50 x
ねぇ、ホントにびっくりでしたよ!まぁ、拙にはどっちみち釣れなんだけど…。
思うに水が厚い時の避難場所=定位位置の差だったんでしょうね。
障害物にタイトに着いてるイワナの方があの状態では出易くて、芯底
や脇の深めに居たアマゴは、毛鉤を追う状況じゃなかったんじゃない
かな。良い勉強になりました。また宜しくお願いします。
PS:次回は少し早上がりしましょ。ジ爺にゃ翌日がチト辛かった…。
Commented by カズ at 2011-07-31 21:24 x
釣れても釣れなくてもいろいろ考えさせてくれるので、そこまで含めてFFは楽しいし奥深いと思っています。満足感のある3尾をいつも目指しています。つ抜けでも不満足することがよくありますからね。
蝦蟇くんはgooさんと初めて入ったWの支流を思い出しました。
しかしこの目つきには癒されます(^^)
Commented by Jeepster at 2011-08-01 08:17 x
goo~さん、木更津お疲れ様でした、お世話になりました!
昨日は、米さんと湧水群へ行ったが、小型にじます匹でした!
ある支流では、途中大雨!
雨宿りしたが、見事大濁りで退散!
高遠はF川、塩供を思いださえますな!!!

Jeepster
Commented by goo~ at 2011-08-01 08:55 x
カズさん、こんにちは。
「なんで!?」ってぐらい釣れません。どうにかなっちゃったかなぁ…。
釣果って、後で振り返って納得なり不満足なり思うものですね。
「あの1尾」とか「あそこでバラしたヤツ」とか、思い返してはほくそ笑む
魚を求めて釣り上がってるんじゃないでしょうかね。
数でも大きさでもない、「脳みそに焼き付く魚」を釣りたいですねぇ〜。

 蝦蟇くんはWのより一回り大きく、色鮮やかでした。これも水系毎の
差があるんでしょうか?気持ち良いとは言えないけど、可愛いですね。
Commented by goo~ at 2011-08-01 09:04 x
Jeepさん、お世話になりました。チョンボはどうか御容赦を。
集まった顔ぶれはホントに近しい人ばかりで、安心しましたね。
若い釣り人も多くて嬉しかった。彼等の今後に期待しましょう。

高原の湧水とは、想定外でしたね〜。ギャンブル避けたって事かな?
癒しのニジマスは記憶の1尾になりそうですか?
また宜しくお願いします。
Commented by 愛知のでぶ熊 at 2011-08-01 21:08 x
gooさん、お久しぶりです。やっぱgooさんブログは写真が綺麗ですね、前回冒頭の淵の写真みたら渓に飛び出したくなりました。
こんなブ厚い流れ、釣り上がるの大変そうですね。チャラい川ばかりの私には、とてもドライに出るとは思いにくい流れです。やっぱり「これでもか」っつう位長く流すんですか?あ-、またご一緒したいです。
Commented by goo~ at 2011-08-02 09:09 x
M-tooさん、こんにちは。色々大変だったようで、ご苦労様でした。
今回(前回も…)は苦労しました!毛鉤か道具か、或いは我が身か、
何かの歯車が狂ってるようで、1度冷静な見直しが要るかな。先日も
大石の上で2回転び掛け…。ダイエットが必須なようです。

シーズン後半、或いは天竺でも良いか。落ち着いたら、今シーズンこ
そは御一緒しましょうよ。お元気で。
Commented by EJ at 2011-08-04 06:49 x
こんにちは。dadlifeさんのとこに出入りしているEJです(笑)。
潜水艦残念でしたね。ランディングできなくてもいいから、こう
いうのを掛けてみたいものです。
先日の息子との釣りではめざしみたいなサイズばっかりでした。
で、やっぱりヒキガエルと出会い、息子はそれに夢中になって
あっちからこっちから角度を変え、カエルの向きを変え、一所
懸命撮影してました。愛嬌のある姿に癒されますね。ヘビとは
大違いです。
Commented by goo~ at 2011-08-04 08:50 x
EJさん、こんにちは。今年もあまり出掛けない内にもうシーズン終盤、
俄に焦り始めてます。今週こそ…です。
今回のヤツ程ではないですが、過去何度も潜水艦を掛けてます。
でも獲れたのはゼロ。気持ちが負けちゃうんですね。生涯こんな釣り続
けるのかと思うと、情けないやら悔しいやら。居るのが判ったから次回
はチャンと挑戦させて貰おうと、現在腕撫してます。
ブログを拝読していて、お子さん達の将来が大変楽しみで、良いなぁ
と羨ましく思ってます。先日のガマはクッキリ模様の派手面カエル。
あの類は目がとても可愛いですね。
<< サツキのフレーム、仕上がり 潜水艦に遇った >>