フルチャージ

半農半デの連休が終わった。身体の慣れと休日の効果で筋肉痛も程々で収まると、俄に釣りに行きたくなった。(辻褄合わせでもいい…)そうは思っても出来れば広い河原で気持ち良く釣りたい。久しぶりで静岡に戻って来たよねさんに、図々しくも「どっか行こう!」コール、林道チャリアタックが決まった。車・チャリ・現地ガイド迄全てよねさんにオンブに抱っこの大名釣り、釣果まで望んだらバチが当る!
朝は苦手というが全然そうは思えないよねさんのステップ・ワゴンで、7:30我が家発。静岡側からのアプローチは、西側からのそれに比して距離は少し短いが勾配のキツいワインディングが続き、初めてのよねさんは少し戸惑い気味で気の毒だった。勝手知った拙でも(こんなに遠かったか?)と思った程。途中お昼を仕入れたり自販機で入漁券を買ったりで、車止めまで2時間半掛かっていた。急いで釣り支度…したつもりだったがウェーディング・シューズに苦労して足を突っ込んでる最中には、よねさんはもう全て終わって涼しい顔。恐れ入りました!久々のチャリは砂利に乗って滑りそうで、怖くて湖岸側を走れない。前を行くよねさんはドンドン小さくなる。ケツは痛い、腿が張る、汗が目に沁みるで、たったの数キロが何倍にも感じたけど、ほんの15分程でよねさんは路肩に滑り込んだ。(助かった〜!)

e0143892_10511934.jpg
上流も下流も大小のダムで寸断された流れは、上からは河原砂漠に見えるが砂利を穿つ流れには綺麗な野生が棲むと言う。ワクワクしながら先ずは対岸を目指す。
e0143892_10582513.jpg
支流の入口で新緑に浸透して行くかの、よねさん。滑らかなループでボサ下の流れに毛鉤を捩じ込んで行く。ここでは何尾か毛鉤を追って出たが、1尾(バラし!)を除いて寸前で川底にお帰りになった。あらら、相当やられてます!

本流に戻って遡行開始、早々に対岸のよねさんにアタック。キャッチ寸前でバラしたようだ。(おお〜、居るじゃん!)とて、流芯こちら側にダン系統の毛鉤を浮かべるとすぐ、22〜3cmのいかにも彼の川らしい1尾が反応した。
e0143892_1191760.jpg
画像は多分、2尾目の8寸。不規則なパー、体長以上に体高と上から見た時の幅の広さ(紡錘形)が、記憶に残るこの川の魚の特徴を如実に語っていた。
e0143892_11153859.jpg
こちらは別の魚。肌色が少し暗い、これもここの魚の特徴か?下流部、ダムのシルトで濁り気味の本流で釣った魚で印象的な色合いだったが、上でも全く同じだ。
水温は10度ぐらいかな?魚の密度はさして高くはない。居るところには居る、但し単独或いは2尾迄。そんな印象で釣り上がる内、「ピシ!」って感じのライズが見られる様になった。暫く眺めても散発、流下物は見られない。半沈イマージャー〜ノーハックル〜CDCスペント、全て毛鉤直下でキラッと見切って帰る。沈めようかと思ったが、上流のよねさんはもう姿が見えない。悔しいけど見切って歩を進め、流芯流れ込み脇を通した見易い毛鉤に今日一アマゴ。寄せに掛かるとポロッ!と外れた。キッチリ掛けたつもりだったが浅かったってこと、多分ドラッグだね。ここで7Xを1ヒロ足した。ドキドキの体高が目に浮かぶけど、後悔先に立たず…。
e0143892_1144062.jpg
たった1尾だがイワナも出てくれた。水彩や水墨画のたらし込みのような模様を纏った丁度の9寸。在来かは(?)だが確実に何世代かここで生きて来ただろう野生。川がこのままならズッと遺伝子を繋いで行くんだろうね。

数は程々だったが、全てピカピカした完璧な魚ばかり。節々に残る筋肉痛が1尾1尾の記憶のようだ。山の力を貰って細胞の隅々迄活性化した気分です。よねさん、ありがとうございました〜。

<追記>
e0143892_1433594.jpg
よねさんが釣り最中の写真を送ってくれた。恥ずかしながら、全身で笑ってる!
こんなに嬉しそうに釣りしてるんだねぇ、驚いたよ。
[PR]
by goo_ism | 2011-05-08 12:04 | フライフィッシング | Comments(12)
Commented by EJ at 2011-05-08 19:46 x
いい釣りでしたね。自分の事のようにうれしいです。
それに故郷の川ですから、岩の色を見ても懐かしく思い出して
しまいます。
Commented by goo~ at 2011-05-08 20:11 x
EJさん、こんにちは。
藁科川に次ぐ準地元河川の上流域ですが、初めて釣りに入りました。
下流本流域はデカイのがポロンと出たりするんで期待一杯の入渓。
数もサイズも順当ってところでしたが、汗と一緒に日頃の澱がぜ〜ん
ぶ抜けて、帰宅後はボ〜っとするぐらい気持ち良かったです。
連休の最後に最高の癒しをくれた川と友人に、感謝感謝!です。

PS:コシアブラご飯、抜群でした。茹でて冷凍し折々にいただきます。
     ありがとうございました。
Commented by at 2011-05-08 20:40 x
ルアーもいいけど、フライの方が・・・・???
でしょ??
本日、久々タキナミサイズ釣りました!
この次は、ご一緒させて?

JS
Commented by goo~ at 2011-05-09 08:37 x
JSさん、こんにちは。
結局昨日はどちらへ?タキナミサイズだと近場、下S辺りかな…。
今回はLorFスイッチ、切り替わりました。やっぱフライは面白いっす!
全てを自分でコントロールしてる実感はFFの方が断然強いですね。
大河はいざ知らず、渡れる程度の川での面白さはフライの圧勝です。

今シーズンは是非、何処か釣れるとこ、連れてってください!
Commented by 八兵衛です。 at 2011-05-09 16:54 x
チャリ釣行エエですね
半農で鍛えた体楽だったのでしょうか
筋肉痛が増幅だったのでしょうか?
久し振りの釣行に姫も岩殿も
微笑んでくれたようで
多分筋肉痛は解消でしょうね!

型も良型の様でgoo~~!
Commented by goo~ at 2011-05-09 18:50 x
八兵衞さん、腰の加減は如何ですか?大事にしてや〜。
今回判ったのは農作業で使う筋肉とチャリ筋肉は全然違うって事。
ワサビ採り2日目迄は全身が痛くて、何かに掴まらないと立てませんでした。
3、4日目からズンと楽になったのは身体が慣れたからだったんでしょうね。
チャリ筋は完全に乳酸の悪さです。降りた途端、腿がツリそうになったもの。
帰った晩にウンウン唸ってたら、娘に「若いじゃん!」なんてからかわれました。
今日は完全復活。息子のチャリを借りて、少し鍛えようかと画策中です。
腰治ったら上Sも宜しくね〜。それにしても…、よねさんの足腰は強い!
Commented by よねさん@鱒美 at 2011-05-10 22:43 x
goo~さん、本流釣りお疲れ様でした~。
水量が少なすぎかな~という感じがしましたが、頭上を気にせず思いっきりロッドが振れて、とっても気持ち良い一日でした。
と言っても、goo~さんの分析どおり、投げ過ぎのおかげでチャンスをみすみす逃し続けた思いがあって、とっても反省しております。終了間際のイワナは、まさに足元から出てくれましたしね。
9寸イワナはお見事でした!自分のもそうでしたが、頭の方の模様が野性的で、在来種なのかなと思いました。アマゴも綺麗な個体が釣れましたね。2枚目の画像のアマゴは、少し大きめな黒点が控え目にあって、この川の特徴が良く出ていると思います。
さて、今回終了した辺りを次回の入渓ポイントに設定して、徐々に奥まで進攻したいですね(^^;
追伸:いただいたメール、画像は保存できましたが、文章が文字化けして読めませんでした~。
Commented by goo~ at 2011-05-11 09:00 x
よねさん、大変お世話になりました。ホントに何から何迄…。
最初にあの区間を釣り上がると聞いた時は、!と?が一杯でした。大井川はもっと下の方ばかりやっていて、通るのすら2〜3回目。水のない河原が延々と続くっていうのがあそこの印象で、下りて見てしっかりした流れにビックリ。丁度上がった辺りから渓相が良くなり始めて、核心はここからなのだろう…と、後ろ髪惹かれながらの退渓でした。
あまり高くないと感じた魚の密度も、帰ってから考えたら自然河川なら極当たり前の状態ですね。普段は放流に頼った川ばかり釣ってるから忘れてましたよ。でも条件が良ければもっとパラパラ出そうな感じですね。魚体は寸より体高と幅に目が釘付けになる、記憶の中の在来アマゴそのままでした。
とにかく、ハマりそうな自分が居ます。その為にはダイエットとチャリ筋の養成を急がねば…。あの上区間、また是非ご一緒の程、よろしくお願い致します。

PS:メール文字化けですか?変だなぁ…。画像添付操作の順番の所為かも。画像が届いたなら良かったです。内容はほぼここに書いた通りでした。今後は気をつけます。
Commented by カズ at 2011-05-11 10:11 x
gooさん、いい釣りができたようですね。
あの開放感と透き通った流れ、グラマラスな渓魚、筋肉痛など
へのカッパ!になるでしょう(笑)
私は多分gooさん達が上がった最後のプールだけで前回6尾ほどライズをとらせていただきました。もう少しすると瀬からも飛び出すようになりますね。そうなるとあそこから上が楽しくなります。
是非鍛えて挑戦してください。
Commented by goo~ at 2011-05-11 17:17 x
カズさん、こんにちは。どえらく、気持ちよかったです!
釣れるかどうかは腕と運ですから良くても悪くても納得ですが、運良く
釣れて、プロポーションの良い魚揃い。釣られてリリースされた様子も
無くとにかく綺麗で釣る為の放流魚ばかり釣ってたんだなぁと思い知ら
されました。もっと早く知ってれば…。少し身を入れて探索ですね。
減量とエクササイズ、ちとマジで取り組んでみるつもりです。
それから竿も…。インファンテ804-6、狙ってます。
Commented by カズ at 2011-05-12 22:48 x
インファンテ804-6、実は私も狙っていました(^^)
アッチの南アでも使いやすそうなのと、リーズナブルなのがいいです。
色はどっちを狙ってます?gooさんだからGOかな?私はWRもいいかななんて思っています。家族が還暦祝いなにがいい?って言うんで、
ロッドといったら、祝儀くれました(^^)j-streamのスイッチロッドも欲しいと思っています。欲張りかな(^^)
Commented by goo~ at 2011-05-13 08:48 x
>カズさん
仲間が804-4を使っており更に出てすぐに6pも追加、両方とも存分
に味見しました。値段を抜きにして大変に良く出来た竿でした。パラ
系はあまり好きじゃないけど即、欲しくなり、今年の新色には更にくす
ぐられましたが、減らしたとはいえ#3〜4だけで未だン10本ある…。
レイン・ジャケットは漏るし、チャリも欲しくなっちゃった。冷静に考えれ
ば雨具が1番大事だけど、そこはバカがやる事だけに…。

ロト6でも買うかぁ〜。
<< 残念、無念… ドラド…(釣れない慰めっす) >>